170件中 101 - 110件表示
  • コートジボワール

    コートジボワールから見たニンバ山厳正自然保護区

    Voa Guinea chimpanzee picking 30jan08.jpg|ニンバ山厳正自然保護区 - (1981年、自然遺産)コートジボワール フレッシュアイペディアより)

  • コートジボワール

    コートジボワールから見た著作権法

    コートジボワールの著作権法では、著作権の保護期間を「著作者の死後99年」と定めている。この規定は世界で2番目に長い保護期間である(2003年以降はメキシコの「100年」が最長)。コートジボワール フレッシュアイペディアより)

  • コートジボワール

    コートジボワールから見た自然遺産

    コートジボワール国内には、ユネスコの世界遺産リストに登録された自然遺産が3件、文化遺産が1件、合わせて4件が存在する。コートジボワール フレッシュアイペディアより)

  • コートジボワール

    コートジボワールから見た工業

    主要産業はカカオ(世界一の輸出国)、コーヒー、イモ類、天然ゴムの生産を中心とする農業。他に鉱業(石油、ダイヤモンド)、林業、工業(食品加工、石油製品)も盛ん。カカオ、石油製品、材木の輸出が好調なことにより貿易は毎年約10億ドルの黒字を記録しているが、膨大な累積債務を抱え財政を圧迫。コートジボワール フレッシュアイペディアより)

  • コートジボワール

    コートジボワールから見たコロ・ジュラ語

    公用語はフランス語である。他にジュラ語、バウレ語、セヌフォ語、、ヤクバ語、アンイイ語、コロ・ジュラ語、セメ語などの各部族語も使用。コートジボワール フレッシュアイペディアより)

  • コートジボワール

    コートジボワールから見た累積債務

    主要産業はカカオ(世界一の輸出国)、コーヒー、イモ類、天然ゴムの生産を中心とする農業。他に鉱業(石油、ダイヤモンド)、林業、工業(食品加工、石油製品)も盛ん。カカオ、石油製品、材木の輸出が好調なことにより貿易は毎年約10億ドルの黒字を記録しているが、膨大な累積債務を抱え財政を圧迫。コートジボワール フレッシュアイペディアより)

  • コートジボワール

    コートジボワールから見た世界の国一覧表

    独立後のオリンピック初参加となった1964年東京オリンピックの開会式では、英語名の"Ivory Coast"を片仮名へ転写した「アイボリーコースト」の名称で入場した。その6年後の1970年に開催された大阪万博では「象牙海岸館」の名称でパビリオンを出展している。1986年にコートジボワール政府から日本政府へ外名の変更を要請されて以降、外務省大臣官房総務課が内規として定める『国名表』で「象牙海岸」に加え「コートジボワール」も選択表記と言う形で公文書への使用が可とされた。これを受けて外務省編集の(財)世界の動き社『世界の国一覧表』が「象牙海岸」から「コートジボワール」に表記を変更し、日本郵便の宛先表記やNHKを始めとするマスメディア各社、民間の書籍でも「コートジボワール」が使用されるようになっている。それ以降も法文上はなお「象牙海岸共和国」が使用されていたが、2003年に国名の日本語標準表記の根拠法令とされる在外公館の名称及び位置並びに在外公館に勤務する外務公務員の給与に関する法律(在外公館設置法)別表1の改正で当時は既に一般的でなくなっていた他の国名表記と合わせて見直しが実施され、法文上の表記に関しても「象牙海岸」を廃して「コートジボワール」に統一された。これは政体の変革等に伴う変更を別にすれば、日本語における国名の標準表記が変更された初めての例である。コートジボワール フレッシュアイペディアより)

  • コートジボワール

    コートジボワールから見た共和制

    コートジボワール共和国(コートジボワールきょうわこく)、通称コートジボワールは、西アフリカに位置する共和制国家。東にガーナ、北にブルキナファソ、マリ、西にギニア、リベリアと国境を接し、南は大西洋に面する。首都はヤムスクロ(ただし、実質上の首都機能は旧首都のアビジャンが担っている)。かつて日本では意訳による漢字表記で「象牙海岸共和国」と呼ばれていたが、後述の理由から現在は用いられない。コートジボワール フレッシュアイペディアより)

  • コートジボワール

    コートジボワールから見たパビリオン

    独立後のオリンピック初参加となった1964年東京オリンピックの開会式では、英語名の"Ivory Coast"を片仮名へ転写した「アイボリーコースト」の名称で入場した。その6年後の1970年に開催された大阪万博では「象牙海岸館」の名称でパビリオンを出展している。1986年にコートジボワール政府から日本政府へ外名の変更を要請されて以降、外務省大臣官房総務課が内規として定める『国名表』で「象牙海岸」に加え「コートジボワール」も選択表記と言う形で公文書への使用が可とされた。これを受けて外務省編集の(財)世界の動き社『世界の国一覧表』が「象牙海岸」から「コートジボワール」に表記を変更し、日本郵便の宛先表記やNHKを始めとするマスメディア各社、民間の書籍でも「コートジボワール」が使用されるようになっている。それ以降も法文上はなお「象牙海岸共和国」が使用されていたが、2003年に国名の日本語標準表記の根拠法令とされる在外公館の名称及び位置並びに在外公館に勤務する外務公務員の給与に関する法律(在外公館設置法)別表1の改正で当時は既に一般的でなくなっていた他の国名表記と合わせて見直しが実施され、法文上の表記に関しても「象牙海岸」を廃して「コートジボワール」に統一された。これは政体の変革等に伴う変更を別にすれば、日本語における国名の標準表記が変更された初めての例である。コートジボワール フレッシュアイペディアより)

  • コートジボワール

    コートジボワールから見たモロッコ

    2006年1月、国際連合コートジボワール活動(UNOCI)やアフリカ連合(AU)傘下の作業グループが、国民議会の任期延長認めないと発表したとして、「ジュンヌ・パトリオット」たちがアビジャン市内の道路を封鎖した。また、国内のフランス軍とPKOに従事する各国軍(バングラデシュ、モロッコ、セネガルなど)の基地、フランス大使館、国営テレビ前で抗議活動が行われた。西部に駐留するバングラデシュ軍はそれらに発砲して4名が死亡した。結局、ナイジェリアのオルシェグン・オバサンジョ大統領が、作業グループにはそのような権限はないと認めて、騒動に終止符を打った。しかし7月19日、シャルル・コナン・バニー首相の推し進めている、選挙実施のための身分証明書の発行方法に不満を持つ「ジュンヌ・パトリオット」が、アビジャン市内の主要な道路にバリケードを築いて、交通を遮断するなど、騒動が再燃した。コートジボワール フレッシュアイペディアより)

170件中 101 - 110件表示