613件中 31 - 40件表示
  • コロ・トゥーレ

    コロ・トゥーレから見たコートジボワールコートジボワール

    ハビブ・コロ・トゥーレ(Habib Kolo Touré, 1981年3月19日 - )は、コートジボワール・ブアケ出身の元サッカー選手。元コートジボワール代表。ポジションはディフェンダー。コロ・トゥーレ フレッシュアイペディアより)

  • ブルキナファソ

    ブルキナファソから見たコートジボワールコートジボワール

    ブルキナファソ()は、西アフリカに位置する共和制国家。北にマリ、東にニジェール、南東にベナン、トーゴ、南にガーナ、南西にコートジボワールと国境を接する内陸国である。首都はワガドゥグー。ブルキナファソ フレッシュアイペディアより)

  • ケジェヌ

    ケジェヌから見たコートジボワールコートジボワール

    ケジェヌ(ラテン文字:Kedjenou、ケジェヌ・プーレやケジェヌ・ドゥ・プーレと呼ばれることもある)は、コートジボワールを発祥とする、鶏肉と野菜を用いたシチューである。ケジェヌは鶏肉もしくはホロホロチョウと野菜を火もしくは熱した炭の上に置いたカナリ(canari、素焼きの土鍋)で長時間煮込むことで作られる。ケジェヌはコートジボワールの伝統料理であり、国内でも人気のある料理である。ケジェヌ フレッシュアイペディアより)

  • Su-25 (航空機)

    Su-25 (航空機)から見たコートジボワールコートジボワール

    実戦活動としては、ソ連のアフガニスタンへの侵攻やアブハジアの紛争の他、中央アジア各地での内戦、南オセチア紛争、アルメニアなどザカフカース方面での紛争などで使用されている。コートジボワールでは、保有する2機のSu-25UBが同国に駐留するフランス軍の基地を攻撃したとして、フランス軍によって少なくとも1機が破壊された。2014年、イラクは国内のスンニ派武装勢力ISILの攻勢を抑える切り札としてロシアよりSu-25を購入。これは、フセイン政権時代に同機を運用していたパイロットの再起用をにらんだものであった。2015年9月30日にはロシアからシリアに派遣されたSu-25とSu-24がISILへの空爆作戦を開始した。Su-25 (航空機) フレッシュアイペディアより)

  • リベリア

    リベリアから見たコートジボワールコートジボワール

    リベリア共和国(リベリアきょうわこく)、通称リベリアは、西アフリカに位置する共和制国家。北にギニア、西にシエラレオネ、東にコートジボワールと国境を接し、南は大西洋に面する。首都はモンロビア。リベリア フレッシュアイペディアより)

  • 危機にさらされている世界遺産

    危機にさらされている世界遺産から見たコートジボワールコートジボワール

    「登録地域内もしくは登録地域を脅かす場所での計画された再入植もしくは開発」。鉱山開発が環境破壊につながっているニンバ山厳正自然保護区(ギニア/コートジボワール、1992年 - )など。危機にさらされている世界遺産 フレッシュアイペディアより)

  • 世界遺産委員会

    世界遺産委員会から見たコートジボワールコートジボワール

    ガランバ国立公園が危機遺産リストから除去された代わりに、ニンバ山厳正自然保護区(ギニア共和国/コートジボワール)、アイル・テネレ自然保護区(ニジェール)、マナス野生生物保護区(インド)、サンガイ国立公園(エクアドル)、スレバルナ自然保護区(ブルガリア)、アンコール(カンボジア)の6件が危機遺産リストに登録され、その総数は15件となった。世界遺産委員会 フレッシュアイペディアより)

  • ヤン・カラモウ

    ヤン・カラモウから見たコートジボワールコートジボワール

    ヤン・カラモウ(Yann Karamoh, 1998年7月8日 - )は、コートジボワール・アビジャン出身のサッカー選手。セリエA・インテルナツィオナーレ・ミラノ所属。ポジションはフォワード。ヤン・カラモウ フレッシュアイペディアより)

  • カカオ

    カカオから見たコートジボワールコートジボワール

    1890年代末、フランスが象牙海岸(現在のコートジボワール)で植民地会社を組織し、生産を奨励した。カカオ フレッシュアイペディアより)

  • フランス

    フランスから見たコートジボワールコートジボワール

    1875年、フランス東インド会社の残務整理がおわってインドシナ銀行が設立された。1881年にオスマン債務管理局が設置され、ヨーロッパシステムの執念が実を結んだ。フランスは(1882年)と清仏戦争(1884年 - 1885年)に勝利した。ここにフランス領インドシナ(1887年 - 1954年)が成立した。国内ではブーランジェ将軍事件(1886年 - 1889年)が起きた。1890年、フランス銀行とロシア政府がベアリングス銀行の救済に参加した。ベアリング融資先のアルゼンチンとも関係が生まれた。1893年、シャムと。普仏戦争後のアルザス=ロレーヌの喪失と、50億フランという高額な賠償金を発端とする反独運動からドレフュス事件(1894年)が勃発。アフリカ分割の時代には、1895年にフランス領西アフリカ(モーリタニア・セネガル・マリ共和国・ギニア・コートジボワール・ニジェール・ブルキナファソ・ベナン)が成立した。1894年に露仏同盟を締結した。ソシエテ・ジェネラルなどがシベリア鉄道と露清銀行へ出資した。フランスはグレートゲームの裏方であった。ファショダ事件(1898年)は融和に向かい、日露戦争(1904年 - 1905年)は露清銀行の支配率を高めるのに必要な規模に収まった。三国協商は参加国の民衆がもつナショナリズムを封じた。1905年、フランスがモロッコ進出しドイツが反発した(第一次モロッコ事件)。1910年にフランス領赤道アフリカ(ガボン・コンゴ共和国・中央アフリカ共和国・チャド)が成立した。1911年、第二次モロッコ事件でフランスはイギリスとベルギーの利益を代表しドイツと対立した。1913年、アルザス・ロレーヌ地方(エルザス州・ロートリンゲン州)でツァーベルン事件が起こった。フランス フレッシュアイペディアより)

613件中 31 - 40件表示