37件中 21 - 30件表示
  • ギブス (曲)

    ギブス (曲)から見たコートニー・ラヴコートニー・ラブ

    表題曲「ギブス」は椎名がデビュー前に製作された曲で、当時交際していた男性への思いを綴った歌である。歌詞にアメリカのバンド「ニルヴァーナ」の亡きボーカルのカート・コバーンとその妻のコートニー・ラヴが出てくるが、ただ単に当時交際していた男性がニルヴァーナが好きだっただけで歌詞に登場させたので、椎名は特別にニルヴァーナが好きではないとインタビューで語っている。後半の歌詞に「また4月?」というフレーズが出てくるが偶然にもカート・コバーンの亡くなった月が4月だったため、インタビュアーに「4月と知っていて意図的に書いたのか?」と聞かれ椎名は困惑した。ギブス (曲) フレッシュアイペディアより)

  • スティーヴ・クーガン

    スティーヴ・クーガンから見たコートニー・ラブコートニー・ラブ

    私生活では、2002年にキャロライン・ヒックマンと結婚。娘クレアが誕生するが2005年に離婚。過去にコートニー・ラブと交際している時期があった。スティーヴ・クーガン フレッシュアイペディアより)

  • パリス・ヒルトン

    パリス・ヒルトンから見たコートニー・ラブコートニー・ラブ

    2007年、パリスの誕生日パーティに招かれたコートニー・ラブが自身のウェブサイトで、パリスとニコール・リッチーが出演する番組「シンプルライフ」で彼女らが子供たちのカウンセラーを務めることに懸念を示した。その理由としてパリスの誕生日パーティに招かれた際に、パリスの自宅のトイレにドラッグが置いてあったからだと暴露した。パリス・ヒルトン フレッシュアイペディアより)

  • KERA

    KERAから見たコートニー・ラブコートニー・ラブ

    休刊中。「KERA」の内容をさらに豊かにしている。毎号にテーマがあり、それに沿った特集をしている。主な内容は、コートニー・ラブなどの洋楽アーティストの特集やスナップの海外編、抽選応募企画など。大抵、毎号の表紙を飾るのは映画「下妻物語」出演の女優深田恭子、音楽アーティストの土屋アンナ。他、タレントのベッキーなど。KERA フレッシュアイペディアより)

  • 日暮愛葉

    日暮愛葉から見たコートニー・ラブコートニー・ラブ

    音楽のカテゴリーとしては、オルタナティヴロックと呼ばれる領域が近い。日暮の風貌やキャラクターはソニック・ユースのキム・ゴードンやホールのコートニー・ラブを彷彿とさせる。初期はコアなインディーズシーンでラウド気味なオルタナティヴロックを奏でていたが、時期が経つにつれ、よりポップでシンプルな面が強調されるようになってくる。日暮愛葉 フレッシュアイペディアより)

  • ケイト・モス

    ケイト・モスから見たコートニー・ラブコートニー・ラブ

    コートニー・ラブと90年代にイタリア・ミラノにてレズビアン初体験をしている。ケイト・モス フレッシュアイペディアより)

  • ラリー・フリント (映画)

    ラリー・フリント (映画)から見たコートニー・ラブコートニー・ラブ

    『ラリー・フリント』(原題: The People vs. Larry Flynt)は、ポルノ雑誌出版者・編集者のラリー・フリントの台頭と法廷闘争を描いた、ミロス・フォアマン監督による1996年のアメリカ合衆国の映画。ウディ・ハレルソン、コートニー・ラブ、エドワード・ノートンが主演した。ラリー・フリント (映画) フレッシュアイペディアより)

  • ゴースト・オブ・マーズ

    ゴースト・オブ・マーズから見たコートニー・ラブコートニー・ラブ

    当初メラニーを演じる予定のコートニー・ラブが怪我のために降板するも、撮影2週間前、デスカンソ役リーアム・ウェイトの推薦により、当時婚約中であったナターシャ・ヘンストリッジが起用される。ナターシャ・ヘンストリッジは撮影までの準備期間が少ない中、大半のアクションを自らこなし、DVDオーディオ・コメンタリー収録時には妊娠中である。ゴースト・オブ・マーズ フレッシュアイペディアより)

  • ジュリアン・カサブランカス

    ジュリアン・カサブランカスから見たコートニー・ラブコートニー・ラブ

    コートニー・ラブの2004年のアルバム「America's Sweetheart」に収録されている曲"But Julian, I'm a Little Bit Older Than You"のジュリアンとはジュリアン・カサブランカスのことであり、彼に向けて書かれた曲である。ジュリアン・カサブランカス フレッシュアイペディアより)

  • ゲイ・アイコン

    ゲイ・アイコンから見たコートニー・ラブコートニー・ラブ

    ステージでの奔放な振る舞いや権威をものともしない性格で有名なロックミュージシャンのコートニー・ラブは1990年代中盤のゲイ・アイコンとされ、彼女のバンドホールがリリースした3枚目のアルバムLive Through Thisはマルチプラチナアルバムとなった。ラブ自身の私生活はドラッグに溺れたものであったが、彼女の生い立ちや落ち込みを見せる姿、アーティストとしての激しさ全てがゲイ・アイコンとなる要素を備えていた。ラブは十代から二十代の初めまでゲイ男性やドラァグクイーン達と交流を重ねた時期があった。ラブの熱狂的なゲイファン層については、2010年にホールの4枚目のアルバムがリリースされた際にNew York Press articleにて語られた。ゲイ・アイコン フレッシュアイペディアより)

37件中 21 - 30件表示

「コートニー・ラブ」のニューストピックワード