613件中 81 - 90件表示
  • マルコ・ロドリゲス

    マルコ・ロドリゲスから見たコートジボワールコートジボワール

    1999年1月1日に審判資格を取得した。審判として実績を持っており、2006年6月のドイツFIFAワールドカップにも審判員として参加。6月10日イングランド対パラグアイ戦、6月22日コートジボワール対セルビア・モンテネグロ戦などの試合で主審(レフェリー)を務めた。マルコ・ロドリゲス フレッシュアイペディアより)

  • ハーパー

    ハーパーから見たコートジボワールコートジボワール

    海路での移動は、グリーンビルを経てモンロビアまでカヌーによる連絡があるが、風向きや天気によって3日から6日ほどかかる。また、国際連合リベリア・ミッションが運行する MV Catarina は、2週間に1回モンロビアとハーパーの間を結んでいる。隣国コートジボワールのタブーTabouからも連絡がある。ハーパー フレッシュアイペディアより)

  • リベリアマングース

    リベリアマングースから見たコートジボワールコートジボワール

    コートジボワールでは1997年に死骸が発見され、ギニア南部にも分布する可能性がある。リベリアマングース フレッシュアイペディアより)

  • ラファイエット (フリゲート)

    ラファイエット (フリゲート)から見たコートジボワールコートジボワール

    2002年9月にヘラクレス作戦が発動し第473任務部隊に参加、インド洋に赴く。2004年11月にはコートジボワールの情勢悪化によりリコルヌ作戦が発動し自国民救出のため同国海域に派遣された。2005年8月に不朽の自由作戦のため再びインド洋に派遣される。2006年にもインド洋に展開する。2007年にはアメリカ合衆国にて挙行されたラファイエット侯爵生誕250年記念式典に参加する。2006年8月にはレバノン侵攻の勃発に伴い自国民救出のために「L9013 ミストラル」、「L9012 シロッコ」、「D643 ジャン・ド・ヴィエンヌ」、「D615 ジャン・バール」で部隊を編成しレバノンに派遣される。2008年5月にも海上阻止行動のためレバノン沖に派遣される。ラファイエット (フリゲート) フレッシュアイペディアより)

  • コマンダン・ブレゾン (通報艦)

    コマンダン・ブレゾン (通報艦)から見たコートジボワールコートジボワール

    1985年にニューカレドニアへ航海し、1991年の湾岸戦争に参加した。2000年2月にペルシャ湾においてアラブ首長国連邦と合同演習を実施、航空母艦「フォッシュ」などと共に動乱状態にあると想定されたアブダビを攻撃する訓練を実施した。2001年2月にダブリンを訪問し近海にてNATO各国軍と対潜戦演習を実施する。2001年8月にコートジボワールを訪問、2002年前半期にはDCNブレスト工廠において改修工事を受け、9月には第150合同任務部隊に参加するため紅海・アデン湾に向かう。コマンダン・ブレゾン (通報艦) フレッシュアイペディアより)

  • コマンダン・レルミニエ (通報艦)

    コマンダン・レルミニエ (通報艦)から見たコートジボワールコートジボワール

    1999年8月下旬、「D643 ジャン・ド・ヴィエンヌ」と共にトゥーロンを出港しイギリス・エディンバラ港に向かい、9月に行なわれるノーザン・ライト99演習(Northern Light 99)に参加する。2000年6月、コートジボワールやトーゴ・ロメに寄港、7月17日にはガボン・リーブルヴィルに寄港し、その後ベナン・コトヌーに寄港する。コマンダン・レルミニエ (通報艦) フレッシュアイペディアより)

  • 北京オリンピック野球アフリカ予選

    北京オリンピック野球アフリカ予選から見たコートジボワールコートジボワール

    10月下旬にナイジェリアで行われ、ナイジェリア、ガーナの上位2カ国がアフリカ予選に進出。コートジボワールも参加予定だったが、棄権。北京オリンピック野球アフリカ予選 フレッシュアイペディアより)

  • 輸入割当制

    輸入割当制から見たコートジボワールコートジボワール

    コートジボワール地域のダイヤモンド輸入割当制 フレッシュアイペディアより)

  • バマコ・アリョン・ブロンダン・ベイヤ平和維持学校

    バマコ・アリョン・ブロンダン・ベイヤ平和維持学校から見たコートジボワールコートジボワール

    学校はフランスの軍事協力の枠組みで開始され、1999年にフランスとコートジボワール間での初期の協力関係から生み出された。これは最初、コートジボワール中部のヤムスクロ近郊にあるザンバックロ(:fr:Zambakro)に置かれていた。そこでは主に旅団級ならびに大隊級本部の参謀士官あるいは軍人監視員など約600人が訓練を受けた。しかし、コートジボワール国内の情勢悪化により協力活動は中断に追い込まれたため、代替地としてマリ共和国が選ばれ再開される。約半年の活動中断期間を経て、平和維持学校はマリの首都バマコから60km離れた場所にあるクリコロ駐屯地(camp de Koulikoro)で再開される。バマコ・アリョン・ブロンダン・ベイヤ平和維持学校 フレッシュアイペディアより)

  • コートジボワールの政党

    コートジボワールの政党から見たコートジボワールコートジボワール

    コートジボワールの政党では、コートジボワールにおける政党について説明する。コートジボワールの政党 フレッシュアイペディアより)

613件中 81 - 90件表示