50件中 31 - 40件表示
  • ゲイ・アイコン

    ゲイ・アイコンから見たコートニー・ラブコートニー・ラブ

    ステージでの奔放な振る舞いや権威をものともしない性格で有名なロックミュージシャンのコートニー・ラブは1990年代中盤のゲイ・アイコンとされ、彼女のバンドホールがリリースした3枚目のアルバムLive Through Thisはマルチプラチナアルバムとなった。ラブ自身の私生活はドラッグに溺れたものであったが、彼女の生い立ちや落ち込みを見せる姿、アーティストとしての激しさ全てがゲイ・アイコンとなる要素を備えていた。ラブは十代から二十代の初めまでゲイ男性やドラァグクイーン達と交流を重ねた時期があった。ラブの熱狂的なゲイファン層については、2010年にホールの4枚目のアルバムがリリースされた際にNew York Press articleにて語られた。ゲイ・アイコン フレッシュアイペディアより)

  • 日暮愛葉

    日暮愛葉から見たコートニー・ラブコートニー・ラブ

    1990年代初頭にバンド「SEAGULL SCREAMING KISS HER KISS HER」を結成。バンド名はロックバンドXTCの曲名から。インディーズで活動しながら他のメンバーの参加、脱退を何度か経てボーカル&ギター:日暮愛葉、ベース:小山ナオ、ドラムス:唐島孝治のスリーピースバンドに落ち着く。3人の編成が固まった頃、日暮が主宰するインディーズレーベル「パムグリア」からファーストフルアルバム『Give Them Back To Me』を発表。当時としては珍しく最初から海外での活動を念頭に置き、そのサウンドはもちろん、ライオットガール的な佇まいからして、他の日本のバンドとは一線を画す存在であった。Buffalo DaughterやCIBO MATTOらと共に、海外の空気を含んだ、新しいバンドの文脈を形成。音楽のカテゴリーとしては、オルタナティヴロックと呼ばれる領域が近い。日暮の風貌やキャラクターはソニック・ユースのキム・ゴードンやホールのコートニー・ラブを彷彿とさせる。初期はコアなインディーズシーンでラウド気味なオルタナティヴ・ロックを奏でていたが、時期が経つにつれ、よりポップでシンプルな面が強調されるようになってくる。2002年のSEAGULL活動休止以降はソロ、LOVES.、THE GIRLと様々な名義で活動を続けてきたが、2014年にSEAGULLの活動を再開する。日暮愛葉 フレッシュアイペディアより)

  • カート・コバーンの死

    カート・コバーンの死から見たコートニー・ラヴコートニー・ラブ

    死の直前彼はリハビリ施設を脱走しており、妻であるコートニー・ラヴの関与も疑われている。カート・コバーンの死 フレッシュアイペディアより)

  • 矢沢あい

    矢沢あいから見たコートニー・ラブコートニー・ラブ

    母娘共に矢沢あいのファンだった縁でコートニー・ラブのアルバム『アメリカズ・スウィートハート』の邦版ジャケットに、彼女をモデルにしたキャラクター『愛姫』を書き下ろす。ロッキング・オン社「コミックH」(2004年3月号 vo.10) で、このコラボレイトについてインタビューを受けている。新書館 で連載中の『Princess Ai―プリンセス・アイ物語』には関わっていない。矢沢あい フレッシュアイペディアより)

  • 土屋アンナ

    土屋アンナから見たコートニー・ラヴコートニー・ラブ

    しかし、中学生になったばかりの頃にクイーンを聴いて、「ただキレイに歌っている音楽はつまらない」「何だか知らないけどパワーがある、これがロックなんだ」と思うようになった。それ以前にも、当時流行っていたリンプ・ビズキットなどのロックを聴いたことはあったが、クイーンを聴いて本物のロックを知った気がした。そこからいろんなロックバンドを聴くようになり、ボン・ジョヴィ、ハノイ・ロックス、エアロスミス、ガンズ・アンド・ローゼスなどを経て、やがてニルヴァーナやホールのコートニー・ラヴに行きついた。激しいがなぜか美しさも感じる音楽を好きになったことで、「音楽をやるのなら、自分も人間的に奇麗なだけじゃなく汚れた部分もあるのだから、そういう部分をちゃんと出して人間臭くロックをやりたい」と思うようになった。土屋アンナ フレッシュアイペディアより)

