102件中 51 - 60件表示
  • 広瀬隆

    広瀬隆から見たコジェネレーションコジェネレーション

    原子力の代替手段としては『燃料電池が世界を変える』 (日本放送出版協会、2001年) においてコジェネレーション、ガスタービンコンバインドサイクル発電と燃料電池を挙げている。東京電力の新設火力発電所を見学した際には、その技術の先進性について社員を賞賛したという。太陽光発電等の自然エネルギーについては長期的なペースで徐々に進めればよいと主張している。また、自然エネルギーでは20年を経ても原発の電力分を100%代替することは不可能であり、原発を推進するための格好の口実になってしまうとして、今議論が必要なのは、天気や風の気まぐれに頼る自然エネルギーではなくコンバインドサイクルのような安定供給できる設備であると主張している。広瀬隆 フレッシュアイペディアより)

  • 正浸透

    正浸透から見たコジェネレーションコジェネレーション

    この技術の主要課題テーマの一つは、ドロー溶液の開発である。溶質にアンモニアと二酸化炭素からなる化合物が使われる場合が多く「アンモニア二酸化炭素FOシステム」と呼ばれている。この溶液を、例えば常圧で60℃に加熱することで、溶質をアンモニアや二酸化炭素などのガスに変換して除去することができる。除去された溶質は、再び溶質に戻して再利用する。この場合、溶質の除去に必要な熱は少量で済むため、コジェネレーションなどの余熱を利用することで、逆浸透を使うよりもエネルギーコストを減らすことができる。正浸透 フレッシュアイペディアより)

  • ガス化溶融炉

    ガス化溶融炉から見たコージェネレーションシステムコジェネレーション

    廃熱を利用して発電や熱供給を行うことができ、工業団地などの需要地内に建設することでコージェネレーションシステムを構築可能である。ガス化溶融炉 フレッシュアイペディアより)

  • 地球温暖化のエネルギー供給面での緩和技術

    地球温暖化のエネルギー供給面での緩和技術から見たコージェネレーションコジェネレーション

    小規模分散型エネルギー源の導入…コージェネレーションや地域熱供給なども含む。地球温暖化のエネルギー供給面での緩和技術 フレッシュアイペディアより)

  • 代替燃料

    代替燃料から見たコージェネレーションコジェネレーション

    産業用C重油 産業用・発電用              -代替品 石炭・ガス・原子力 代替燃料 フレッシュアイペディアより)

  • ユーンデ

    ユーンデから見たコジェネレーションコジェネレーション

    ユーンデの町当局は町内のエネルギー需要のすべてを再生可能エネルギーでまかなうことを目標としており、長年に及ぶ準備期間の後、住民の広範囲にわたる協力の下、2005年の冬にエネルギー転換に成功した。エネルギーの大部分は、周辺の耕作地や水肥からのバイオマスによっている。この施設では1日あたり約 32 t の発酵飼料と 29 m3 の水肥が用いられている。発生したバイオガスはコジェネレーションに供される。得られた電力は町の電力網で、熱は地中の近郊温熱網を介して各戸に供給される。しかし冬になると、温熱網で結ばれた家庭に必要な熱を無制限に送ることが必ずしもできるわけではない。そこで緊急の場合には周辺から供給される木材と近郊温熱システムの水で熱を発生される木片温熱施設を補助的に用い、各戸に熱を供給している。ユーンデは、1年あたり 400万 kWh と、自ら消費する量の2倍の電力を生産している。この電力は、1 kMh あたり 17 セント(1 セント = 1/100 ユーロ)で電力網に販売される。これにより、この施設は年間 60万ユーロ以上の収入を得ている。また、ユーンデの平均的な家庭の光熱費は、従来に比べ年間約 750 ユーロ節約できている。ユーンデ フレッシュアイペディアより)

  • エネサーブ

    エネサーブから見たコージェネレーションコジェネレーション

    A重油を燃料とした自家用発電機をビルや工場、スーパーマーケットなど、企業を中心とする顧客の敷地内に設置して電力や熱を供給し(コージェネレーションシステム)、既存の電力会社より安い料金で電力を供給できるということをうたい文句にして、契約数を増やした。エネサーブ フレッシュアイペディアより)

  • 子供鉄道

    子供鉄道から見たコジェネレーションコジェネレーション

    ほとんどの場合、子供鉄道は乗り物としての価値を有しておらず、乗客からは単なる遊園地の遊具だとみなされている。ごくまれに、子供鉄道は都市と郊外の公園との間の旅客輸送に用いられることがある (例 : チタ、オレンブルク、スヴォボードヌイ) 。しかしこの法則にも例外がある。第二次世界大戦中には、スヴォボードヌイの子供鉄道は郊外の農場から街への食糧輸送を担った。戦後、リトアニアのヴィリニュスでは、市の熱供給発電所への石炭輸送に用いられ、ニジニ・ノヴゴロドの子供鉄道は市電やバスとともに公共交通の形態をとり、若干の収益をみた。子供鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 東京都水道局

    東京都水道局から見たコジェネレーションコジェネレーション

    東京都公営企業組織条例に基づき交通局、下水道局等と共に設置され、東京都給水条例に基づく上水道事業、東京都工業用水道条例に基づく工業用水道事業を行っている。主な監理団体として東京水道サービス株式会社がある。PFI事業としては特別目的会社(SPC) である金町浄水場エネルギーサービス株式会社(KESCO) と朝霞・三園ユーティリティサービス株式会社(AMUS) から電力・蒸気の供給を受けてコージェネレーションシステムを稼動している。東京都水道局 フレッシュアイペディアより)

  • クストヴォ

    クストヴォから見たコジェネレーションコジェネレーション

    コジェネレーション(熱電併給)事業所のノヴォゴルコフスカヤ・テッツ()が、周囲に電力を供給するほか、市内のアパートなどに温水を供給している。クストヴォ フレッシュアイペディアより)

102件中 51 - 60件表示

「コージェネレーション」のニューストピックワード