102件中 61 - 70件表示
  • オイルシェール

    オイルシェールから見たコジェネレーションコジェネレーション

    オイルシェールは火力発電所の燃料として使用される。使い方は石炭と同じで、燃やした熱で蒸気タービンを回すというものである。その余熱をコジェネレーションや地域熱供給に利用することもある。エストニアにはかなり大規模なオイルシェール発電所(:en:Fossil fuel power plant)があり、2,967メガワットの能力を有する。その他、イスラエル(12.5MW)、中国(12MW)とドイツ(9.9MW)の発電所がある。オイルシェール フレッシュアイペディアより)

  • サッポロファクトリー

    サッポロファクトリーから見たコジェネレーションコジェネレーション

    その後、1989年に恵庭市のサッポロビール庭園駅付近に大規模な「北海道工場」を建設し、道内での生産拠点を移転させ、札幌第一工場は閉鎖した。その後、遺構などを尊重しつつ再開発を行い、1993年4月に「サッポロファクトリー」として開業した。設計は大成建設、外装デザインは竹山実によって行われた。竣工当初は道内では珍しかったコジェネレーションシステムで運用されている。各館とはスカイウォーク型連絡橋・地下通路あるいは広場で繋がっている。サッポロファクトリー フレッシュアイペディアより)

  • ジェネックス水江発電所

    ジェネックス水江発電所から見たコージェネレーションコジェネレーション

    東京電力への卸電力と、東亜石油京浜製油所への電力・プロセス蒸気を同時に供給するため、汽力発電設備のほか、ガスタービン・廃熱回収ボイラを用いたコージェネレーション設備を有する。ジェネックス水江発電所 フレッシュアイペディアより)

  • 富士古河E&C

    富士古河E&Cから見たコジェネレーションコジェネレーション

    発電所(水力・火力・原子力・地熱)、新エネルギー(太陽光発電・燃料電池等)、コジェネレーションシステム富士古河E&C フレッシュアイペディアより)

  • 電気料金

    電気料金から見たコジェネレーションコジェネレーション

    は、によって2002年に導入された。この法律は、熱電併給(コジェネレーション)機器からの発電促進を目的とする。電気料金 フレッシュアイペディアより)

  • 広島ガス

    広島ガスから見たコジェネレーションコジェネレーション

    また、マツダと共同開発した、ロータリーエンジンを使った、コジェネレーションシステム等も開発している。広島ガス フレッシュアイペディアより)

  • ヤンマー

    ヤンマーから見たコジェネレーションコジェネレーション

    2000年(平成12年) - 滋賀県米原町(現米原市)に中央研究所を開所。マイクロガスコージェネおよびミラーサイクルガスコージェネが平成11年度省エネ大賞を受賞。「ヤンマーエネルギーシステム製造株式会社」を設立。ヤンマー フレッシュアイペディアより)

  • エルトフェットル

    エルトフェットルから見たコージェネレーションコジェネレーション

    溶岩流は固化したとは言っても、溶岩自体のとても低い熱伝導率のため、その内部は年単位での長期間にわたって数百度を保ち続けることが出来る。噴火終了に続いて、科学者は、だんだん冷めていく溶岩流から地熱を抽出してを賄う事が可能かどうかを調査し始めた。すぐに、実験的な地熱暖房システムが製作され、1974年までにの最初の住宅と接続された。地熱暖房開発計画はさらに数軒の家屋と病院にまで対象を拡大し、1979年には、溶岩流から熱を取り出すための4基の大型プラントを建設するまでになった。それぞれの地熱暖房プラントは、溶岩流の上に一辺がそれぞれ100メートル(330フィート)ある正方形に区切った区画から熱エネルギーを取り出した。水を溶岩流のまだ熱い部分にかけ流し、結果上がってきたスチームのかたちで熱を集めた。このプラントで40メガワットまで発電する事も可能だった。発電所近くにある島内全ての民家に熱水と共に供給された。エルトフェットル フレッシュアイペディアより)

  • 下水処理場

    下水処理場から見たコジェネレーションコジェネレーション

    このほかガスタービン発電機から出る高温の排気を利用して乾燥させるガスコジェネレーションが行い、汚泥から出た蒸気を使い発電するコンバインドサイクル発電の技術が確立している。下水処理場 フレッシュアイペディアより)

  • 大和ハウス大阪ビル

    大和ハウス大阪ビルから見たコージェネレーションシステムコジェネレーション

    住宅総合メーカーの大手である大和ハウスの本社ビルという事で、長寿命化の建築構造「100年ビル」をテーマに掲げて建設された。そのため、環境や省エネルギーにも配慮した設計がなされており、「氷蓄熱空調システム」、「ガスコージェネレーションシステム」、空調設備などからの排水や雨水を中水処理して便器洗浄用水として再利用する「中水処理システム」などが採用されている。大和ハウス大阪ビル フレッシュアイペディアより)

102件中 61 - 70件表示

「コージェネレーション」のニューストピックワード