前へ 1 2 3 4 5 6
52件中 1 - 10件表示
  • コーナン

    コーナンから見た伊藤忠エネクス

    2008年(平成20年) - 港南株式会社の石油販売事業及び石油製品小売業であるコーナンフリート株式会社(現:エネクスフリート株式会社)を伊藤忠エネクスへ売却。これにより創業事業である石油製品小売業から手を引く(ホームセンターで一部灯油の取り扱いはある)。コーナン フレッシュアイペディアより)

  • コーナン

    コーナンから見た大阪証券取引所

    1996年(平成8年) - 大阪証券取引所第2部に上場。コーナン フレッシュアイペディアより)

  • コーナン

    コーナンから見たワークマン

    ワークマン(作業服専門店)などに対抗して、早朝から開店する店もある。ただし開いているフロアは原則として資材館(工事資材・工事用品など)のみに限定される。コーナン フレッシュアイペディアより)

  • コーナン

    コーナンから見た上新電機

    大阪をはじめ近畿地方を地盤としているが、滋賀県ではアヤハディオが強いこともあり、草津店(コーナン+生鮮スーパーハズイ+ジョーシンの複合型)のみの出店に留まっている(以前存在した大津市の雄琴店は2006年2月19日をもって閉店)。2000年代以降では名古屋市や東京、千葉県にも出店し、多店舗化を計っており、経営破綻したオサダが退去した店舗に出店することで、九州に約15年ぶりに再進出した。しかし同時に、年間数軒はスクラップアンドビルドによって閉店しており、特に九州地区は福岡空港店が1年経たずに撤退するなど不振なため、新規出店を凍結したが、2011年に八女店を出店した。コーナン フレッシュアイペディアより)

  • コーナン

    コーナンから見たライフコーポレーション

    ホームセンターは郊外部に出店することが多いが、コーナンの場合は大阪府中心部にも出店しているのが特徴で、ジョーシン(家電量販店)、ライフ(食品スーパー)、コーナンなどの1棟同居型(コーナン+食品スーパー(地域により異なる)+大型専門店、家電量販店)といったタイプの店舗も多数あり、利便性を獲得している。コーナン フレッシュアイペディアより)

  • コーナン

    コーナンから見た堺市

    コーナンは、ホームセンターコーナン(HC)、コーナンPRO(コーナンプロ)、コーナンホームストック(home stock)の名称でホームセンターを近畿地方を中心に営業しているチェーンである。コーナン商事株式会社が運営している。本社は、大阪府堺市西区に所在する。コーナン フレッシュアイペディアより)

  • コーナン

    コーナンから見た涼紫央

    涼紫央(元宝塚歌劇団星組男役スター、コーナン商事代表取締役社長 疋田耕造の娘)コーナン フレッシュアイペディアより)

  • コーナン

    コーナンから見たオサダ

    2004年(平成16年) - ディスカウントストアのオサダが経営破綻。小戸店(→めいのはま店)、大塔店を取得。コーナン フレッシュアイペディアより)

  • コーナン

    コーナンから見た四国

    店舗は近畿を中心に、東北(宮城県)・関東(東京都、神奈川県、千葉県)・中部・中国・四国・九州(福岡、長崎)地方で展開(2010年2月末現在)。コーナン フレッシュアイペディアより)

  • コーナン

    コーナンから見たコンビニエンスストア

    Deep Discount & Convenience Home Center(安さと利便性を追求した小型ホームセンター)を店舗コンセプトに、人口8,000 - 1万5,000人の商圏を対象にしている。自社開発商品である「毎日がお得値品(EDLP)」を核としたコンビニ型ホームセンターで、売り場面積は300坪、取り扱い商品数は2万2,000商品となっている。コーナン フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6
52件中 1 - 10件表示

「コーナン商事」のニューストピックワード