58件中 41 - 50件表示
  • ジョン・タイター

    ジョン・タイターから見たコンピュータ言語コンピュータ言語

    ジョン・タイターは、IBM 5100の入手が、過去へ来た目的であると語っている。タイターがこの任務を任された理由については、彼自身が「祖父がIBM 5100の開発に携わっていたため」と書きこんでいる。IBM 5100には、マニュアルにはないコンピュータ言語の翻訳機能があることが2036年にわかったという。彼の使命は、2年後に迫っている2038年問題に対応するためのものであり、過去から受け継いだコンピュータプログラムをデバッグするためにIBM5100が必要なのだという。実際のところ、IBM 5100は、内部でSystem/370のエミュレーションをおこなっており、メインフレーム上のプログラムのデバッグに使用できる機能がある。このことは、著「」 にある。ジョン・タイター フレッシュアイペディアより)

  • SPARQL

    SPARQLから見たコンピュータ言語コンピュータ言語

    SPARQL("スパークル"と発音)はRDFクエリ言語の一種である。その名称は再帰的頭字語になっており、SPARQL Protocol and RDF Query Languageの略。RDFクエリ言語とは、Resource Description Framework で記述されたデータを検索/操作するコンピュータ言語である。SPARQL は World Wide Web Consortium (W3C) の RDF Data Access Working Group (DAWG) による標準化作業が行われている。W3C勧告に至る過程で、2006年4月に勧告候補としてリリースされたが、2つの問題により2006年10月に草案に戻された。2007年6月、SPARQL は再び勧告候補となった。2008年1月15日、SPARQLはW3C勧告となった。SPARQL フレッシュアイペディアより)

  • 除算記号

    除算記号から見たコンピュータ言語コンピュータ言語

    「?」はイギリスのウィリアム・オートレッドが1631年に '''' で使ったのが最初とされ、除算の記号としては最も古い。現在ではほとんどのコンピュータ言語で除算記号として使われている。ただし、Unicodeは除算のスラッシュ「?」U+2215 をASCIIのスラッシュ「/」U+002F と区別しているが、コンピュータで使われるのはASCIIのスラッシュである(これらとはまた別に分数のスラッシュとされる「?」U+2044 があるが、これは「?」のような組文字を作るための記号である)。除算記号 フレッシュアイペディアより)

  • プログラミング言語

    プログラミング言語から見たコンピュータ言語コンピュータ言語

    プログラミング言語は、情報を組織し処理するタスクについての理解を容易にし、アルゴリズムを正確に表現する。場合によっては、あらゆるアルゴリズムを記述できる言語だけを「プログラミング言語」と定義することもある。そこまでの機能のない人工言語を「コンピュータ言語」と呼ぶこともある。また、プログラミングへの応用も想定して設計されたロジバンのように、人間言語とコンピュータ言語の中間に位置するものがある。プログラミング言語 フレッシュアイペディアより)

  • コンパイラ

    コンパイラから見たコンピュータ言語コンピュータ言語

    オブジェクトコードが機械語ではない別のプログラミング言語である場合、あるいは扱う言語がプログラミング言語ではない言語処理系一般(TeXなど)の場合はコンパイラではなくトランスレータと呼ぶ場合がある。コンパイラでは多くの場合、ソースコードの言語は、人間向けの簡潔な言語(高級言語)であり、オブジェクトコードはコンピュータが直接実行可能な機械語(プログラミング言語に含めないこともある)である。機械語が特定のプロセッサ群の「固有語」であることから、機械語プログラムを「ネイティブコード」とも言い、またネイティブコードを出力するコンパイラを「ネイティブコンパイラ」という。コンパイラ フレッシュアイペディアより)

  • BASIC

    BASICから見たコンピュータ言語コンピュータ言語

    FORTRANの文法が基になっており、初心者向けのコンピュータ言語として、1970年代以降のコンピュータ(特にパソコン)で広く使われた。パソコンがCUI環境からGUI環境となった現在でも、Microsoft Windowsアプリケーションの主力開発言語であるVisual Basicの文法に影を残している。BASIC フレッシュアイペディアより)

  • Simula

    Simulaから見たコンピュータ言語コンピュータ言語

    クリステン・ニガードは1957年からコンピュータシミュレーションの開発を始めた。ニガードはコンピュータの動作とシミュレーションプログラムに要求されるものの不整合を適切に記述する方法が必要であると考えた。既存のコンピュータ言語で彼のアイデアを実現するにはプログラミングのスキル以外に何かが必要であると思われた。オルヨハン・ダールは1962年1月にニガードの業務に参加した。1962年3月までにはシミュレーション用プログラミング言語のメインコンセプトは固まっていた。ディクリートイベントシステムを持つシミュレーション専用のプログラミング言語 '' が開発された。Simula フレッシュアイペディアより)

  • 構文解析

    構文解析から見たコンピュータ言語コンピュータ言語

    構文解析(こうぶんかいせき、Syntactic Analysis)とは、ある文章の文法的な関係を説明すること(parse)。計算機科学の世界では、構文解析は字句解析(Lexical Analysis)とともに、コンピュータ言語などの形式言語の解析に使用される。また、自然言語処理に応用されることもある。構文解析 フレッシュアイペディアより)

  • アプリケーションソフトウェア

    アプリケーションソフトウェアから見たコンピュータ言語コンピュータ言語

    ソフトウェアエンジニアリング - コンピュータ言語処理系/エディタ/コンパイラなど、統合開発環境 (IDE)アプリケーションソフトウェア フレッシュアイペディアより)

  • マークアップ言語

    マークアップ言語から見たコンピュータ言語コンピュータ言語

    マークアップ言語(マークアップげんご、)はコンピュータ言語の一種で、文章の構造(段落など)や見栄え(フォントサイズなど)に関する指定を文章とともにテキストファイルに記述するための言語である。文章に対するそれらの指定をマークアップ () と呼び、マークアップを記述するための文字列をタグ () と呼ぶ。マークアップ言語 フレッシュアイペディアより)

58件中 41 - 50件表示

「コンピューター言語」のニューストピックワード