前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
613件中 1 - 10件表示
  • 南コモエ州

    南コモエ州から見たコートジボワールコートジボワール

    南コモエ州(みなみコモエしゅう、Région du Sud-Comoé)はコートジボワール共和国南東部のコモエ地方南部の州。南コモエ州 フレッシュアイペディアより)

  • エール・コートジボワール

    エール・コートジボワールから見たコートジボワールコートジボワール

    エール・コートジボワール()はコートジボワールの航空会社。エール・コートジボワール フレッシュアイペディアより)

  • アマドゥ・クルマ

    アマドゥ・クルマから見たコートジボワールコートジボワール

    アマドゥ・クルマ(Ahmadou Kourouma, 1927年11月24日 - 2003年12月11日)は、コートジボワールの作家。アマドゥ・クルマ フレッシュアイペディアより)

  • リベリア内戦

    リベリア内戦から見たコートジボワールコートジボワール

    リビアで軍事訓練を受けていたテーラーは、クラン族のドウ政権に苦しめられていたギオ族とマノ族と手を組んだ。1989年12月24日、NPFLはコートジボワール側から国境を越えリベリアのニンバ郡ブトゥオ村に侵入し、駐留していたクラン族主体のリベリア軍と衝突(リベリア軍の兵士250名は全員死亡)、内戦が勃発した。1990年に入ると戦火はリベリア全土に拡大。1月4日にドウ政権に批判的として知られていたロバート・フィリップスがモンロビアで反逆罪に問われ酷刑に処される。さらにその後ニンバ郡でリベリア国軍により、ギオ族とマノ族の住民500人が処刑され、またNPFLもブトゥオ村で200人を虐殺した。リベリア内戦 フレッシュアイペディアより)

  • 岡村善文

    岡村善文から見たコートジボワールコートジボワール

    岡村 善文(おかむら よしふみ、1958年(昭和33年)1月13日 - 、歳)は日本の外交官。森喜朗の発案で最年少大使として駐コートジボワール特命全権大使を務め、外務省アフリカ部長等を経て、現在アフリカ開発会議担当特命全権大使、政府代表、2025年国際博覧会誘致特使。岡村善文 フレッシュアイペディアより)

  • エール・アフリック

    エール・アフリックから見たコートジボワールコートジボワール

    エール・アフリック(Air Afrique)(エールアフリク)は、コートジボワールのアビジャンを本拠地としていた、かつて存在した多国籍航空会社である。主に旧フランス領の諸国によって設立され、後述するようにエール・フランス等のフランスの航空会社とも関係が深かった。エール・アフリック フレッシュアイペディアより)

  • エコバンク

    エコバンクから見たコートジボワールコートジボワール

    EDC Investment Corporation - コートジボワール アビジャンエコバンク フレッシュアイペディアより)

  • サル・ジボ

    サル・ジボから見たコートジボワールコートジボワール

    1995年、コートジボワール北部の都市ブアケで軍事教練を受け、1996年に教練役員となる。1997年に少尉となり、1998年に中尉、2003年に大尉、そして2006年10月にはchef d'escadron(戦隊の司令官、少佐クラス)に昇進。また、モロッコと中国で訓練を受けている。サル・ジボ フレッシュアイペディアより)

  • キッシ族

    キッシ族から見たコートジボワールコートジボワール

    キッシ族(キッシぞく、Kissi)は、コートジボワール・リベリア・シェラレオネに住む西アフリカ黒人部族。キッシ族 フレッシュアイペディアより)

  • アリー・エンドリ

    アリー・エンドリから見たコートジボワールコートジボワール

    ヴァンサン・ドゥ・ポール・コウアディオ・アリー・エンドリ(Vincent de Paul Kouadio Alli N'Dri、1984年1月12日 - )は、コートジボワール、バンジェルヴィル出身のサッカー選手。ロシア・プレミアリーグ・FCシンニク・ヤロスラヴリ所属。ポジションはDF・MF。アリー・エンドリ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
613件中 1 - 10件表示