131件中 71 - 80件表示
  • 日産ディーゼル・P系エンジン

    日産ディーゼル・P系エンジンから見たコジェネレーションコジェネレーション

    日産ディーゼル・P系エンジン(にっさんディーゼル・ピーけいエンジン)とは、日産ディーゼル工業(現・UDトラックス)が1960年代後半 - 2005年にかけて生産していたディーゼルエンジンである。大型トラック・バス、鉄道車両に搭載され、またコジェネレーションなど産業用エンジンとしても幅広く採用されていた。日産ディーゼル・P系エンジン フレッシュアイペディアより)

  • パレール

    パレールから見たコジェネレーションコジェネレーション

    地下1階・地上20階建ての業務行政棟(パレール三井ビルディング)、地下1階・地上19階建ての住宅棟、地下1階・地上7階建ての駐車場棟、地下1階・地上4階建ての商業棟の4館からなる。都市再開発事業としては日本で初めて、コジェネレーション方式の地域熱供給が導入されている。2000年からは業務行政棟をグリーン館、住宅棟をブルー館、駐車場棟をイエロー館、商業棟をブルー館に色分けした。業務行政棟の1階から7階にかけては川崎区役所が入る。地階には、当初は核テナントとして相鉄ローゼン川崎パレール店が営業していたが賃貸借契約満了のため2010年に閉店。跡には2011年3月に食品館あおば東田町店が開店した。住宅棟4階から19階にかけては、1DKから4LDKまで計100戸の住居が入る。パレール フレッシュアイペディアより)

  • 子供鉄道

    子供鉄道から見たコジェネレーションコジェネレーション

    ほとんどの場合、子供鉄道は乗り物としての価値を有しておらず、乗客からは単なる遊園地の遊具だとみなされている。ごくまれに、子供鉄道は都市と郊外の公園との間の旅客輸送に用いられることがある (例 : チタ、オレンブルク、スヴォボードヌイ) 。しかしこの法則にも例外がある。第二次世界大戦中には、スヴォボードヌイの子供鉄道は郊外の農場から街への食糧輸送を担った。戦後、リトアニアのヴィリニュスでは、市の熱供給発電所への石炭輸送に用いられ、ニジニ・ノヴゴロドの子供鉄道は市電やバスとともに公共交通の形態をとり、若干の収益をみた。子供鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 排熱回収ボイラ

    排熱回収ボイラから見たコジェネレーションコジェネレーション

    排熱回収ボイラ(はいねつかいしゅうボイラ、)とは、排ガスの熱を利用し蒸気を発生させる熱交換器である。コジェネレーションの一種であるコンバインドサイクル発電において、ガスタービンと排熱回収ボイラによる蒸気を用いた蒸気タービンを組み合わせると、高効率発電を実現できる。排熱回収ボイラ フレッシュアイペディアより)

  • 横浜野村ビル

    横浜野村ビルから見たコージェネレーションコジェネレーション

    中間免震構造や中圧ガスによるデュアルフューエル式非常用発電機およびコージェネレーションシステムを採用し、BCP性能を高めている。横浜野村ビル フレッシュアイペディアより)

  • スマートグリッド

    スマートグリッドから見たコジェネレーションコジェネレーション

    日本より米国の方がスマートグリッド参入に意向や興味を示している企業は多種多様だが、日本国内では家庭内通信まで踏み込んだ改革を目指す計画ではなく、新築住宅などでの家庭用太陽光発電と家庭用コジェネレーション装置といった家庭での自家発電が進められている。日本国内は電力網でもロードサーベイに代表される電力監視センサのネットワークが充実してきており、各電力会社は需要家の負荷変動を予測しながら細かな変動は電力監視のネットワークで随時把握し細かな対応を行えるとしており、米国のように一般家庭の家電製品を電力需要に応じて遠隔制御する取り組みに積極的でない。欧米や中国などが進める大規模なスマートグリッド計画と対照的に、日本では産官学共同にも関わらず小規模な実証試験ばかり少数行われる程度の現状が"ガラパゴス化"に繋がるのではないかと危惧する声も出ている。スマートグリッド フレッシュアイペディアより)

  • シェルター

    シェルターから見たコジェネレーションコジェネレーション

    こういった設備を稼動させるためには電力の確保も必要だが、外部からの電力供給に頼っていては大規模な攻撃や災害の際には全く役に立たなくなる。このため、自家発電設備を備えるほか、それら発電機の燃料などの備蓄も必要である。例えばディーゼルエンジンなら、普段は家屋の暖房に使っている燃料をそのまま流用できるかもしれない。ただ最悪の場合では、これら電源用の動力源が切れた場合を想定し、空気の濾過器や外部に通じる扉などには人力で動作させられる安全装置が組み込まれる。シェルター フレッシュアイペディアより)

  • 地域熱供給

    地域熱供給から見たコジェネレーションコジェネレーション

    1875年、ドイツにおいて世界初の地域暖房、1893年にハンブルクでコジェネレーションによる地域暖房が開始された。以後、寒冷な北欧を中心に蒸気による暖房を行うものが徐々に設置されるようになった。1950年代には、都市開発に伴い急速に普及した。地域熱供給 フレッシュアイペディアより)

  • 横浜熱供給

    横浜熱供給から見たコージェネレーションコジェネレーション

    横浜ベイシェラトン ホテル&タワーズの地下5・6階に都市ガスを燃料としたガスコージェネレーションシステムや蒸気ボイラー、吸収式冷凍機を設置し、横浜駅西口の北幸・南幸の各一部に蒸気・温水や冷水を供給する。横浜熱供給 フレッシュアイペディアより)

  • アグレコ

    アグレコから見たコジェネレーションコジェネレーション

    発電ユニットは数日〜13週間という短期間〜数年のレンタルが可能であり、夏場などの需要最盛期のピークシェービングから電気の長期安定供給やバックアップ電源などに活用できる。契約から電力供給開始(コミッション)まで数週間で実行できるのが特徴。燃料はLNG、ディーゼル、重油(HFO)など複数の燃料源に対応できる。またコジェネレーションにも対応し、契約期間中に燃料価格変動状況に応じてLNG・ディーゼルエンジンの切り替えなども対応できる。アグレコ フレッシュアイペディアより)

131件中 71 - 80件表示

「コージェネレーション」のニューストピックワード