36件中 11 - 20件表示
  • コートニー・ラブ

    コートニー・ラブから見たジミ・ヘンドリックス

    グレイトフル・デッド(Grateful Dead)の信奉者だったハンク・ハリソン(Hank Harrison)と、心理学者のリンダ・キャロル(Linda Caroll)との間にラブ・ミッチェル・ハリソン(Love Michelle Harrison)として生まれる。アメリカ国内を転々とし、一時オレゴン州で過ごす。幼少の頃に、ジミ・ヘンドリックスのアルバム『エレクトリック・レディランド』の裏ジャケットに写った。10代は、ストリッパーとして、アイルランド、日本、台湾、リバプールなどへも渡り、バンドのグルーピーをしたり、自らもいくつかのバンドを組んでいた。一時は、フェイス・ノー・モアのヴォーカルも務めていたが、歌があまり上手くないことを理由に解雇される。コートニー・ラブ フレッシュアイペディアより)

  • コートニー・ラブ

    コートニー・ラブから見たフェイス・ノー・モア

    グレイトフル・デッド(Grateful Dead)の信奉者だったハンク・ハリソン(Hank Harrison)と、心理学者のリンダ・キャロル(Linda Caroll)との間にラブ・ミッチェル・ハリソン(Love Michelle Harrison)として生まれる。アメリカ国内を転々とし、一時オレゴン州で過ごす。幼少の頃に、ジミ・ヘンドリックスのアルバム『エレクトリック・レディランド』の裏ジャケットに写った。10代は、ストリッパーとして、アイルランド、日本、台湾、リバプールなどへも渡り、バンドのグルーピーをしたり、自らもいくつかのバンドを組んでいた。一時は、フェイス・ノー・モアのヴォーカルも務めていたが、歌があまり上手くないことを理由に解雇される。コートニー・ラブ フレッシュアイペディアより)

  • コートニー・ラブ

    コートニー・ラブから見たヴォーカル

    コートニー・ラブ(Courtney Love, 1964年7月9日 - )は、アメリカ合衆国カリフォルニア州出身のミュージシャン(歌手、作詞家)で、ハリウッド女優でもある。ホール(hole)のヴォーカルとギターを担当した。また、ニルヴァーナのカート・コバーンの妻としても有名。カートとの間に生まれた娘のフランシス・ビーンも、モデルとして活動している。コートニー・ラブ フレッシュアイペディアより)

  • コートニー・ラブ

    コートニー・ラブから見たアレックス・コックス

    彼女の映画女優としての第一歩は、1986年、アレックス・コックス(Alex Cox)監督の『シド・アンド・ナンシー(Sid and Nancy)』での端役、1987年では、同監督の『ストレート・トゥ・ヘル』で、ジョー・ストラマー、ザ・ポーグス、エルヴィス・コステロなどのミュージシャンと共に出演している。これらの作品は商業的には振るわず、一度は女優の夢を諦めたかに見えた。しかし、カートの死後は本格的に女優業に取り組んでいった。特に、1996年のミロス・フォアマン(Milos Forman)監督『ラリー・フリント(The People vs. Larry Flynt)』では、ニューヨーク映画批評家協会賞とボストン映画批評家協会賞の助演女優賞、シカゴ映画批評家協会賞の有望女優賞を受賞。1997年のゴールデングローブ賞 主演女優賞(ドラマ部門) にもノミネートされ、女優としての地位を確立する。コートニー・ラブ フレッシュアイペディアより)

  • コートニー・ラブ

    コートニー・ラブから見たカート・コバーン

    コートニー・ラブ(Courtney Love, 1964年7月9日 - )は、アメリカ合衆国カリフォルニア州出身のミュージシャン(歌手、作詞家)で、ハリウッド女優でもある。ホール(hole)のヴォーカルとギターを担当した。また、ニルヴァーナのカート・コバーンの妻としても有名。カートとの間に生まれた娘のフランシス・ビーンも、モデルとして活動している。コートニー・ラブ フレッシュアイペディアより)

