613件中 61 - 70件表示
  • ワガドゥグ合意

    ワガドゥグ合意から見たコートジボワールコートジボワール

    ワガドゥグ合意は、2007年3月4日に、ブルキナファソ大統領ブレーズ・コンパオレの仲介のもと、コートジボワール大統領のローラン・バボおよびコートジボワール新勢力指導者であるギヨーム・ソロによって締結された。コートジボワールの平和再建と再統一を狙いとしたものである。ワガドゥグ合意 フレッシュアイペディアより)

  • アブロン語

    アブロン語から見たコートジボワールコートジボワール

    アブロン語(Abron)はアブロン族が話す言語である。アブロン語はガーナの共通語のひとつである。話者はガーナ南西部に1,050,000人いる(2003年)。 また、コートジボワール東部のザンザン州タンダ県およびボンドークー県に131,700人いる。アブロン語は別名として、Bron、Brong、Doma、Gyamanがある。アブロン語はアカン語のひとつである。アブロン語 フレッシュアイペディアより)

  • 第43海兵歩兵大隊 (フランス軍)

    第43海兵歩兵大隊 (フランス軍)から見たコートジボワールコートジボワール

    第43海兵歩兵大隊(だいよんじゅうさんかいへいほへいだいたい、43e bataillon d'infanterie de marine:43e BIMa)は、コートジボワール共和国アビジャンに駐屯する、FFCI隷下のフランス陸軍海兵隊の歩兵大隊である。第43海兵歩兵大隊 (フランス軍) フレッシュアイペディアより)

  • 第3戦闘ヘリコプター連隊 (フランス軍)

    第3戦闘ヘリコプター連隊 (フランス軍)から見たコートジボワールコートジボワール

    コートジボワール、ガボン、チャド、コソボ、ジブチにも派遣された実績がある。第3戦闘ヘリコプター連隊 (フランス軍) フレッシュアイペディアより)

  • コロゴ

    コロゴから見たコートジボワールコートジボワール

    コロゴ(Korhogo)は、コートジボワール北部、サヴァヌ州の都市。人口174000人。コートジボワール北部ではブアケに次ぐ規模を持つ中心都市である。日本では綴りからコルホゴ、コルホーゴと記載される地図もあるが、現地ではコロゴと発音する。住人はセヌフォ人が主。綿、カポック、米、雑穀、落花生、山羊、羊等の集散地である。コロゴ フレッシュアイペディアより)

  • セヌフォ語

    セヌフォ語から見たコートジボワールコートジボワール

    セヌフォ語(Senufic languages)は、15の言語で構成される。セヌフォ語はセヌフォ人によって話されている。セヌフォ人は、コートジボワール北部、マリ南部、ブルキナファソ南西部に居住する。ナファーンラ語を話す人々はガーナ西部に離れて居住する。セヌフォ語 フレッシュアイペディアより)

  • テクタイト

    テクタイトから見たコートジボワールコートジボワール

    コートジボワール(ボスムトゥイ湖クレーター、Lake Bosumtwi crater(ガーナ)、100万年前に落下):テクタイト フレッシュアイペディアより)

  • ドナール・オリビエ・シエ

    ドナール・オリビエ・シエから見たコートジボワールコートジボワール

    ドナール・オリビエ・シエ(Donald-Olivier Sié, 1970年4月3日 - )は、コートジボワール出身のサッカー選手。FW(ウイング)。名古屋グランパスエイトでの登録名はオリビエ。ドナール・オリビエ・シエ フレッシュアイペディアより)

  • .ci

    .ciから見たコートジボワールコートジボワール

    .ciは、国別コードトップレベルドメイン (ccTLD)の一つで、コートジボワールに割り当てられている。.ci フレッシュアイペディアより)

  • 第1=第2猟兵連隊 (フランス軍)

    第1=第2猟兵連隊 (フランス軍)から見たコートジボワールコートジボワール

    海外派遣先としては、旧ユーゴスラビア、コソボ、チャド、レバノン、クウェート、ガイアナ、コートジボワール、アフガニスタンがある。第1=第2猟兵連隊 (フランス軍) フレッシュアイペディアより)

613件中 61 - 70件表示