  • ギブス (曲)

    ギブス (曲)から見たコートニー・ラヴコートニー・ラブ

    「ギブス」の歌詞には3rdシングル「ここでキスして。」に登場のシド&ナンシーに代わってアメリカのバンド「ニルヴァーナ」のボーカル、故カート・コバーンとその妻のコートニー・ラヴの名前が出てくるが、椎名によればニルヴァーナ・ファンだった当時の交際相手の受け売りであり、自身はそれほど影響を受けたわけでもないという。リリースにあたって歌詞を変えることも考えたが、「それはそれでその時の私なんだから」ということでそのままとなった。ギブス (曲) フレッシュアイペディアより)

  • ポートランド (オレゴン州)

    ポートランド (オレゴン州)から見たコートニー・ラブコートニー・ラブ

    ポートランドを代表するバンドに、キングスメンとポール・リビア&ザ・レイダースがあり、ともに『ルイ・ルイ』で有名となった。その他、ザ・ダンディ・ウォーホルズ、エバークリア、モデスト・マウス、ピンク・マティーニ、スリーター・キニー、シンズ、ブリッツェン・トラッパー、ディセンバリスツ、また今は故人となってしまったがエリオット・スミスなどが有名である。市内にあるサティリコン・ナイトクラブはニルヴァーナのリーダーだった故カート・コバーンが、後に妻となるロックミュージシャンのコートニー・ラブと出会った場所として有名である。ポートランド (オレゴン州) フレッシュアイペディアより)

  • オレゴン州の音楽

    オレゴン州の音楽から見たコートニー・ラブコートニー・ラブ

    ポートランドでは1980年代にハードコア・パンクが隆盛し、太平洋岸北西部地域ではシアトル、バンクーバーと並び称される存在となった。ワイパーズとポイゾン・アイディアは、このジャンルにおける代表的なバンドである。特にワイパーズはグランジの影響が強く見られる。これらのバンドは、ザ・メット(現在はダンテズ)やザ・サティリコンといったクラブで演奏し、カルト・コメディアンのビル・ヒックスとも親交があった。1980年代に活動したハードコア・バンドでは、ポイゾン・アイディア、ザ・ワイパーズの他、ロックジョー、ファイナル・ワーニング、ザ・ラッツなどが知られる。ホールのリードボーカルであるコートニー・ラブはポートランドで育ち、当時のポートランドのパンク・シーンで活動していた。ラブがニルヴァーナのカート・コベインと最初に知り合ったのは、1989年のサティリコン・クラブであった。オレゴン州の音楽 フレッシュアイペディアより)

  • ニルヴァーナ (アメリカ合衆国のバンド)

    ニルヴァーナ (アメリカ合衆国のバンド)から見たコートニー・ラブコートニー・ラブ

    カートの死後、ライブ版を含む何枚かのアルバムがリリースされている。2人の残ったメンバーであるグロールとノヴォセリック及び妻のコートニー・ラブは、レア音源やリリースされていない曲の発表に関する問題で激しく議論した。2002年10月29日に法廷で決着がつき、ヒット曲やカート生前最後のレコーディング音源である未発表曲「You Know You're Right」を含むアルバム『ニルヴァーナ - Nirvana - 』が発表された。ニルヴァーナ (アメリカ合衆国のバンド) フレッシュアイペディアより)

  • デイヴ・グロール

    デイヴ・グロールから見たコートニー・ラヴコートニー・ラブ

    カートの妻であったコートニー・ラヴとは犬猿の仲で知られており、時折両者の誹謗中傷の応戦がマスコミを通じて行われることもあるが、現在は和解した模様。デイヴ・グロール フレッシュアイペディアより)

50件中 31 - 40件表示

「コートニー・ラブ」のニューストピックワード