131件中 61 - 70件表示
  • 下水処理場

    下水処理場から見たコジェネレーションコジェネレーション

    このほかガスタービン発電機から出る高温の排気を利用して乾燥させるガスコジェネレーションが行い、汚泥から出た蒸気を使い発電するコンバインドサイクル発電の技術が確立している。下水処理場 フレッシュアイペディアより)

  • 新エネルギー

    新エネルギーから見たコジェネレーションコジェネレーション

    法律上の定義では、再生可能エネルギーでない廃棄物発電や、一般的な「エネルギー」という言葉の用法には当てはまらない天然ガスコージェネレーション(→コジェネレーション)や燃料電池といったエネルギーの有効利用技術も当てはまるが、現在政令で指定されているものは、再生可能エネルギーに限られている。新エネルギー フレッシュアイペディアより)

  • 広島メタル&マシナリー

    広島メタル&マシナリーから見たコジェネレーションコジェネレーション

    造船や製造業向けの鋳鋼・特殊鋼製品、鎖、錨(アンカー)の製造を行う。ケムテック事業部では遠心分離機やコジェネレーション機器の製造も手掛ける。広島メタル&マシナリー フレッシュアイペディアより)

  • 電気料金

    電気料金から見たコジェネレーションコジェネレーション

    は、によって2002年に導入された。この法律は、熱電併給(コジェネレーション)機器からの発電促進を目的とする。電気料金 フレッシュアイペディアより)

  • 富士古河E&C

    富士古河E&Cから見たコジェネレーションコジェネレーション

    発電所(水力・火力・原子力・地熱)、新エネルギー(太陽光発電・燃料電池等)、コジェネレーションシステム富士古河E&C フレッシュアイペディアより)

  • エルトフェットル

    エルトフェットルから見たコージェネレーションコジェネレーション

    溶岩流は固化したとは言っても、溶岩自体のとても低い熱伝導率のため、その内部は年単位での長期間にわたって数百度を保ち続けることが出来る。噴火終了に続いて、科学者は、だんだん冷めていく溶岩流から地熱を抽出してを賄う事が可能かどうかを調査し始めた。すぐに、実験的な地熱暖房システムが製作され、1974年までにの最初の住宅と接続された。地熱暖房開発計画はさらに数軒の家屋と病院にまで対象を拡大し、1979年には、溶岩流から熱を取り出すための4基の大型プラントを建設するまでになった。それぞれの地熱暖房プラントは、溶岩流の上に一辺がそれぞれ100メートル(330フィート)ある正方形に区切った区画から熱エネルギーを取り出した。水を溶岩流のまだ熱い部分にかけ流し、結果上がってきたスチームのかたちで熱を集めた。このプラントで40メガワットまで地熱発電により電力を取り出す事も可能だった。発電所近くにある島内全ての民家に熱水と共に熱電併給を開始された。エルトフェットル フレッシュアイペディアより)

  • サッポロファクトリー

    サッポロファクトリーから見たコジェネレーションコジェネレーション

    冬の長い北国での巨大空間施設として省エネルギー対策を導入した建築になっており、天然ガスを利用したコジェネレーションによって館内で使用する電気を発電し、その際に発生する排熱を冷暖房や給湯、ロードヒーティングに有効利用している。『第6回札幌市都市景観賞』、「サッポロフロンティアタウンズ/サッポロファクトリー&ポプラ館」として『第35回BCS賞』、「サッポロファクトリーアトリウム」が『第6回省エネルギー建築賞』を受賞している。サッポロファクトリー フレッシュアイペディアより)

  • エルリングハウゼン

    エルリングハウゼンから見たコジェネレーションコジェネレーション

    エルリングハウゼン市都市施設は、電気、ガス、熱、水の総合供給者である。都市施設が供給する電力の 29%が原子力、24%が化石燃料、22%が環境に配慮したコジェネレーション(化石燃料ベース)、25%が再生可能エネルギーである。1994年からエルリングハウゼン都市施設は廃水の最浄化を行っている。1998年には公共近郊旅客交通の運営部門が設立された。2006年に市立プールが委譲された。エルリングハウゼン都市施設は、エルリングハウゼンでヴァルトフライバート(直訳すると「森の野外プール」)を運営している。冬期にはヘルプープの屋内プールがオープンする。エルリングハウゼン フレッシュアイペディアより)

  • オイルシェール

    オイルシェールから見たコジェネレーションコジェネレーション

    オイルシェールは火力発電所の燃料として使用される。使い方は石炭と同じで、燃やした熱で蒸気タービンを回すというものである。その余熱をコジェネレーションや地域熱供給に利用することもある。エストニアにはかなり大規模なオイルシェール発電所(:en:Fossil fuel power plant)があり、2,967メガワットの能力を有する。その他、イスラエル(12.5MW)、中国(12MW)とドイツ(9.9MW)の発電所がある。オイルシェール フレッシュアイペディアより)

  • イドロ・ケベック

    イドロ・ケベックから見たコージェネレーションコジェネレーション

    2003年に民間部門の発電事業者と、天然ガスコージェネレーション507 MWの合意に、2004、5年に3件の森林バイオマス発電取引 (47.5 MW)、2005年と2008年に風力発電に関する10件の契約を、2002年にイドロ・ケベック・プロダクションと600 MWのフレキシブルな契約2件を締結した。イドロ・ケベック フレッシュアイペディアより)

131件中 61 - 70件表示

「コージェネレーション」のニューストピックワード