前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9
85件中 1 - 10件表示
  • 役員 (会社)

    役員 (会社)から見たコーポレート・ガバナンスコーポレート・ガバナンス

    アングロサクソン系の法人では、企業統治の観念が普及したことで、日本の会社経営とその運営の内容が異なる。アングロサクソン型の企業統治のもっとも重要な特徴は、株主の利権を代表するべき取締役会と会社の経営陣が、組織機能において明確に分離されていることである。さらに、上場会社であれば、取締役会の構成員である取締役の過半数は、会社の部外者(社外取締役)で構成されていることがほとんどで、会社を直接運営する経営陣が、株主の利権を代表する取締役会によって監視される構造が出来上がっている。役員 (会社) フレッシュアイペディアより)

  • 日本ボクシングコミッション事件

    日本ボクシングコミッション事件から見たコーポレート・ガバナンスコーポレート・ガバナンス

    2011年6月27日、安河内は谷口同席の下でB1から、安河内を本部事務局長から平職員に降格し、代わってB4を本部事務局長とすること、給与の減額、国際業務をはじめとするそれまでの業務からの排除、他の事務所への配置転換など、翌日の理事会で決議される処分の内容等を知らされた。安河内はB1に対し、怪文書や通告書に記載されているような不正行為は一切行っていないこと、国際業務や暴力団排除を含む社会貢献活動など自分がこれまで取り組んできた業務の必要性や重大性を訴え、考え直してほしいと要請した。配置転換に関しては前例がなく、配置転換するような事務所もなく、またA1やA2に累が及ぶことを心配したためである。しかしB1がこれを聞き入れなかったため、安河内はB1に対し、「怪文書の件以降、JBCがガバナンス機能を失ってきた。今後、この騒動が不必要に拡大していった原因を調査し、その原因を作った職員らに対してしかるべき処置をしてほしい。」と依頼し、退出した。日本ボクシングコミッション事件 フレッシュアイペディアより)

  • 村上世彰

    村上世彰から見たコーポレート・ガバナンスコーポレート・ガバナンス

    M&Aコンサルティングを核とする村上ファンドを創設した人物。大学卒業後、通商産業省(現経済産業省)に入省し公務員として約16年勤務する中で、日本経済の永続的な成長のためにはコーポレート・ガバナンスが大切であることを実感し、自らがプレーヤーとなって変えていこうと決意して40歳を目前にファンドを立ち上げる。現金や遊休優良資産を抱えていながら有効活用していない上場会社の株式を取得し、日本の株主の(もしくは一般化された日本人像として)多くが経営関与には消極的な中で、積極的に株主提案を行い企業価値の向上を計り、株主を軽視する経営者に対しては株主総会などで経営陣を批判・叱咤することなどから、「もの言う株主」として注目を集めた。投資対象とした会社の株を購入した上で、利益の上がる事業に専念させて会社の株主価値向上を目指す投資手法を採った。代表的な案件に、東京スタイル、ニッポン放送、阪神電鉄などがある。投資規模が拡大の一途をたどる最中、ファンド設立から6年後、いまだ法的解釈は賛否両論あるものの、ニッポン放送株式のインサイダー取引の容疑で逮捕された。村上世彰 フレッシュアイペディアより)

  • アンドレ・シュライファー

    アンドレ・シュライファーから見たコーポレート・ガバナンスコーポレート・ガバナンス

    アンドレ・シュライファー(Andrei Shleifer、1961年2月20日 - )は、モスクワ生まれでロシア系アメリカ人の経済学者である。ハーバード大学教授であり、専門は行動ファイナンス、法律原因理論(法律とファイナンス理論)、コーポレート・ガバナンス(企業統治)、制度経済学、転換期の経済学(特にロシア)である。(わが国では、アンドレイ・シュレイファーと呼ぶ人も多い。)アンドレ・シュライファー フレッシュアイペディアより)

  • 日本監査役協会

    日本監査役協会から見たコーポレート・ガバナンスコーポレート・ガバナンス

    「監査役はコーポレート・ガバナンスを担うものとして、公正不偏の姿勢を貫き、広く社会と企業の健全かつ持続的な発展に貢献する。」日本監査役協会 フレッシュアイペディアより)

  • エリサ法

    エリサ法から見たコーポレート・ガバナンスコーポレート・ガバナンス

    エリサ法は、企業年金を運用する機関投資家に対して受託者責任を課すことで、機関投資家が自らのコーポレート・ガバナンスを拡充するよう、促している。エリサ法 フレッシュアイペディアより)

  • 欧州保険・企業年金監督局

    欧州保険・企業年金監督局から見たコーポレート・ガバナンスコーポレート・ガバナンス

    欧州保険・企業年金監督局の中核的責任は金融制度の安定、市場や金融商品の透明性、保険契約者、年金制度加入者および受給者の保護を支援することである。欧州保険・企業年金監督局も保険事業、再保険事業、金融コングロマリット、企業退職者準備金や保険仲介者団体の分野で活動することが欧州保険・企業年金監督局規則第1.2条に言及されており、これにコーポレート・ガバナンス問題を含み、会計検査と財務報告は当局による行為が効果的で一貫した適用を確保するために必要であると定めた。欧州保険・企業年金監督局 フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木誠 (経済学者)

    鈴木誠 (経済学者)から見たコーポレート・ガバナンスコーポレート・ガバナンス

    鈴木 誠(すずき まこと、1964年 - )は、日本の経済学者。経済学博士。文教大学情報学部准教授。研究分野は、コーポレート・ガバナンス、コーポレート・ファイナンス、応用ミクロ経済学、年金資産運用などファイナンス分野。鈴木誠 (経済学者) フレッシュアイペディアより)

  • 吉森賢

    吉森賢から見た企業統治コーポレート・ガバナンス

    吉森 賢(よしもり まさる、1938年 - )は、日本の経営学者。横浜国立大学名誉教授、放送大学客員教授。中央大学非常勤講師。専門は企業統治、企業理念、企業戦略、比較経営、国際経営。福岡県出身。吉森賢 フレッシュアイペディアより)

  • サン綜合法律事務所

    サン綜合法律事務所から見たコーポレート・ガバナンスコーポレート・ガバナンス

    サン綜合法律事務所(さんそうごうほうりつじむしょ)は、日本の法律事務所。労働事件、知的財産、コーポレート・ガバナンス、M&A、不祥事の調査等の企業法務の他、金融商品取引法違反、独占禁止法違反等の刑事事件などを扱う。サン綜合法律事務所 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9
85件中 1 - 10件表示

「コーポレート・ガバナンス」のニューストピックワード