102件中 81 - 90件表示
  • 2ストローク機関

    2ストローク機関から見たコジェネレーションコジェネレーション

    ディーゼルエンジンでは小型から大型の機関が、自動車、軍用車両、鉄道車両、建設機械、航空機、船舶、コジェネレーション用として存在する。2ストローク機関 フレッシュアイペディアより)

  • 発電

    発電から見たコージェネレーションコジェネレーション

    全世界で2008年に火力、原子力、水力、コージェネレーション・プラント、その他の発電所で消費された総エネルギーは石油換算トン(ktoe)で4,398,768キロトンであった。 これは全世界の一次エネルギー供給量(TPES)の36%であった。 生産された電力はグロスで1,735,579キロトン相当の電力(20,185TWh)であった。 発電効率は39%。残りの61%の一部(3%)はコージェネレーションの熱源として利用されたが大半は排出された。 また289,681キロトン相当の電力(発電量の17%)は発電所での内部消費と送電ロスで消費され、最終的に消費者へは1,446,285キロトン相当の電力(16,430TWh)が供給された。 これは発電およびコージェネレーションに投入されたエネルギーの33%であった。IEA 2008 Energy Balance for Worldより発電 フレッシュアイペディアより)

  • 六本木ヒルズ

    六本木ヒルズから見たコジェネレーションコジェネレーション

    ガスタービンコジェネレーションを採用し、都市ガスを燃料として施設独自のエネルギープラントを設置しており、一般家庭数千世帯分にのぼる電力を域内に供給している。これにより、停電などの電力制限をほとんど受けることなく、電力供給が可能となっている。万一ガスの供給が停止した場合は東京電力から買電し、それも不能となった場合には備蓄してある灯油で発電する二重のバックアップ体制をとっている。これは、非常時にも電力供給が止まらないオフィス環境を求める外資系テナントの要請によるものである。六本木ヒルズ フレッシュアイペディアより)

  • ブレイトンサイクル

    ブレイトンサイクルから見たコジェネレーションコジェネレーション

    軸・蒸気出力可変サイクルは、排熱ボイラーで発生させた、蒸気を燃焼ガスと共にタービンに吹き込み、軸出力を増加させるものである。蒸気・軸出力の発生割合を変化させることができるため、コジェネレーションにおいて用いられている。ブレイトンサイクル フレッシュアイペディアより)

  • 日本の経済

    日本の経済から見たコジェネレーションコジェネレーション

    1990年代に入ると、電力自由化の流れにより参入規制が緩和されたことで新規参入が増加したが、主力の火力発電が燃料費(原油)の高騰による撤退が相次ぎ、コジェネレーションシステムを利用した一部の大規模な工場やショッピングセンターなどへの電力供給にとどまっている。日本の経済 フレッシュアイペディアより)

  • スターリングエンジン

    スターリングエンジンから見たコジェネレーションコジェネレーション

    その後、オイルショックの時や1970年代に自動車の排ガス規制が強化された時やそれ以降も自動車用エンジンとして開発されたが、実用化はされなかった。20世紀末にかけて、いくつかの企業が中出力のプロトタイプを開発し、中には少量ながら販売されたものもあった。しかし、高価であることと未解決の技術的問題が存在することから、大量に出回ることはなかった。21世紀に入ってエコロジーの観点からコジェネレーション用として実用化の検討が始まっている。スターリングエンジン フレッシュアイペディアより)

  • ソフィア (ブルガリア)

    ソフィア (ブルガリア)から見たコジェネレーションコジェネレーション

    ソフィアには独特の、大規模なコジェネレーション・システムが稼動している。ソフィア全域に相当する900,000の世帯と5,900の会社が一元的に熱供給を受けており、ガスおよび石油火力による発電(3000メガワット)の廃熱を利用している。ソフィア (ブルガリア) フレッシュアイペディアより)

  • 地域熱供給

    地域熱供給から見たコジェネレーションコジェネレーション

    1875年、ドイツにおいて世界初の地域暖房、1893年にハンブルクでコジェネレーションによる地域暖房が開始された。以後、寒冷な北欧を中心に蒸気による暖房を行うものが徐々に設置されるようになった。1950年代には、都市開発に伴い急速に普及した。地域熱供給 フレッシュアイペディアより)

  • 東京ガス

    東京ガスから見たコジェネレーションコジェネレーション

    「マイホーム発電」「ウィズガス住宅」に近年力を注ぎ、都市ガス燃料電池「ENE-FARM(エネファーム)(発売当初の商品名は、LIFUEL(ライフエル))」を開発し、家庭に販売を行う。また、本田技研工業のエンジンを採用した「ECOWILL(エコウィル)」の販売もスタートさせ、コジェネレーションシステムの一般への普及を進めている。昨今、テレビCMや中央総武線車両、路線バスなどでのラッピング宣伝を行って認識度の向上を狙っている。東京ガス フレッシュアイペディアより)

  • 東京工科大学

    東京工科大学から見たコジェネレーションコジェネレーション

    八王子キャンパスは、片柳鴻が設計をしている。広さは380,821m²で、構内各所に銅像などの美術品が配置されている。研究棟と片柳研究所棟を結ぶ大通りに彫像の配置された水路があり、その近辺にFOODS FUU(フードコート)や庭園がある。また、八王子バイパス側の裏山に遊歩道があり散策できるなど、これらは学生の憩いの場となっている。片柳研究所棟屋上にはヘリポートもあるが、飛行空域規制により通常は使用されていない。キャンパスは地下にも広がっており、コージェネレーションシステムで学内における電力の45%、熱の60%を供給している。東京工科大学 フレッシュアイペディアより)

102件中 81 - 90件表示

「コージェネレーション」のニューストピックワード