1 2 3 4 5 6 次へ
58件中 51 - 58件表示
  • 次元

    次元から見たコンピュータ言語コンピュータ言語

    コンピュータ言語において添字で指定できる一連の変数を配列(配列変数)と言うが、ひとつの配列で独立して指定できる添字の個数を配列の次元と言う。次元 フレッシュアイペディアより)

  • ロボット

    ロボットから見たコンピュータ言語コンピュータ言語

    昨今ではコンピュータ言語によるプログラムやソフトウェアも、ロボットとして扱われることがある。またインターネットの情報を自動検索するソフトウエアもロボット検索と呼ばれる。検索を命令すると結果・情報が返されるからである。これらは物体としては存在しないが、「人の代わりになんらかの作業を、ある程度の工程なり手順なりを自動的かつ連続的に(かつ効率的に)行うもの」という定義からすれば、あながち間違いとも言えないであろう。これらは機械的ロボットとの区別のために短縮形のボット(Bot)と呼ばれることが多い(インターネットボット、ボットネットなど)。ロボット フレッシュアイペディアより)

  • コメント (コンピュータ)

    コメント (コンピュータ)から見たコンピュータ言語コンピュータ言語

    コメント () とは、コンピュータ言語(プログラミング言語やデータ記述言語)によって書かれたソースコードのうち、人間のために覚えとして挿入された注釈のことである。この部分はコンピュータが処理を行うときにはないものとして無視されるため、自由に文を挿入することができる。コメント (コンピュータ) フレッシュアイペディアより)

  • ハードウェア記述言語

    ハードウェア記述言語から見たコンピュータ言語コンピュータ言語

    ハードウェア記述言語(ハードウェアきじゅつげんご、、HDL)は、デジタル回路、特に集積回路を設計するためのコンピュータ言語ないしドメイン固有言語(DSL)である。回路の設計、構成を記述する。処理を検証するための試験(テストベンチ)記述ができ、模擬実行(シミュレーション)できる開発環境もある。ハードウェア記述言語 フレッシュアイペディアより)

  • 仕様記述言語

    仕様記述言語から見たコンピュータ言語コンピュータ言語

    仕様記述言語(しようきじゅつげんご)とは、コンピュータを使ったシステム、特にソフトウェアを設計・構築する際に、その仕様を記述するために用いられる言語である。コンピュータ言語の1種である。仕様記述言語 フレッシュアイペディアより)

  • Inter-Language Unification

    Inter-Language Unificationから見たコンピュータ言語コンピュータ言語

    Inter-Language Unification(ILU)は、多言語対応インタフェースシステムである。ILUが提供するオブジェクトインタフェースは、コンピュータ言語、アドレス空間、オペレーティングシステムによる実装上の差異を隠蔽する。ILU は、言語に依存しないインタフェースを持った多言語オブジェクト指向ライブラリ(クラスライブラリ)を構築するのに使われる。また、分散システムの実装にも使われる。分散型でないプログラムのモジュール間インタフェースの定義/文書化にも使われる。ILUインタフェースの記述には、OMGの CORBA インタフェース記述言語 (OMG IDL) か、ILU の Interface Specification Language (ISL) が使われる。Inter-Language Unification フレッシュアイペディアより)

  • XML変換言語

    XML変換言語から見たコンピュータ言語コンピュータ言語

    XML変換言語とは、XML文書を入力とし、何らかの目的に適合したXML文書を出力するような変換を行うコンピュータ言語である。XML変換言語 フレッシュアイペディアより)

  • トップダウン設計とボトムアップ設計

    トップダウン設計とボトムアップ設計から見たコンピュータ言語コンピュータ言語

    構文解析は、(ファイルやキーボードからの)一連の入力を処理して、その文法的構造を決定することである。構文解析は自然言語の解析にも使われるし、コンパイラなどでコンピュータ言語の解析にも使われる。トップダウン設計とボトムアップ設計 フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 5 6 次へ
58件中 51 - 58件表示

「コンピューター言語」のニューストピックワード