前へ 1 2 3 4
37件中 1 - 10件表示
  • ホール (バンド)

    ホール (バンド)から見たコートニー・ラブコートニー・ラブ

    ホール(Hole)は、アメリカ合衆国ロサンゼルスで1989年にコートニー・ラブを中心に結成されたロックバンド。コートニーの夫カート・コバーンのニルヴァーナ、元交際相手のビリー・コーガン率いるスマッシング・パンプキンズらと並び、1990年代を中心に世界的に高い人気を誇った。ホール (バンド) フレッシュアイペディアより)

  • バロウズの妻

    バロウズの妻から見たコートニー・ラヴコートニー・ラブ

    『バロウズの妻』(英: Beat)は、2000年に製作されたアメリカ映画。コートニー・ラヴ主演。バロウズの妻 フレッシュアイペディアより)

  • フェイス・ノー・モア

    フェイス・ノー・モアから見たコートニー・ラヴコートニー・ラブ

    1982年、『FAITH NO MAN』というバンドで活動していたロディ・ボッタム (Key) 、マイク・ボーディン (Dr) 、ビリー・グールド (B) により結成。コートニー・ラヴがボーカルを務めた時期もあったが、1983年にチャック・モズレーが正式ボーカリストとなる。フェイス・ノー・モア フレッシュアイペディアより)

  • カート・コバーン

    カート・コバーンから見たコートニー・ラブコートニー・ラブ

    配偶者はホールのコートニー・ラブ。娘はフランシス・ビーン。コートニーとは1992年2月に結婚。式を通してカートはパジャマ姿であった。忘れ形見のフランシスは2011年現在、モデルを務めている。一方で1993年、雑誌「アドボゲイド」でのインタビューで「俺はバイセクシャルかも知れない」と発言している。カート・コバーン フレッシュアイペディアより)

  • コートニー・ラヴ

    コートニー・ラヴから見たコートニー・ラブコートニー・ラブ

    コートニー・ラヴ フレッシュアイペディアより)

  • チャールズ・R・クロス

    チャールズ・R・クロスから見たコートニー・ラブコートニー・ラブ

    著書『HEAVIER THAN HEAVEN』の取材中には、その執筆目的や能力を認められ、コートニー・ラブ(カート・コバーンの元妻であり、遺産相続人)から、生前カート・コバーンの記していた日記内容の閲覧、また著作内での使用を認められた。チャールズ・R・クロス フレッシュアイペディアより)

  • ド・レ・ミ

    ド・レ・ミから見たコートニー・ラブコートニー・ラブ

    1994年に制作され、ボックス・セットの『ウィズ・ザ・ライツ・アウト』に収録される2004年まで発表されなかった。ボックス・セット収録のヴァージョンは、1994年3月にカート・コバーン自ら制作したホーム・デモによる。この曲は、ME and I IV の名でも知られる。コートニー・ラブが偶然見つけた紙のビラにあったもので、歌詞のいくつかの部分はそのビラに記録された。ド・レ・ミ フレッシュアイペディアより)

  • フェンダー・ジャグスタング

    フェンダー・ジャグスタングから見たコートニー・ラブコートニー・ラブ

    コバーンのソニック・ブルーのジャグスタングは彼の死後、妻のコートニー・ラブによりR.E.M.のピーター・バックに譲渡された。彼はこのギターを "What's the Frequency, Kenneth?" のヴィデオで使用している。同じR.E.M.のマイク・ミルズはこのギターを、ライヴでコバーンへのトリビュートソングである「レット・ミー・イン」を演奏する際に使用している。この様子はDVD『ロード・ムービー』で見られる。フェンダー・ジャグスタング フレッシュアイペディアより)

  • プリンセス・アイ物語

    プリンセス・アイ物語から見たコートニー・ラヴコートニー・ラブ

    『プリンセス・アイ物語』(プリンセス・アイものがたり)は、キャラクターデザインを矢沢あい、原作をコートニー・ラヴとD.J.ミルキー、作画を鯨堂みさ帆が担当して、TOKYOPOPにより制作された日米合作の漫画作品、およびそれを原作とする作品群。プリンセス・アイ物語 フレッシュアイペディアより)

  • アルシア・フリント

    アルシア・フリントから見たコートニー・ラブコートニー・ラブ

    1996年の伝記映画『ラリー・フリント』ではコートニー・ラブがアルシアを演じ、ゴールデングローブ賞 主演女優賞 (ドラマ部門) にノミネートされた。アルシア・フリント フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4
37件中 1 - 10件表示

「コートニー・ラブ」のニューストピックワード