  • コートニー・ラブ

    コートニー・ラブから見たホール (バンド)

    コートニー・ラブ(Courtney Love, 1964年7月9日 - )は、アメリカ合衆国カリフォルニア州出身のミュージシャン(歌手、作詞家)で、ハリウッド女優でもある。ホール(hole)のヴォーカルとギターを担当した。また、ニルヴァーナのカート・コバーンの妻としても有名。カートとの間に生まれた娘のフランシス・ビーンも、モデルとして活動している。コートニー・ラブ フレッシュアイペディアより)

  • コートニー・ラブ

    コートニー・ラブから見たカリフォルニア州

    コートニー・ラブ(Courtney Love, 1964年7月9日 - )は、アメリカ合衆国カリフォルニア州出身のミュージシャン(歌手、作詞家)で、ハリウッド女優でもある。ホール(hole)のヴォーカルとギターを担当した。また、ニルヴァーナのカート・コバーンの妻としても有名。カートとの間に生まれた娘のフランシス・ビーンも、モデルとして活動している。コートニー・ラブ フレッシュアイペディアより)

  • コートニー・ラブ

    コートニー・ラブから見たグラミー賞

    女優業に邁進する余り、ホールとしての活動は停止状態に陥っていたが、1998年に、3枚目のアルバム『セレブリティ・スキン(Celebrity Skin)』を発売。スマッシング・パンプキンス(Smashing Pumpkins)のビリー・コーガン(Billy Corgan)も参加し、前作以上の期待を持たれた作品であったが、レコード会社との契約問題から、終にはユニバーサルミュージックを相手取って訴訟にまで発展した。ミュージシャンの著作権保護の問題と直結したこの争いはマスコミにも注目され、アルバムはグラミー賞にもノミネートされたが、結局、ホールは2002年5月正式に、活動停止を宣言した。コートニー・ラブ フレッシュアイペディアより)

  • コートニー・ラブ

    コートニー・ラブから見たニューヨーク映画批評家協会賞

    彼女の映画女優としての第一歩は、1986年、アレックス・コックス(Alex Cox)監督の『シド・アンド・ナンシー(Sid and Nancy)』での端役、1987年では、同監督の『ストレート・トゥ・ヘル』で、ジョー・ストラマー、ザ・ポーグス、エルヴィス・コステロなどのミュージシャンと共に出演している。これらの作品は商業的には振るわず、一度は女優の夢を諦めたかに見えた。しかし、カートの死後は本格的に女優業に取り組んでいった。特に、1996年のミロス・フォアマン(Milos Forman)監督『ラリー・フリント(The People vs. Larry Flynt)』では、ニューヨーク映画批評家協会賞とボストン映画批評家協会賞の助演女優賞、シカゴ映画批評家協会賞の有望女優賞を受賞。1997年のゴールデングローブ賞 主演女優賞(ドラマ部門) にもノミネートされ、女優としての地位を確立する。コートニー・ラブ フレッシュアイペディアより)

  • コートニー・ラブ

    コートニー・ラブから見た著作権

    女優業に邁進する余り、ホールとしての活動は停止状態に陥っていたが、1998年に、3枚目のアルバム『セレブリティ・スキン(Celebrity Skin)』を発売。スマッシング・パンプキンス(Smashing Pumpkins)のビリー・コーガン(Billy Corgan)も参加し、前作以上の期待を持たれた作品であったが、レコード会社との契約問題から、終にはユニバーサルミュージックを相手取って訴訟にまで発展した。ミュージシャンの著作権保護の問題と直結したこの争いはマスコミにも注目され、アルバムはグラミー賞にもノミネートされたが、結局、ホールは2002年5月正式に、活動停止を宣言した。コートニー・ラブ フレッシュアイペディアより)

36件中 11 - 20件表示

「コートニー・ラブ」のニューストピックワード