131件中 91 - 100件表示
  • スターリングエンジン

    スターリングエンジンから見たコジェネレーションコジェネレーション

    その後、オイルショックの時や1970年代に自動車の排ガス規制が強化された時やそれ以降も自動車用エンジンとして開発されたが、実用化はされなかった。20世紀末にかけて、いくつかの企業が中出力のプロトタイプを開発し、中には少量ながら販売されたものもあった。しかし、高価であることと未解決の技術的問題が存在することから、大量に出回ることはなかった。21世紀に入ってエコロジーの観点からコジェネレーション用として実用化の検討が始まっている。スターリングエンジン フレッシュアイペディアより)

  • フィンランドのエネルギー

    フィンランドのエネルギーから見たコジェネレーションコジェネレーション

    2010時点では天然ガスが供給の約10%を占めている。フィンランドは天然ガスの輸入を一国に頼っており、天然ガスの貯蔵施設もないが、フィンランドでは天然ガスを暖房に直接使用することはまれであり、ほとんどが電気、石油や地域熱供給となっている。天然ガスの75%は発電、熱併給発電と工業で使われており、家庭での使用はごくわずかである。実際、天然ガスの93%は大型施設に卸しており、小売りでの流通は少ない。しかし、ヘルシンキでは天然ガスの供給網につながっている住宅が3万軒、レストランが300軒ある。ただし、別の燃料も利用できるようにする義務があるので、ガス供給が突如切れた場合でもすぐにほかの燃料に差し替えることができる。ガスの供給網は南東海岸にしかなく、北へはまで届く。フィンランドのエネルギー フレッシュアイペディアより)

  • ロータリーエンジン

    ロータリーエンジンから見たコジェネレーションコジェネレーション

    分散型の熱電供給システムであるコジェネレーションシステムの動力源として、コンパクトで低騒音、低振動という特徴からロータリーエンジンが注目されている。ロータリーエンジン フレッシュアイペディアより)

  • 四日市瞬時電圧低下事故

    四日市瞬時電圧低下事故から見たコジェネレーションコジェネレーション

    瞬時電圧低下発生時より、コジェネレーション設備17,500kw×2基からなる自家発電設備が停止。製油所内が3時間にわたり停電し、蒸留や脱硫などの設備が停止した。自家発電装置には、非常時には自動的に買電に切り替える安全装置があったが、停電のため正常に作動しなかった。同月10日より順次原油処理を再開し、通常操業に戻ったのは事故の翌週となった。四日市瞬時電圧低下事故 フレッシュアイペディアより)

  • JRタワー

    JRタワーから見たコジェネレーションコジェネレーション

    東棟地下1階から6階までは複合商業施設「ステラプレイス イースト」になっている。高層棟は高さが173 mあり、完成時は東北・北海道地方で最も高い建築物であった(2010年竣工の「仙台トラストタワー」が高さ180 mと上回った)。7階から20階までは貸室「JRタワーオフィスプラザさっぽろ」であり、7階・8階にクリニックフロア「ファーマライズ医療モール札幌」がある。1階と22階から36階までは「JRタワーホテル日航札幌」、最上階(38階)は「JRタワー展望室 タワー・スリーエイト」になっている。ホテルと展望室はトリップアドバイザーによる「エクセレンス認証」を受賞しているほか、展望室は「日本夜景遺産」施設型夜景遺産に認定されている。地下3階には地域冷暖房施設(地域熱供給)「札幌駅南口エネルギーセンター」があり、天然ガスや再生可能エネルギー、深夜電力を活用したコジェネレーションにより電気、蒸気、融雪温水、冷水を供給している。「札幌駅南口地区地域熱供給システム」として『第8回新エネ大賞』資源エネルギー庁長官賞、「札幌JRタワーのコージェネレーション」として『第17回電気設備学会賞』技術部門施設賞を受賞している。JRタワー フレッシュアイペディアより)

  • ダイハツディーゼル

    ダイハツディーゼルから見たコジェネレーションコジェネレーション

    ダイハツディーゼル株式会社は、大阪市に本社を置き、中・大型船舶、鉄道車輌用ディーゼルエンジン、陸用(定置式の発電機及びポンプ用)ディーゼルエンジン及びガスタービンエンジン、コジェネレーションシステムなどを製造する会社である。ダイハツ工業の関連企業でありダイハツ工業同様みどり会の会員企業であり三和グループに属している。但しダイハツ工業と異なり三水会、およびトヨタグループには加盟していない。ダイハツディーゼル フレッシュアイペディアより)

  • ヤンマー

    ヤンマーから見たコジェネレーションコジェネレーション

    2000年(平成12年) - 滋賀県米原町(現米原市)に中央研究所を開所。マイクロガスコージェネおよびミラーサイクルガスコージェネが平成11年度省エネ大賞を受賞。「ヤンマーエネルギーシステム製造株式会社」を設立。ヤンマー フレッシュアイペディアより)

  • 北海道ガス

    北海道ガスから見たコジェネレーションコジェネレーション

    2001年(平成13年):日本初のガスコジェネレーションによるマンション住宅専用部への電力供給開始。北海道ガス フレッシュアイペディアより)

  • 火力発電

    火力発電から見たコジェネレーションコジェネレーション

    ガスタービンは高温で動作するため、その排気もまた十分に高温であり、排熱回収ボイラー、蒸気タービンと組み合わせた高効率コンバインドサイクル発電方式の普及が進んでいる。また、電気および蒸気を付近の工場などに供給する熱電併給システム(コジェネレーション)を導入している発電所もある。火力発電 フレッシュアイペディアより)

  • アルコール燃料

    アルコール燃料から見たコージェネレーションコジェネレーション

    それらを考えると、今後大きな燃料需要増大があっても、適切な灌漑等農業投資があれば、プラグインハイブリッドカーの電池切れ後の走行や、架線式ハイブリッドの非電化区間走行、昼間の電力ピークカット用コージェネレーション燃料を賄うには充分な燃料供給は可能と見られているアルコール燃料 フレッシュアイペディアより)

131件中 91 - 100件表示

「コージェネレーション」のニューストピックワード