85件中 21 - 30件表示
  • Object Management Group

    Object Management Groupから見たコーポレート・ガバナンスコーポレート・ガバナンス

    2007年、 (BMM) がOMG標準として採用された。BMMはコーポレート・ガバナンスと戦略計画のための語彙を提供するメタモデルであり、ガバナンス、コンプライアンス、事業転換、戦略計画立案などの事業活動を扱う。Object Management Group フレッシュアイペディアより)

  • ITガバナンス

    ITガバナンスから見たコーポレート・ガバナンスコーポレート・ガバナンス

    ITガバナンス()はITへの投資・効果・リスクを継続的に最適化する為の組織的な仕組みのこと。コーポレート・ガバナンスから派生した概念で、2002年4月に起きたみずほ銀行のシステム統合における障害発生を皮切りに声高に叫ばれるようになった。ITガバナンス フレッシュアイペディアより)

  • パシフィック・リム法律・政策雑誌

    パシフィック・リム法律・政策雑誌から見たコーポレート・ガバナンスコーポレート・ガバナンス

    『パシフィック・リム法律・政策雑誌』が取り上げる主題は多岐にわたり、独占禁止法、国法学/憲法学、企業統治論、環境法、知的財産権法、人権法などが含まれる。同誌が取り上げる主題は、地域としては東アジア、オセアニア、ロシア、東南アジアに関するものである。これに加えて、環太平洋地域(パシフィック・リム)にかかる中央アメリカや南アメリカの国々や、地域内の国際水域に関わる主題も扱われる。同誌は、法科大学院の学生によって編集されている。現在の編集者代表は、ティア・アネジャ・サージェント (Tia Aneja Sargent) である。パシフィック・リム法律・政策雑誌 フレッシュアイペディアより)

  • アヤラ・コーポレーション

    アヤラ・コーポレーションから見たコーポレート・ガバナンスコーポレート・ガバナンス

    2010年、香港に拠点を置く経済誌である誌は、アヤラ・コーポレーションをフィリピン最高の管理体制を持つ企業に選び、コーポレート・ガバナンスや企業の社会的責任の観点においてフィリピン最高の企業であるとした。2011年にはエネルギー産業への進出を開始した。手始めに太陽光発電の分野で日本の三菱商事との合弁企業を設立し、風力発電のを買収、さらに流れ込み式水力発電の分野でSTA社との合弁企業クララ・パワー社を設立した。アヤラ・コーポレーション フレッシュアイペディアより)

  • 意思決定

    意思決定から見た企業統治コーポレート・ガバナンス

    また企業では、相談役や顧問のようなOBが現役の経営陣に対して影響力を持つなど、本来意思決定に積極的に関与しない立場の役職が最も大きな権限を持つ慣例が認められている。企業統治における日本企業独自の意思決定プロセスは、東芝に代表される悪質な企業不祥事が特に多数発生した2015年に、経営体制の監督と執行の線引きについて議論が高まった。このためキヤノンでは、2016年1月に役員体制を変更し、取締役を17名から6名に削減、曖昧な役割の線引きが指揮命令系統の混乱に繋がりかねないとの見解から、事業責任を執行役員に集中させる体制に刷新することを発表した。意思決定 フレッシュアイペディアより)

  • 英国勅許公認会計士

    英国勅許公認会計士から見た企業統治コーポレート・ガバナンス

    P1 Governance, Risk and Ethics - 企業統治論 (論述試験 3時間)英国勅許公認会計士 フレッシュアイペディアより)

  • 監査等委員会設置会社

    監査等委員会設置会社から見たコーポレート・ガバナンスコーポレート・ガバナンス

    かねてよりこの三委員会をめぐって、経済界からはより柔軟な機関設計を可能とする要請もあり、社外取締役の活用を推進してコーポレート・ガバナンスを強化する観点から、2014年(平成26年)に会社法が改正され監査等委員会設置会社制度が導入された。本制度との区分のため、従来の委員会設置会社という名称は指名委員会等設置会社に改められた。監査等委員会設置会社 フレッシュアイペディアより)

  • 新規上場申請のための有価証券報告書

    新規上場申請のための有価証券報告書から見たコーポレート・ガバナンスコーポレート・ガバナンス

    【提出会社の状況】株式等の状況、自己株式の取得等の状況、配当政策、株価の推移、役員の状況、及びコーポレート・ガバナンスの状況等新規上場申請のための有価証券報告書 フレッシュアイペディアより)

  • OECD多国籍企業行動指針

    OECD多国籍企業行動指針から見たコーポレート・ガバナンスコーポレート・ガバナンス

    グローバル化の進行に伴い、NGO、OECD非加盟国とも協議を実施した2000年の改訂は大幅に行われた。持続可能な開発を目指した経済面、社会面、環境面の国際的に認められている基準すべてが包括され、国際的な企業の社会的責任が求められることになる。改訂では、汚職行為の防止及びステークホルダーに関する章が新たに設けられた。これには、OECDコーポレート・ガバナンスが反映されており、企業の社会面及び環境面での説明責任として情報公開による透明性が求められる。また、OECD多国籍企業行動指針を採択した各国には、相談窓口となるナショナル・コンタクト・ポイント(NCP:National Contact Points)が設けられており、主に政府機関で構成される国が多いため法的責任の整合性も図られる仕組みになる。このNCPについても役割を遂行するため強化された。OECD多国籍企業行動指針 フレッシュアイペディアより)

  • 水尾順一

    水尾順一から見たコーポレート・ガバナンスコーポレート・ガバナンス

    水尾 順一(みずお じゅんいち、1947年8月12日 - )は、日本の経営学者。駿河台大学教授。専攻はCSR、経営倫理、コーポレート・ガバナンス、ブランド論など。水尾順一 フレッシュアイペディアより)

85件中 21 - 30件表示

「コーポレート・ガバナンス」のニューストピックワード