22件中 11 - 20件表示
  • コジェネレーション

    コジェネレーションから見た内燃機関

    コージェネレーション、またはコジェネレーション (cogeneration)、英語ではcombined heat and powerともいわれる。これは、内燃機関、外燃機関等の排熱を利用して動力・温熱・冷熱を取り出し、総合エネルギー効率を高める、新しいエネルギー供給システムのひとつである。コジェネレーション フレッシュアイペディアより)

  • コジェネレーション

    コジェネレーションから見た

    コージェネレーション、またはコジェネレーション (cogeneration)、英語ではcombined heat and powerともいわれる。これは、内燃機関、外燃機関等の排を利用して動力・温熱・冷熱を取り出し、総合エネルギー効率を高める、新しいエネルギー供給システムのひとつである。コジェネレーション フレッシュアイペディアより)

  • コジェネレーション

    コジェネレーションから見た外燃機関

    コージェネレーション、またはコジェネレーション (cogeneration)、英語ではcombined heat and powerともいわれる。これは、内燃機関、外燃機関等の排熱を利用して動力・温熱・冷熱を取り出し、総合エネルギー効率を高める、新しいエネルギー供給システムのひとつである。コジェネレーション フレッシュアイペディアより)

  • コジェネレーション

    コジェネレーションから見たトリジェネレーション

    コジェネレーションを発展させたものに、トリジェネレーションがある。コジェネレーション フレッシュアイペディアより)

  • コジェネレーション

    コジェネレーションから見た灯油

    水素と空気中の酸素から電気をつくりだし、副次的に発生する熱を蒸気や温水として回収する。現在、発電効率35〜65パーセント、総合効率で80〜90パーセントに達している。水素はシステム内でガス・灯油・アルコール・バイオマスなどから取り出す。排出されるものは、CO2、水以外ほとんどなく、騒音や振動も少ない。大型で高効率のものは現在、実証実験段階にあるがコストと耐久性が問題である。コジェネレーション フレッシュアイペディアより)

  • コジェネレーション

    コジェネレーションから見たガスタービンエンジン

    発電用ガスタービンエンジンにより排出される排気によって蒸気を作成する。コジェネレーション フレッシュアイペディアより)

  • コジェネレーション

    コジェネレーションから見たバイオマス

    水素と空気中の酸素から電気をつくりだし、副次的に発生する熱を蒸気や温水として回収する。現在、発電効率35〜65パーセント、総合効率で80〜90パーセントに達している。水素はシステム内でガス・灯油・アルコール・バイオマスなどから取り出す。排出されるものは、CO2、水以外ほとんどなく、騒音や振動も少ない。大型で高効率のものは現在、実証実験段階にあるがコストと耐久性が問題である。コジェネレーション フレッシュアイペディアより)

  • コジェネレーション

    コジェネレーションから見た蒸気タービン

    特にガスタービン発電機と、その排熱を利用した蒸気タービン発電機を複合した発電をコンバインドサイクル発電という。コジェネレーション フレッシュアイペディアより)

  • コジェネレーション

    コジェネレーションから見たディーゼルエンジン

    発電用ディーゼルエンジンの排気排熱を蒸気製造や給湯に利用し、また、エンジン冷却水で水道水を加熱し給湯する。コジェネレーション フレッシュアイペディアより)

  • コジェネレーション

    コジェネレーションから見たアルコール

    水素と空気中の酸素から電気をつくりだし、副次的に発生する熱を蒸気や温水として回収する。現在、発電効率35〜65パーセント、総合効率で80〜90パーセントに達している。水素はシステム内でガス・灯油・アルコール・バイオマスなどから取り出す。排出されるものは、CO2、水以外ほとんどなく、騒音や振動も少ない。大型で高効率のものは現在、実証実験段階にあるがコストと耐久性が問題である。コジェネレーション フレッシュアイペディアより)

22件中 11 - 20件表示

「コージェネレーション」のニューストピックワード