37件中 11 - 20件表示
  • J.T.リロイ

    J.T.リロイから見たコートニー・ラヴコートニー・ラブ

    また、シャイであるとして公式の場にはいつも長い金髪のカツラと帽子をかぶり、大きなサングラスをかけて登場し、そのミステリアスな雰囲気も相まってカリスマと人気を集めていた。『サラ、いつわりの祈り』の映画化に際して来日もしている。アーシア・アルジェント、ウィノナ・ライダー、コートニー・ラヴ、マリリン・マンソンなど多くの有名人との交友でも注目を集めた。J.T.リロイ フレッシュアイペディアより)

  • フェンダー・ミュージックマスター

    フェンダー・ミュージックマスターから見たコートニー・ラブコートニー・ラブ

    カート・コバーン(ニルヴァーナ) - 65年製を所有。死後、妻のコートニー・ラブからデイヴ・ナヴァロに譲渡された模様。フェンダー・ミュージックマスター フレッシュアイペディアより)

  • キンバリー・スチュワート

    キンバリー・スチュワートから見たコートニー・ラブコートニー・ラブ

    パリス・ヒルトン、ニコール・リッチー、キム・カーダシアン、オズボーン家の子供たち(ケリー・オズボーン、ジャック・オズボーンら)など自分と同じように有名で資産家の親を持つセレブリティと交友がある。また、そのほかに音楽関係者だとコートニー・ラブ、俳優だとバイ・リン、ビジュー・フィリップス、リンジー・ローハンらと交友を持つ。キンバリー・スチュワート フレッシュアイペディアより)

  • プリティー・レックレス

    プリティー・レックレスから見たコートニー・ラブコートニー・ラブ

    モンセンはもう1つの別のインタビューで、バンドのサウンドについて言及した。それは「人々が期待しそうにないもの」であり、暗くて重いサウンドを特徴とするが、「より軽い、楽しいもの」だと述べた。MTVのインタビューにおいてはバンドはビートルズ、オアシス、オーディオスレイヴやサウンドガーデン、ニルヴァーナといったグランジ・ロックバンドに影響を受けていると語った。また、モンセンは個人的にカート・コバーン、デビー・ハリー、ジョーン・ジェット、シェリー・カリー、コートニー・ラブに影響を受けていることを明かしている。プリティー・レックレス フレッシュアイペディアより)

  • ロラパルーザ

    ロラパルーザから見たコートニー・ラブコートニー・ラブ

    1994年はグランジの絶頂期であると同時に悲劇の年でもあった。ニルヴァーナがこの年のロラパルーザのヘッドライナーとなる予定だったが、彼らは4月7日に出演を辞退した。ボーカル・リードギターのカート・コバーンが遺体で発見されたのは翌4月8日だった。コバーンの未亡人コートニー・ラブは同年のロラパルーザのいくつかの都市のステージに(スマッシング・パンプキンズのボーカル、ビリー・コーガンから時間を譲られて)サプライズゲストとして登場し、コバーンの喪失を聴衆に語った。ロラパルーザ フレッシュアイペディアより)

  • ベイブズ・イン・トイランド

    ベイブズ・イン・トイランドから見たコートニー・ラブコートニー・ラブ

    1992年に発売されたアルバム『Fontanelle』のリード・トラックであり、テレビ番組にも使用されヒットした『Bruise Violet』は、以前バンドメイトだったホールのコートニー・ラブを非難する歌だと言われていたが、キャットは否定している。事実、キャットはベビードールを着て歌うスタイルをコートニーが真似をしたと非難していた。キャットは後にホールのセカンド・アルバムに参加したり、2001年にはコートニーがキャットをソングライターとして自らの新バンド(バスタード)に誘ったりとしているため、お互いの仲はそれほど悪くないと思われる。ベイブズ・イン・トイランド フレッシュアイペディアより)

  • メリッサ・オフ・ダ・マー

    メリッサ・オフ・ダ・マーから見たコートニー・ラヴコートニー・ラブ

    その後、パンプキンズのダーシーやホールのジル・エメリといった女性ベーシストに感銘を受けたメリッサは19歳で独学でベースを弾き始め、当時のボーイフレンドであったスティーヴ・デュランドらと共にティンカー(Tinker)というバンドを結成し、EPを1枚リリースした。ティンカーは1993年には再びモントリオールを訪れたパンプキンズの前座を勤めるが、ビリーはメリッサの演奏スタイルやステージ上での存在感を気に入り、1994年6月に彼の元恋人のコートニー・ラヴがヴォーカルを勤めるホールのベーシストにメリッサを推薦した。当時まだ大学生だったメリッサはボーイフレンドを残してアメリカに移住することに難色を示し一度はこのオファーを断るが、ビリーや父親のニック、そしてコートニーから直々に電話で説得を受け、大学を中退してホールに加入する事を決意した。メリッサ・オフ・ダ・マー フレッシュアイペディアより)

  • Spin Aqua

    Spin Aquaから見たコートニー・ラブコートニー・ラブ

    作詞・作曲: Courtney Love, Billy Corgan, Eric ErlandsonSpin Aqua フレッシュアイペディアより)

  • プッシー・ライオット

    プッシー・ライオットから見たコートニー・ラブコートニー・ラブ

    被告たちは、以下のような多数のミュージシャンたちからの支持表明を受けている:ケイト・ナッシュ (Kate Nash)、レッド・ホット・チリ・ペッパーズ、スティング、ピーター・ガブリエル、コーナーショップ、フェイス・ノー・モア、フランツ・フェルディナンドのアレックス・カプラノス (Alex Kapranos)、 ペット・ショップ・ボーイズのニール・テナント、パティ・スミス、ビースティ・ボーイズ、Refused、Zola Jesus、ダイ・アントワード、ジャーヴィス・コッカー、 ピート・タウンゼント、ザ・ジョイ・フォーミダブル、Peaches, マドンナ、ジェネシス、Tegan and Sara、ジョニー・マー、コートニー・ラブ、イーロ・ランタラ、Propagandhi、アンタイ・フラッグ,、コリーヌ・ベイリー・レイ、Kathleen Hanna,、ビョーク、オノ・ヨーコ。イギリスのコメディアン、スティーヴン・フライや、元コメディアンでアイスランド、レイキャビック市長 Jón Gnarr もバンドへの支持を表明している。プッシー・ライオット フレッシュアイペディアより)

  • オートマティック・ラヴレター

    オートマティック・ラヴレターから見たコートニー・ラヴコートニー・ラブ

    各方面から「彼女は、ロック界を代表するヒロインになる」「21世紀のコートニー・ラヴだ」と称賛を浴びる。オートマティック・ラヴレター フレッシュアイペディアより)

37件中 11 - 20件表示

「コートニー・ラブ」のニューストピックワード