613件中 71 - 80件表示
  • 第1戦闘ヘリコプター連隊 (フランス軍)

    第1戦闘ヘリコプター連隊 (フランス軍)から見たコートジボワールコートジボワール

    コートジボワール、ガボン、チャド、コソボ、ジブチにも派遣された実績がある。第1戦闘ヘリコプター連隊 (フランス軍) フレッシュアイペディアより)

  • クルメン族

    クルメン族から見たコートジボワールコートジボワール

    クルメン族(Krumen、Kroumen、Kroomen)は、リベリアからコートジボワールにかけての沿岸部に住む民族集団。人口は1993年の推計で48,300人、そのうち28,300人がコートジボワール側にいたとされる。クルメン族は、グレボ族の一派であり、クルメン語を話す。クルメン族 フレッシュアイペディアより)

  • ソロモン・ベレワ

    ソロモン・ベレワから見たコートジボワールコートジボワール

    1996年シエラレオネの大統領に就任したアフマド・テジャン・カバー大統領は彼を法務大臣に任命し、彼は同年にシエラレオネ政府と評判が悪い革命統一戦線(RUF)をコートジボワールのアビジャンで調和間の和平会談で政府の委任を導いた。 2002年5月カバー大統領は彼を再度シエラレオネの副大統領として任命した。2005年9月には2007年8月11日に行われたシエラレオネの大統領選に出馬する大統領候補としてSLPPのリーダーに選ばれた。大統領選ではSLPPから離れた人民民主改革運動(PMDC)のリーダー、チャールズ・マルガイが出馬した他、最大野党全人民会議党(APC)のアーネスト・コロマなどももいる。選挙で投票総数の55%以上を得票した候補者がいなかったため、首位のベレワとコロマに絞られたが、それでも決着がつかなかった。9月8日にコロマとの第2回投票を行ったが、17日コロマの得票率54.6%(ベレワの得票率は45.4%だった)に及ばず落選してしまった。ソロモン・ベレワ フレッシュアイペディアより)

  • コートジボワールの世界遺産

    コートジボワールの世界遺産から見たコートジボワールコートジボワール

    コートジボワールの世界遺産 (コートジボワールのせかいいさん)はユネスコの世界遺産に登録されているコートジボワール国内の文化・自然遺産。コートジボワールの世界遺産 フレッシュアイペディアより)

  • コートジボワール新勢力

    コートジボワール新勢力から見たコートジボワールコートジボワール

    コートジボワール新勢力(仏語:Forces nouvelles de Côte d'Ivoire)は、コートジボワールの反政府運動の連合体である。(MPIGO、Mouvement Populaire ivoirien du Grand Ouest)、(MPCI、Mouvement patriotique de Côte d'Ivoire)、(MJP、Mouvement pour la justice et la paix)から成る。事務総長はギヨーム・ソロ。2002年以降、コートジボワール北部を実効支配している。2007年のワガドゥグ合意以降、ソロは首相となり、新勢力軍は政府軍と合流したが、2010年の大統領選挙にて、ローラン・バボが選挙管理委員会の決定を覆して大統領就任宣言をしたことを受けて、新勢力は、同時に大統領就任宣言を行ったアラサン・ワタラの支持に回った。コートジボワール新勢力 フレッシュアイペディアより)

  • コナン・ベディエ

    コナン・ベディエから見たコートジボワールコートジボワール

    アンリ・コナン・ベディエ(, 1934年5月5日 - )は、コートジボワールの第2代大統領(在任:1993年 - 1999年)。コナン・ベディエ フレッシュアイペディアより)

  • モーゼス・ブラ

    モーゼス・ブラから見たコートジボワールコートジボワール

    1947年、コートジボワールとの国境に近いニンバ郡北東部の町で生まれた。1980年代、当時のサミュエル・ドウ大統領に対する憎しみを共有するチャールズ・テーラーと行動を共にした。ブラの妻をはじめとする数百人が、1985年のドウによる民族大虐殺で殺害されている。ブラはテーラーとリビアのゲリラキャンプで訓練し、1990年代のリベリア内戦では司令官としてテーラーを支えた。1997年にテーラーが大統領に就任すると、ブラはリビアとチュニジアの大使の職に就いた。2000年6月、イノック・ドゴレア副大統領が死亡し、ブラが後任となった。ドゴレア副大統領の死は、毒殺ではないかという疑惑がある。モーゼス・ブラ フレッシュアイペディアより)

  • クルメン語

    クルメン語から見たコートジボワールコートジボワール

    クルメン語 (Krumen) は、西アフリカのクルメン族の言語であり、主な方言の名称からテポ語 (Tepo) 、ピエ語 (pye)、プラポ語 (plapo) に更に分けられる。クルメン族はリベリアから、コートジボワール低サッサンドラ州タブー地方(Tabou)やグラボ地方(Grabo)にかけての沿岸部に住んでいる。クルメン語 フレッシュアイペディアより)

  • ヌマヨコクビガメ

    ヌマヨコクビガメから見たコートジボワールコートジボワール

    イエメン西部、エチオピア、エリトリア、カメルーン、ガンビア、ギニア、ギニアビサウ、コートジボワール、サウジアラビア南西部、シエラレオネ、ジブチ、スーダン、セネガル、中央アフリカ共和国、ナイジェリア北部、ブルキナファソ、マリ共和国南部、リベリアヌマヨコクビガメ フレッシュアイペディアより)

  • ゴルフホテル

    ゴルフホテルから見たコートジボワールコートジボワール

    ゴルフホテル(仏語:Golf Hôtel)は、コートジボワールのアビジャンにあるホテル。エブリエラグーンに面しており、近くにゴルフコースがあることがホテルの名前の由来となっている。客室306室を備える。2010年の大統領選挙後に発生した政治危機に際には、ローラン・バボ氏と対立するアラサン・ワタラ氏の陣営の拠点となっていた。ゴルフホテル フレッシュアイペディアより)

613件中 71 - 80件表示