58件中 31 - 40件表示
  • Notepad++

    Notepad++から見たコンピュータ言語コンピュータ言語

    Notepad++は、以下のコンピュータ言語向けのシンタックスハイライト(構文の強調表示や変数・関数の色分け、折りたたみなど)をサポートしている。Notepad++ フレッシュアイペディアより)

  • チューリング完全

    チューリング完全から見たコンピュータ言語コンピュータ言語

    多くのコンピュータ言語のうち、特にチューリング完全な処理を表現できる言語のことをプログラミング言語と呼ぶことが多い。正規言語やSQLや繰り返し処理の書けない表計算の数式などの処理はチューリング完全ではないが、汎用的に使われるC言語やJava言語などの言語の処理の多くが、チューリング完全である。一見単純な機能しか持たない言語がチューリング完全な処理を記述できる例としては、純LISP、Lazy K、Brainfuckなどがある。なお、チューリング完全かどうかという事は、計算可能性理論の問題である。計算複雑性の分野の問題である時間や記憶容量の消費量については考えない。チューリング完全 フレッシュアイペディアより)

  • ボトムアップ構文解析

    ボトムアップ構文解析から見たコンピュータ言語コンピュータ言語

    ボトムアップ構文解析(ボトムアップこうぶんかいせき、)は、関係の不明なデータを解析するにあたって、最も基本的な単位を最初に識別し、より上位の構造をそこから調べていく戦略である。木構造を葉にあたる部分から根(開始記号)に向けて構築していく。自然言語やコンピュータ言語の解析に使われる。計算機科学では、ボトムアップ構文解析を shift-reduce 構文解析とも呼ぶ。ボトムアップ構文解析 フレッシュアイペディアより)

  • 実装

    実装から見たコンピュータ言語コンピュータ言語

    オープンなコンピュータ言語やファイルフォーマットなどでは1つの仕様に対して複数の実装が存在しうる。この実装を実装系や処理系とも呼ぶ。定義通り、それぞれの処理系は仕様を満たす動作をしなければならないが、仕様の不備、解釈の違い、バグ、独自の拡張などで挙動が異なる場合も多く、それらは方言として処理系の違いに表れる。そういった違いを除けば処理系は原則として「同じ」と考えられる動作を行い、差違は性能面にのみ現れる。実装 フレッシュアイペディアより)

  • 抽象化 (計算機科学)

    抽象化 (計算機科学)から見たコンピュータ言語コンピュータ言語

    コンピューティングでの主な抽象化は言語の抽象化である。新たな人工言語はシステムの特定の観点を表現するために開発される。モデリング言語は計画立案を補助する。コンピュータ言語はコンピュータで処理できる。このような抽象化プロセスの例として、プログラミング言語の世代的開発が挙げられる。各世代は次の世代の基盤となった。言語の抽象化は現在も続いており、例えばスクリプト言語やドメイン固有言語でこの進化が著しい。抽象化 (計算機科学) フレッシュアイペディアより)

  • モデル変換言語

    モデル変換言語から見たコンピュータ言語コンピュータ言語

    モデル変換言語(モデルへんかんげんご、Model Transformation Language)とは、モデル駆動型アーキテクチャにおけるモデル変換を行うコンピュータ言語モデル変換言語 フレッシュアイペディアより)

  • マクロ (コンピュータ用語)

    マクロ (コンピュータ用語)から見たコンピュータ言語コンピュータ言語

    マクロ (Macro) は、コンピュータ言語の一種である。プログラム中の文字列を、あらかじめ定義された規則に従って置換すること。マクロを展開するプロセッサ(処理系)をマクロプロセッサという。転じて、アプリケーションソフトウェア上の作業を自動化する機能やプログラム言語(マクロ言語)のこともマクロと呼ぶ。マクロ (コンピュータ用語) フレッシュアイペディアより)

  • 演算子の優先順位

    演算子の優先順位から見たコンピュータ言語コンピュータ言語

    例えば、数学や多くのコンピュータ言語では乗法は加法より先に行われる。2 + 3 × 4 という式の計算結果は14になる。( と )、{ と }、と といった括弧には計算順序の混乱を防ぐ独自の規則が適用され、例えば先の式は 2 + (3 × 4) とも書けるが、括弧がなくとも乗法が優先されるという規則だけで式の値は一意に定まる。演算子の優先順位 フレッシュアイペディアより)

  • ドメイン固有言語

    ドメイン固有言語から見たコンピュータ言語コンピュータ言語

    ドメイン固有言語(ドメインこゆうげんご、、DSL)とは、特定のタスク向けに設計されたコンピュータ言語を意味する。ドメイン特化言語あるいは単にドメイン言語とも呼ばれるが、学術的にはドメイン特化言語と呼ばれることが多い。C言語やJavaのような汎用プログラミング言語やUMLのような汎用モデリング言語と対照的な用語である。ドメイン固有言語 フレッシュアイペディアより)

  • Raspberry Pi

    Raspberry Piから見たコンピュータ言語コンピュータ言語

    ラズベリーパイは、かつてイギリスで教育用コンピュータとして普及したエイコーン社・BBC Micro(1981年)の再来として、学校で基本的なコンピュータ科学の教育を促進することを意図している。Model A、Model Bと言う名称もBBC Microに由来しており、サポートされるコンピュータ言語の中にはBBC Microで利用されたBBC Basicも含まれている。また、ハードウェア的にはエイコーン社が開発したARMプロセッサを搭載し、OSとしても同社が開発したRISC OSもサポートしている。Raspberry Pi フレッシュアイペディアより)

58件中 31 - 40件表示

「コンピューター言語」のニューストピックワード