424件中 51 - 60件表示
  • リベリア国民愛国戦線

    リベリア国民愛国戦線から見たコートジボワールコートジボワール

    1980年、クラン族出身の軍人、サミュエル・ドウ曹長がクーデターを起し、政権を奪取。リベリア初のアメリコ・ライベリアン(アメリカ黒人)以外の国家元首が誕生した。85年、総選挙によりドウが大統領に選出され、就任した。しかし、ドウはクラン族を優遇するなどの偏った政策を進めたため、部族対立の激化を招いた。これにより、88年には2度の政権転覆を目的とした事件が起きるも、共に未遂に終わる。その首謀者がギオ族及びマノ族であったため、ドウは政府軍を展開しギオ族、マノ族を虐殺した。これをきっかけとして、チャールズ・テーラー前大統領がドウ政権転覆を目指し、当時コートジボワール共和国に亡命していたアメリコ・ライベリアンの旧エリート層と、ドウに弾圧され国を追われたギオ族とマノ族出身者から構成員を募り、コートジボワールでNPELを結成した。89年12月ドウ政権に対する武装蜂起を開始、半年で国土の国土の9割を掌握して、首都モンロビアに侵攻。市民を巻き込むほどの大激戦を展開、1年間の内戦で死者は1万5千人越え、難民も数百万人が発生するほどであった。90年8月、西アフリカ諸国経済共同体が仲介として国民統合暫定政府を発足させる。しかし、NPELから分離結成された「INPEL(リベリア独立国民愛国戦線)」の兵士がドウを暗殺。ドウ政権は崩壊する。その後、ドウ政権出身者を中心として結成された「ULIMO(民主統一解放運動)」が武装蹶起、内戦が拡大した。95年に国連が仲介に入り和平交渉を進めるが、交渉は失敗・さらに内戦は激化した。最終的に停戦合意に達し、8月にテーラーが大統領に再任した。しかし、その後も反政府組織などの参入により内戦は沈静化しないままである。リベリア国民愛国戦線 フレッシュアイペディアより)

  • アダマ・ダイコ

    アダマ・ダイコから見たコートジボワールコートジボワール

    アダマ・ダイコ(Adama Dahico, 本名:アダマ・ドロ Adama Dolo, 1968年5月10日-)はコートジボワールの俳優、コメディアン。アビジャン生まれ。コートジボワールのテレビドラマ"Ma famille"などに出演している。アダマ・ダイコ フレッシュアイペディアより)

  • ジョルジュ・スペナール

    ジョルジュ・スペナールから見たコートジボワールコートジボワール

    スピナールはフランス海外領国立学校において法学修士の学位を取得し、その後フランスの植民地で経歴を積んでいくことになる。まず1938年から1939年にかけてはフランス領ギニアに送られる。第二次世界大戦が開戦して1941年まではフランス軍に従軍する。1941年から1942年までオートボルタで地区長官、1942年から1943年にかけてはコートジボワールで労働監督官を務めた。その後1945年まで再び戦地に送られる。1946年と1948年にはフランス領赤道アフリカの官房長を務める。1949年から1950年はコートジボワールで情報局長となる。1951年と1953年にはカメルーンの官房長、その後事務総長となる。1954年にはカメルーンの高等弁務官、1955年には海外県の政治担当部門次官となる。1956年には短いながらも海外領土の知事となる。1956年と1957年には海外領土担当相ガストン・ドフェールのもとで官房長を務める。1957年から1960年までトーゴの高等弁務官を務める。ジョルジュ・スペナール フレッシュアイペディアより)

  • マルコ・ロドリゲス

    マルコ・ロドリゲスから見たコートジボワールコートジボワール

    1999年1月1日に審判資格を取得した。審判として実績を持っており、2006年6月のドイツFIFAワールドカップにも審判員として参加。6月10日イングランド対パラグアイ戦、6月22日コートジボワール対セルビア・モンテネグロ戦などの試合で主審(レフェリー)を務めた。マルコ・ロドリゲス フレッシュアイペディアより)

  • 永久著作権

    永久著作権から見たコートジボワールコートジボワール

    2006年10月現在、世界で最も長い保護期間を設定しているのはメキシコの「著作者個人の死後または法人の公表後100年」であり、同国があらゆる著作物について永久著作権に最も近い状態を創出している国であるといえる。以下、コートジボワール(99年)、コロンビア(80年)、グアテマラ、セントビンセント・グレナディーン、ホンジュラス、サモア独立国(各75年)と続く。永久著作権 フレッシュアイペディアより)

  • パルマス岬

    パルマス岬から見たコートジボワールコートジボワール

    パルマス岬(Cape Palmas)は、西アフリカのリベリア海岸の南東端にあたる岬であり、アフリカ大陸の北半分の南西端と表現されることもある。岬自体は、岩がむき出しになった小さな半島が、砂州で大陸に結びつけられたものである。半島部のすぐ西にはホフマン川の三角江がある。20キロメートルほど東には、コートジボワールとの国境をなすカヴァレイ川(Cavalla River)の河口がある。国際水路機関 (IHO) は、パルマス岬をギニア湾の西端と定めている。パルマス岬 フレッシュアイペディアより)

  • 第43海兵歩兵大隊 (フランス軍)

    第43海兵歩兵大隊 (フランス軍)から見たコートジボワールコートジボワール

    第43海兵歩兵大隊(だいよんじゅうさんかいへいほへいだいたい、43e bataillon d'infanterie de marine:43e BIMa)は、コートジボワール共和国アビジャンに駐屯する、FFCI隷下のフランス陸軍海兵隊の歩兵大隊である。第43海兵歩兵大隊 (フランス軍) フレッシュアイペディアより)

  • コートジボワール新勢力

    コートジボワール新勢力から見たコートジボワールコートジボワール

    コートジボワール新勢力(仏語:Forces nouvelles de Côte d'Ivoire)は、コートジボワールの反政府運動の連合体である。イボワール大西部人民運動(Mouvement Populaire ivoirien du Grand Ouest)、コートジボワール愛国運動(Mouvement patriotique de Côte d'Ivoire)、正義平和運動(Mouvement pour la justice et la paix)から成る。事務総長はギヨーム・ソロ。2002年以降、コートジボワール北部を実効支配している。2007年のワガドゥグ合意以降、ソロは首相となり、新勢力軍は政府軍と合流したが、2010年の大統領選挙にて、ローラン・バボが選挙管理委員会の決定を覆して大統領就任宣言をしたことを受けて、新勢力は、同時に大統領就任宣言を行ったアラサン・ワタラの支持に回った。コートジボワール新勢力 フレッシュアイペディアより)

  • ルバ族

    ルバ族から見たコートジボアールコートジボワール

    クランやリネージの単位で集落形成されるのが通例。仮面や彫刻などの工芸技術を持っており、ルバ族の仮面はクバ族と並びアフリカの民族工芸の代表として知られている。これらの工芸品はコートジボアールに居住するバウレ族と共通した静謐・気品の高さといった特徴を持つ。ルバ族 フレッシュアイペディアより)

  • アクセル・コナン

    アクセル・コナンから見たコートジボワールコートジボワール

    ハウリエ・アクセル・セドリック・コナン(Haouliais Axel Cédric Konan, 1983年1月25日 - )は、コートジボワールのサッカー選手。ポジションはFW。USレッチェ所属。アクセル・コナン フレッシュアイペディアより)

424件中 51 - 60件表示

「コートジボワール」のニューストピックワード