43件中 21 - 30件表示
  • アンドレ・シュライファー

    アンドレ・シュライファーから見た企業統治コーポレート・ガバナンス

    アンドレ・シュライファー(Andrei Shleifer、1961年2月20日-)は、モスクワ生まれでロシア系アメリカ人の経済学者である。ハーバード大学教授であり、専門は行動ファイナンス、法律原因理論(法律とファイナンス理論)、コーポレート・ガバナンス(企業統治)、制度経済学、転換期の経済学(特にロシア)である。(わが国では、アンドレイ・シュレイファーと呼ぶ人も多い。)アンドレ・シュライファー フレッシュアイペディアより)

  • 新制度派経済学

    新制度派経済学から見たコーポレート・ガバナンスコーポレート・ガバナンス

    新制度派経済学はまた「組織の経済学」ともよばれ、取引費用理論、プリンシパル=エージェント理論、所有権理論などの理論を発展させており、これらを用いて、経済諸制度の分析、現実の企業経営、経営組織、経営戦略などの分析や、コーポレート・ガバナンス問題などに応用されている。新制度派経済学 フレッシュアイペディアより)

  • 内務

    内務から見たコーポレート・ガバナンスコーポレート・ガバナンス

    1960年代のアメリカにおいて企業の非倫理的行動や非人道的行動を抑止すべきであるという観点からコーポレート・ガバナンス(英:corporate governance)が注目される様になり 、企業にも「公共」の責任が求められる様になる。粉飾決算やインサイダー取引などの事件が発覚し、投資家の観点から見たガバナンス問題も問われる様になった。内務 フレッシュアイペディアより)

  • 山一證券

    山一證券から見たコーポレート・ガバナンスコーポレート・ガバナンス

    東京大学出身者を中心(滅びの遺伝子 山一證券興亡百年史: 鈴木 隆)とする一部の社員が、会社としての指揮命令系統やコーポレート・ガバナンスを無視して重大事項を専断していた。そのため、一般社員や取締役の一部の者ですら知らないところで膨大な簿外債務が生み出されていった。山一證券 フレッシュアイペディアより)

  • 株式会社

    株式会社から見たコーポレート・ガバナンスコーポレート・ガバナンス

    なお、上記のような法学的な説明とはやや異なる意味で、会社の目的は、株主の利益を最大化することにあるという立場(株主主権論)から「会社は株主のものである」という主張がされることがある。これに対しては、「会社はコア従業員(長期的に会社に関わる従業員)のものである」という従業員主権論や、「会社はステークホルダー(株主、従業員、顧客、取引先、地域社会といった利害関係者すべて)のものである」という主張もされている。このような会社は誰のものかという議論は、経営やコーポレート・ガバナンス(企業統治。後述)の重点をどこに置くかについての議論であるといえる。また、ステークホルダー型コーポレート・ガバナンスと関連して、会社は地域の利益や雇用、環境を守る責任があるという企業の社会的責任(CSR) も主張されている。株式会社 フレッシュアイペディアより)

  • 欧州保険・企業年金監督局

    欧州保険・企業年金監督局から見たコーポレート・ガバナンスコーポレート・ガバナンス

    欧州保険・企業年金監督局の中核的責任は金融制度の安定、市場や金融商品の透明性、保険契約者、年金制度加入者および受給者の保護を支援することである。欧州保険・企業年金監督局も保険事業、再保険事業、金融コングロマリット、企業退職者準備金や保険仲介者団体の分野で活動することが欧州保険・企業年金監督局規則第1.2条に言及されており、これにコーポレート・ガバナンス問題を含み、会計検査と財務報告は当局による行為が効果的で一貫した適用を確保するために必要であると定めた。欧州保険・企業年金監督局 フレッシュアイペディアより)

  • ヴァイスプレジデント

    ヴァイスプレジデントから見たコーポレート・ガバナンスコーポレート・ガバナンス

    米国法律協会 による「企業統治の原則:分析と勧告」 において、法人 の副社長 は上級執行役員 に分類されている。ヴァイスプレジデント フレッシュアイペディアより)

  • Object Management Group

    Object Management Groupから見たコーポレート・ガバナンスコーポレート・ガバナンス

    2007年、 (BMM) がOMG標準として採用された。BMMはコーポレート・ガバナンスと戦略計画のための語彙を提供するメタモデルであり、ガバナンス、コンプライアンス、事業転換、戦略計画立案などの事業活動を扱う。Object Management Group フレッシュアイペディアより)

  • デット・ノルスケ・ベリタス

    デット・ノルスケ・ベリタスから見た企業統治コーポレート・ガバナンス

    Business Assuranceとしては認証サービスは大きく分けて4つのカテゴリーから成る。各種ISO認証などを扱う「リスクアプローチ監査」サービス、京都議定書(kyoto Protocol)に基づいた「地球温暖化対策」サービス、近年その重要度が増している「企業統治(Corporate Governance)と社会的責任(CR)」サービス、内部監査員養成のための「トレーニング」サービスである。デット・ノルスケ・ベリタス フレッシュアイペディアより)

  • オリンパス事件

    オリンパス事件から見た企業統治コーポレート・ガバナンス

    しかし、告発された一連の取引は膨大な額であるだけでなくその内容が明らかに常軌を逸するものであったためウッドフォードの解任発表および同氏の告発の報道直後からオリンパス株は急落、10月20日の終値は1,321円となり13日の終値2,482円から1週間で半値近くまで値下がりした。一連の報道を受けて、日本国内外の市場関係者からは企業統治の不透明さに対する非難が相次ぎ、株価はさらに下落、10月26日には一連の報道と株価低迷の責任を取るとして菊川は代表取締役会長兼社長を辞任し、高山修一が代表取締役社長に就任した。この頃には市場やマスコミ報道では有価証券報告書における虚偽記載などの有無が取り沙汰されることとなった。M&Aの会計処理に虚偽記載の事実が認められれば金融商品取引法上の違法行為にあたり課徴金処分などの対象となるほか、虚偽が組織的であり悪質性も高い場合には証券取引等監視委員会による刑事告発の対象となることから、問題は深刻さを増していった。オリンパス事件 フレッシュアイペディアより)

43件中 21 - 30件表示

「コーポレート・ガバナンス」のニューストピックワード