102件中 41 - 50件表示
  • フォータム

    フォータムから見た熱電併給コジェネレーション

    フォータムは北欧、バルト諸国、ポーランド、ロシア北西などの北東欧州において熱の販売も行っており、31箇所のプラントが地域熱供給を取り込んだ熱電併給を行っている。フォータムは世界でも4番目の熱生産企業である。フォータム フレッシュアイペディアより)

  • ダイハツディーゼル

    ダイハツディーゼルから見たコジェネレーションコジェネレーション

    ダイハツディーゼル株式会社は、大阪市に本社を置き、中・大型船舶、鉄道車輌用ディーゼルエンジン、陸用(定置式の発電機及びポンプ用)ディーゼルエンジン及びガスタービンエンジン、コジェネレーションシステムなどを製造する会社である。ダイハツ工業の関連企業。ダイハツディーゼル フレッシュアイペディアより)

  • ジェルジンスキー (モスクワ州)

    ジェルジンスキー (モスクワ州)から見たコジェネレーションコジェネレーション

    ジェルジンスキーには化学工場が集積しているほか、軍用の化学工場、強化コンクリート製造工場、コジェネレーション施設などが集まっている。ジェルジンスキー (モスクワ州) フレッシュアイペディアより)

  • 日産ディーゼル・P系エンジン

    日産ディーゼル・P系エンジンから見たコジェネレーションコジェネレーション

    日産ディーゼル・P系エンジン(にっさんディーゼル・ピーけいエンジン)とは、日産ディーゼル工業(現・UDトラックス)が1960年代後半 - 2000年代前半にかけて生産していたディーゼルエンジンである。大型トラック・バス、鉄道車両に搭載され、またコジェネレーションなど産業用エンジンとしても幅広く採用されていた。日産ディーゼル・P系エンジン フレッシュアイペディアより)

  • 秋葉原UDX

    秋葉原UDXから見たコージェネレーションコジェネレーション

    空調システムでは自然換気チャンバーによる外気導入システムや、昼間に蓄熱された熱を外気の低い夜間に排熱するナイトパージ機能を採用している。また、窓ガラスに断熱性と遮熱性が高いLow-Eガラスを採用し、東西窓面外側に垂直ルーバー(アルミカーテンウォール)を設けて直射日光を遮蔽するなど、空調負荷の低減を図っているほか、天然ガスを使用したコージェネレーションシステムや、氷蓄熱システムによる冷房利用、BEMS(ビルエネルギー管理システム)等の導入により、省エネルギーに努めている。秋葉原UDX フレッシュアイペディアより)

  • 吸収式冷凍機

    吸収式冷凍機から見たコジェネレーションコジェネレーション

    単効用で熱効率が劣るが、コジェネレーションなどの温水排熱や太陽熱を利用するために使用する。吸収式冷凍機 フレッシュアイペディアより)

  • 分散型電源

    分散型電源から見たコジェネレーションコジェネレーション

    コジェネレーションでは廃熱利用が可能分散型電源 フレッシュアイペディアより)

  • スターン報告

    スターン報告から見たコージェネレーションコジェネレーション

    電力およびガス - これらの配送システムは小規模分散型の発電、コージェネレーション、水素エネルギーの導入などによって根本的に変わるだろう。スターン報告 フレッシュアイペディアより)

  • アストモスエネルギー

    アストモスエネルギーから見たコージェネレーションコジェネレーション

    2009年(平成21年)7月1日 - LPガス専業会社として初めて、家庭用燃料電池コージェネレーションシステム「エネファーム」の販売を開始。アストモスエネルギー フレッシュアイペディアより)

  • 二酸化炭素25%削減

    二酸化炭素25%削減から見たコージェネレーションコジェネレーション

    具体的な手法は発表されていないが25%もの削減をするためには、新築住宅への太陽光パネルの設置義務付け、光ファイバーを用いた太陽光の室内での有効利用の促進、ガソリン車の販売禁止などの規制強化、住宅の耐熱化、排高能率給湯器の導入促進、排出権取引・環境税・炭素税の導入、産業活動の抑制(粗鋼生産やセメント生産などの削減)、炭素を還元剤に使わない水素による直接還元製鉄技術の促進 、バイオエタノールの促進、廃食油の燃料利用 、地熱発電、風力(海上での風力発電も含む)・潮汐力・原子力発電(高速増殖炉)、火力発電でのコンバインドサイクルやガス化複合発電、マイクロ水力発電、コージェネレーション・熱電変換素子等を用いた廃熱利用、ナノ材料技術を用いた水素燃料貯蔵技術による燃料電池、二酸化炭素貯留技術の促進、送配電での高電圧化・超電導化・直流化、昼間と夜間での電力需要の違いを夜間操業などによって均衡化させて効率を上げる企業側への優遇策導入、メタンガスを利用したバス運行システム、ドイツと比べて低い鉄道輸送での効率を上げる産業界揚げての積極的なロジスティクス改革と優遇策導入、凧を用いた海上輸送、渋滞を緩和させるシステムや高速道路の整備、よく起こる渋滞時の速度での燃焼効率の向上(制限速度での燃焼効率の向上は行われている)、「Just In Time」「Made For You」など在庫や廃棄物を極力押さえる生産管理方法の優遇策導入、適地適作・地産地消の推進、電子書籍の推進による紙メディアの削減、省働化促進による全体的な効率向上での光熱費に代表されるエネルギー消費削減のための経営改善支援策や優遇策導入などが必要になると思われる。二酸化炭素25%削減 フレッシュアイペディアより)

102件中 41 - 50件表示

「コージェネレーション」のニューストピックワード