43件中 11 - 20件表示
  • 久保利英明

    久保利英明から見たコーポレート・ガバナンスコーポレート・ガバナンス

    司法修習修了後、当時4名しかいなかった森綜合法律事務所に入所。スモン訴訟や労働事件などの社会的事件を手がける一方で、いわゆるビジネス弁護士の草分けとして、「適法経営(コンプライアンス)」「企業統治(コーポレート・ガバナンス)」といった考え方を早くから提唱、大型倒産事件、総会屋対策などで活躍して広く名を知られるようになった。M&Aや知的財産法務の第一人者でもある。久保利英明 フレッシュアイペディアより)

  • 久保利英明

    久保利英明から見た企業統治コーポレート・ガバナンス

    司法修習修了後、当時4名しかいなかった森綜合法律事務所に入所。スモン訴訟や労働事件などの社会的事件を手がける一方で、いわゆるビジネス弁護士の草分けとして、「適法経営(コンプライアンス)」「企業統治(コーポレート・ガバナンス)」といった考え方を早くから提唱、大型倒産事件、総会屋対策などで活躍して広く名を知られるようになった。M&Aや知的財産法務の第一人者でもある。久保利英明 フレッシュアイペディアより)

  • 小島大徳

    小島大徳から見たコーポレート・ガバナンスコーポレート・ガバナンス

    小島 大徳(こじま ひろとく、1975年3月27日 - )は、日本の経営学者。岐阜県関市出身。神奈川大学経営学部・神奈川大学大学院経営学研究科准教授。専門は経営学、コーポレート・ガバナンス(企業統治)論。2004年に博士論文『コーポレート・ガバナンス原則に関する研究』にて博士(経営学)を取得。学部と大学院では、鈴木輝二教授(現、Kozminski University, professor of Law)と、平田光弘名誉教授(現、一橋大学名誉教授、星城大学名誉教授、中央学院大学大学院特任教授)に師事する。小島大徳 フレッシュアイペディアより)

  • 小島大徳

    小島大徳から見た企業統治コーポレート・ガバナンス

    小島 大徳(こじま ひろとく、1975年3月27日 - )は、日本の経営学者。岐阜県関市出身。神奈川大学経営学部・神奈川大学大学院経営学研究科准教授。専門は経営学、コーポレート・ガバナンス(企業統治)論。2004年に博士論文『コーポレート・ガバナンス原則に関する研究』にて博士(経営学)を取得。学部と大学院では、鈴木輝二教授(現、Kozminski University, professor of Law)と、平田光弘名誉教授(現、一橋大学名誉教授、星城大学名誉教授、中央学院大学大学院特任教授)に師事する。小島大徳 フレッシュアイペディアより)

  • 上場企業会計改革および投資家保護法

    上場企業会計改革および投資家保護法から見たコーポレート・ガバナンスコーポレート・ガバナンス

    監査の独立性強化、コーポレート・ガバナンス(企業統治)の改革、情報開示の強化、説明責任など様々な規定がある。すべて企業会計・財務諸表の信頼性確保のための規定である。上場企業会計改革および投資家保護法 フレッシュアイペディアより)

  • ノエビアホールディングス

    ノエビアホールディングスから見たコーポレート・ガバナンスコーポレート・ガバナンス

    そこで、ノエビアグループの持つ経営資源を最大限に活用できるようにこれまでノエビアで行っていたグループ経営の機能と事業推進の機能を明確に分離することで企業価値を最大限に発揮し、コーポレート・ガバナンスやグループ戦略機能の強化を目的にノエビアからの単独株式移転により持株会社である当社を設立することとなった。ノエビアホールディングス フレッシュアイペディアより)

  • オリンパスメディカルシステムズ

    オリンパスメディカルシステムズから見た企業統治コーポレート・ガバナンス

    オリンパスの医療事業グループはこれまでに複数の欧米の医療機器メーカーを買収して子会社化しており、2011年(平成23年)にオリンパス本体の社長に就任したマイケル・ウッドフォードは、イギリスの医療子会社キーメッド(KeyMed)の出身である。また、2008年(平成20年)に子会社化したイギリスの医療メーカー、ジャイラス(Gyrus)の買収に際しては、詳細不明の投資アドバイザーに対してオリンパスから支払われたコンサルタント料が異常に高額であったものの株主らステークホルダーに対して何ら説明がされていないことが後に明らかになり、企業統治の不健全さ及び有価証券報告書の虚偽記載の観点から大規模な経営スキャンダルに発展した(→ オリンパス)オリンパスメディカルシステムズ フレッシュアイペディアより)

  • ITガバナンス

    ITガバナンスから見たコーポレート・ガバナンスコーポレート・ガバナンス

    ITガバナンス()はITへの投資・効果・リスクを継続的に最適化する為の組織的な仕組みのこと。コーポレート・ガバナンスから派生した概念で、2002年4月に起きたみずほ銀行のシステム統合における障害発生を皮切りに声高に叫ばれるようになった。ITガバナンス フレッシュアイペディアより)

  • 川北博

    川北博から見た企業統治コーポレート・ガバナンス

    会計学を主な研究対象としており、公認会計士や監査法人代表としての経験から、監査論を専門としている。企業監査に関する著書も多く、サーベンス・オクスリー法、内部統制や企業統治について造詣が深い。「日本版SOX法」導入が迫る2007年時点での日本の現状について「多くの関係者が理解不足のなか、誤った理解に基づいて多くの企業が内部統制の構築に取り組んでいる」と厳しく指摘している。問題点の一つとして「米国流の内部統制を孫引きするだけで、本来の趣旨とは異なる内部統制を整備・運用している企業がある」ことを挙げている。川北博 フレッシュアイペディアより)

  • 水尾順一

    水尾順一から見たコーポレート・ガバナンスコーポレート・ガバナンス

    水尾 順一(みずお じゅんいち、1947年 - )は、日本の経営学者。駿河台大学教授。専攻はCSR、経営倫理、コーポレート・ガバナンス、ブランド論など。水尾順一 フレッシュアイペディアより)

43件中 11 - 20件表示

「コーポレート・ガバナンス」のニューストピックワード