131件中 51 - 60件表示
  • 虎ノ門ツインビルディング

    虎ノ門ツインビルディングから見たコジェネレーションコジェネレーション

    建替えに際し、日本鉱業・共同石油の本社とテナントビルをいかに独立性を持たせるかが検討され、アトリウムを挟んでL字型の建物の西側を日鉱と共石、東側をテナントのデュポン・ジャパンが使用する、ツインタワー風の形態となった。周囲のホテルオークラや駐日アメリカ大使館などの景観と合わせるべく、敷地の1/3ほどはクスやケヤキを植樹した公開空地とした。日鉱が銅の精錬企業であることから、赤銅を生かした外観とすることも検討されたが、シンプルなアルミカーテンウォールが採用された。その代わり、ロビーの手すりや柱などのインテリアには銅や真鍮、チタンなどがふんだんに使われた。日鉱が開発した、灯油を燃料とするコジェネレーションも導入され、消費電力の10%、空調・給湯は夏・冬で35%、春・秋は50%が自家生産された。西側・東側とも2階以上をオフィス、地下は福利厚生施設に割り当てられ、地下には食堂やアスレチックルームなどが置かれた。食堂のコーヒーには、花輪鉱山の名水「花山水」が使われた。地下1階の「サンクプラザ」はピエール=オーギュスト・ルノワールの彫刻「勝利のヴィーナス」が置かれ、アトリウムからの光が差し込む広場は従業員の憩いの場となった。虎ノ門ツインビルディング フレッシュアイペディアより)

  • 武陽ガス

    武陽ガスから見たコジェネコジェネレーション

    1994年11月 - PA13Aコジェネ用ガス供給開始武陽ガス フレッシュアイペディアより)

  • 液体窒素エンジン

    液体窒素エンジンから見たコジェネレーションコジェネレーション

    液体窒素の製造、運搬での効率が課題になる。徐々に蒸発するので長期間の保存には適さない。また、温度差が大きいため、高湿度の地域では熱交換器で空気中の水蒸気が凝結して熱効率が低下する。不凍液を中間熱媒体として2段階の熱交換器にするなど、熱交換器が大型化、重量増加の要因になる可能性がある。冷凍車やコジェネレーションに使用する場合には気化した窒素ガスは十分冷たいので冷房や冷蔵庫の冷却に使用することで総合的な効率を高めることも可能。液体窒素エンジン フレッシュアイペディアより)

  • セントポール島 (アラスカ州)

    セントポール島 (アラスカ州)から見たコジェネレーションコジェネレーション

    島の住民を中心に設立された社が風力発電とディーゼルエンジンによる熱併給発電施設を完成させたのは1999年のこと。このプロジェクトはアメリカにおける先進的な風力発電利用プロジェクトであると考えられている。この発電施設により、発電用燃料の効率的利用と消費量の削減がはかられている。の高さの風力発電設備は、環境への配慮の象徴としてセントポール島に住むアレウト族の誇りとなっている。2つの風車が2007年に追加して導入され、 の長さの羽根をもつ風車が225メガワットの電力を生み出している。セントポール島 (アラスカ州) フレッシュアイペディアより)

  • 広瀬隆

    広瀬隆から見たコジェネレーションコジェネレーション

    原子力の代替手段としては『燃料電池が世界を変える』 (日本放送出版協会、2001年) においてコジェネレーション、ガスタービンコンバインドサイクル発電と燃料電池を挙げている。東京電力の新設火力発電所を見学した際には、その技術の先進性について社員を賞賛したという。太陽光発電等の自然エネルギーについては長期的なペースで徐々に進めればよいと主張している。また、自然エネルギーでは20年を経ても原発の電力分を100%代替することは不可能であり、原発を推進するための格好の口実になってしまうとして、今議論が必要なのは、天気や風の気まぐれに頼る自然エネルギーではなくコンバインドサイクルのような安定供給できる設備であると主張している。広瀬隆 フレッシュアイペディアより)

  • バート・ラースフェ

    バート・ラースフェから見たコジェネレーションコジェネレーション

    2015年にこの街は「KWK モデル都市」になった。公共資金が熱供給網(主に旧市街地域)の敷設に充てられた。2016年に熱供給網の建設が始まった。バート・ラースフェ・エネルギーがこれを請け負った。このプロジェクト団体には、市とニーダーライン広域熱供給が半分ずつ出資している。2016年11月に最初の天然ガスによるブロック熱発電所が稼働した。2018年末までに作業は完了する予定である。バート・ラースフェ フレッシュアイペディアより)

  • ニューアーバンアジェンダ

    ニューアーバンアジェンダから見たコジェネレーションコジェネレーション

    求められる条件としては、「都市が社会へ利益をもたらしていること(経済的価値)」、「都市自らが遺産を維持するための資金が調達できること」、「に基づく都市自身によるとおよびができること」、「行政による遺産としての都市管理ができること」、「都市内の民間セクターによる遺産としてのと有効活用(都市観光など遺産の商品化や遺産の資源利用)ができること」、「都市内にや社会的包摂があること」、「遺産としての都市が住民のアイデンティティに影響を与えていること」、「都市に再生可能エネルギーやコジェネレーションなどのエネルギー効率対策が導入されていること」、「都市災害に対するがあること」など。ニューアーバンアジェンダ フレッシュアイペディアより)

  • 2006年ヨーロッパ広域停電

    2006年ヨーロッパ広域停電から見たコジェネレーションコジェネレーション

    西部では揚水発電の揚水を停止したり休止中の火力発電所を再稼働するなどして周波数の上昇を試みた。逆に北東部では火力や水力の出力を抑えて周波数を下げようとした。風力発電所やコジェネレーションなどの分散型電源は電力系統に停電や周波数低下が生じると、系統運用者のコントロールによらず自動的に系統連系から外れ(解列)、電力系統が復旧すると系統連系に復帰する(並列)構造になっている。このため、西部では停止した分散型電源の分まで発電所を稼働させなければならず、北東部では発電所の出力を抑えて安定させた周波数が、分散型電源が並列するため再び上昇してしまい、更なる調整が必要となり、安定化には時間を要した。2006年ヨーロッパ広域停電 フレッシュアイペディアより)

  • 液冷

    液冷から見たコジェネレーションコジェネレーション

    液体に熱を吸収させて別の場所で放熱させることができるため、結果として放熱する面積を増加させることが容易であり、周囲の空気を用いて冷却する空冷よりも効果が高くできる。またコジェネレーションによる排熱利用に向いている。しかし水冷では冷却用の液体が必要になること、液体が漏れてしまった場合に他の部品を損傷させたり放熱できなくなる場合があること、ポンプなどの部品が必要になるなどの短所がある。液冷 フレッシュアイペディアより)

  • ヒートアイランド

    ヒートアイランドから見たコジェネレーションコジェネレーション

    排熱の利用。コジェネレーションやコンバインドサイクル発電など。ヒートアイランド フレッシュアイペディアより)

131件中 51 - 60件表示

「コージェネレーション」のニューストピックワード