50件中 11 - 20件表示
  • フェンダー・ジャグスタング

    フェンダー・ジャグスタングから見たコートニー・ラブコートニー・ラブ

    コバーンのソニック・ブルーのジャグスタングは彼の死後、妻のコートニー・ラブによりR.E.M.のピーター・バックに譲渡された。彼はこのギターを "What's the Frequency, Kenneth?" のヴィデオで使用している。同じR.E.M.のマイク・ミルズはこのギターを、ライヴでコバーンへのトリビュートソングである「レット・ミー・イン」を演奏する際に使用している。この様子はREMのDVD『ロード・ムービー』で見られる。フェンダー・ジャグスタング フレッシュアイペディアより)

  • フェンダー・ミュージックマスター

    フェンダー・ミュージックマスターから見たコートニー・ラブコートニー・ラブ

    カート・コバーン(ニルヴァーナ) - 65年製を所有。死後、妻のコートニー・ラブからデイヴ・ナヴァロに譲渡された模様。フェンダー・ミュージックマスター フレッシュアイペディアより)

  • セイヴ・ロックンロール

    セイヴ・ロックンロールから見たコートニー・ラヴコートニー・ラブ

    ラタタット feat. コートニー・ラヴ / Rat A Tat feat. Courtney Loveセイヴ・ロックンロール フレッシュアイペディアより)

  • オートマティック・ラヴレター

    オートマティック・ラヴレターから見たコートニー・ラヴコートニー・ラブ

    各方面から「彼女は、ロック界を代表するヒロインになる」「21世紀のコートニー・ラヴだ」と称賛を浴びる。オートマティック・ラヴレター フレッシュアイペディアより)

  • ローラ・アルバート

    ローラ・アルバートから見たコートニー・ラブコートニー・ラブ

    1999年、J.T.リロイとしての処女小説『Sarah』(邦題:『サラ、神に背いた少年』)が出版。著者の実体験に基いて書かれた小説として大ヒットし、マドンナ、コートニー・ラブ、ウィノナ・ライダーといった著名な芸能人たちの支持を得るまでに至った。ヒットにともない取材の必要が生じた際には、ローラはジェフリーの妹のサバンナを変装させてリロイ役に仕立て上げ、やはりローラがリロイの代理として会見場に同席し、取材に応じていた。ローラ・アルバート フレッシュアイペディアより)

  • ベイブズ・イン・トイランド

    ベイブズ・イン・トイランドから見たコートニー・ラブコートニー・ラブ

    1992年に発売されたアルバム『Fontanelle』のリード・トラックであり、テレビ番組にも使用されヒットした『Bruise Violet』は、以前バンドメイトだったホールのコートニー・ラブを非難する歌だと言われていたが、キャットは否定している。事実、キャットはベビードールを着て歌うスタイルをコートニーが真似をしたと非難していた。キャットは後にホールのセカンド・アルバムに参加したり、2001年にはコートニーがキャットをソングライターとして自らの新バンド(バスタード)に誘ったりとしているため、お互いの仲はそれほど悪くないと思われる。ベイブズ・イン・トイランド フレッシュアイペディアより)

  • COBAIN モンタージュ・オブ・ヘック

    COBAIN モンタージュ・オブ・ヘックから見たコートニー・ラブコートニー・ラブ

    モーゲンはコバーンの寡婦コートニー・ラブからアプローチを受け、2007年からこの映画に携わった。コバーンの伝記作品のうち、家族が全面協力したものとして初である。監督とチームは家族の許可の元、コバーンが残した個人的、また親族によるアーカイヴにアクセスする事が出来た。COBAIN モンタージュ・オブ・ヘック フレッシュアイペディアより)

  • ド・レ・ミ

    ド・レ・ミから見たコートニー・ラブコートニー・ラブ

    1994年に制作され、ボックス・セットの『ウィズ・ザ・ライツ・アウト』に収録される2004年まで発表されなかった。ボックス・セット収録のヴァージョンは、1994年3月にカート・コバーン自ら制作したホーム・デモによる。この曲は、ME and I IV の名でも知られる。コートニー・ラブが偶然見つけた紙のビラにあったもので、歌詞のいくつかの部分はそのビラに記録された。ド・レ・ミ フレッシュアイペディアより)

  • ラリー・フリント (映画)

    ラリー・フリント (映画)から見たコートニー・ラブコートニー・ラブ

    『ラリー・フリント』(原題: The People vs. Larry Flynt)は、ポルノ雑誌出版者・編集者のラリー・フリントの台頭と法廷闘争を描いた、ミロス・フォアマン監督による1996年のアメリカ合衆国の映画。ウディ・ハレルソン、コートニー・ラブ、エドワード・ノートンが主演した。ラリー・フリント (映画) フレッシュアイペディアより)

  • ロラパルーザ

    ロラパルーザから見たコートニー・ラブコートニー・ラブ

    1994年はグランジの絶頂期であると同時に悲劇の年でもあった。ニルヴァーナがこの年のロラパルーザのヘッドライナーとなる予定だったが、彼らは4月7日に出演を辞退した。ボーカル・リードギターのカート・コバーンが遺体で発見されたのは翌4月8日だった。コバーンの未亡人コートニー・ラブは同年のロラパルーザのいくつかの都市のステージに(スマッシング・パンプキンズのボーカル、ビリー・コーガンから時間を譲られて)サプライズゲストとして登場し、コバーンの喪失を聴衆に語った。ロラパルーザ フレッシュアイペディアより)

50件中 11 - 20件表示

「コートニー・ラブ」のニューストピックワード