85件中 31 - 40件表示
  • 小林英明

    小林英明から見た企業統治コーポレート・ガバナンス

    危機・不祥事対応、企業統治が専門。小林英明 フレッシュアイペディアより)

  • 中道リース

    中道リースから見たコーポレート・ガバナンスコーポレート・ガバナンス

    北海道を基盤とする機械商社・中道機械(本社・札幌市)の商品取り扱いを主体に1972年に設立された総合リース会社。その後、他社の建設機械などの取り扱いを拡大するとともに、輸送機械や医療機器の分野でのリース事業も伸ばしてきた。1994年以降は、特に、関東・東北エリアに販路を広げるとともに、リース債権の流動化・小口販売化にも進出した。顧客信頼に応えられる金融サービスを提供するため、 2002年に本社部門が品質マネジメントシステムの国際規格ISO 9001を金融サービス全体で取得し、北海道リース業界では初の登録取得企業となる。2005年には、売上高350億円となり、従来からの地域・顧客密着型の経営基盤強化と併せ、経営の透明性・公正な企業活動を図るためコーポレート・ガバナンスの機能充実を当面の経営戦略に据えている。中道リース フレッシュアイペディアより)

  • 内部統制

    内部統制から見たコーポレート・ガバナンスコーポレート・ガバナンス

    内部統制(ないぶとうせい 英:internal control)とは組織の業務の適正を確保するための体制を構築していくシステム(制度)を指す。すなわち、組織がその目的を有効・効率的かつ適正に達成するために、その組織の内部において適用されるルールや業務プロセスを整備し運用すること、ないしその結果確立されたシステムをいう。コーポレート・ガバナンスの要とも言え、近年その構築と運用が重要視されている。内部監査と密接な関わりがあるので、内部監督と訳されることもあるが、内部統制が一般的な呼び名となっている。内部統制 フレッシュアイペディアより)

  • 内部統制

    内部統制から見た企業統治コーポレート・ガバナンス

    内部統制は、企業統治に関連して論じられることが多いが、企業に限らず政府機関を含めたあらゆる組織がその対象となる。内部監査と綿密な係わり合いがあるため内部監督と訳されることもある。内部統制 フレッシュアイペディアより)

  • デット・ノルスケ・ベリタス

    デット・ノルスケ・ベリタスから見た企業統治コーポレート・ガバナンス

    Business Assuranceとしては認証サービスは大きく分けて4つのカテゴリーから成る。各種ISO認証などを扱う「リスクアプローチ監査」サービス、京都議定書(kyoto Protocol)に基づいた「地球温暖化対策」サービス、近年その重要度が増している「企業統治(Corporate Governance)と社会的責任(CR)」サービス、内部監査員養成のための「トレーニング」サービスである。デット・ノルスケ・ベリタス フレッシュアイペディアより)

  • DNV GLグループ

    DNV GLグループから見た企業統治コーポレート・ガバナンス

    Business Assuranceとして「リスクアプローチ監査」サービス、京都議定書(kyoto Protocol)に基づいた「地球温暖化対策」サービス、近年その重要度が増している「企業統治(Corporate Governance)と社会的責任(CR)」サービス、「トレーニング」サービスを提供する。特に近年は、自動車機能安全の分野のサービスプロバイダーとして知られる。DNV GLグループ フレッシュアイペディアより)

  • 株式持ち合い

    株式持ち合いから見た企業統治コーポレート・ガバナンス

    実質上「物言わぬ株主」の比率が高まることで、企業統治の維持・改善が損なわれる恐れがある。株式持ち合い フレッシュアイペディアより)

  • ガバナンス

    ガバナンスから見たコーポレート・ガバナンスコーポレート・ガバナンス

    近年では、企業統治のうえで不祥事の予防・対策との関係で問題とされる事例が増えており、この場合はコーポレート・ガバナンスと呼ばれる。ガバナンス フレッシュアイペディアより)

  • 上場企業会計改革および投資家保護法

    上場企業会計改革および投資家保護法から見たコーポレート・ガバナンスコーポレート・ガバナンス

    投資家保護のために、財務報告プロセスの厳格化と規制の法制化を図っている。監査の独立性強化、コーポレート・ガバナンス(企業統治)の改革、情報開示の強化、説明責任など様々な規定がある。ニューディール時代の1933年の連邦証券法、1934年の連邦証券取引法の制定以来、金融ビジネスにおける最も大きな変更とされる。上場企業会計改革および投資家保護法 フレッシュアイペディアより)

  • オリンパス事件

    オリンパス事件から見たコーポレート・ガバナンスコーポレート・ガバナンス

    2011年(平成23年)4月に、オリンパス欧州法人社長から、本社のCOO(社長兼最高執行責任者)に就任していたマイケル・ウッドフォードは、『月刊FACTA』の記事によって、この事実を知り、独自に会計事務所プライスウォーターハウスクーパース(PwC)に調査を依頼した。PwCの報告書では、AXAMの所有者が不明であること、AXAMからのジャイラス優先株買取りには事前の取締役会決議や法律家の審査がなく、当時の社長菊川剛、副社長森久志、常勤監査役山田秀雄ら一部幹部の稟議のみで決定されたことなど、コーポレート・ガバナンス上の多くの不審点が報告された。オリンパス事件 フレッシュアイペディアより)

85件中 31 - 40件表示

「コーポレート・ガバナンス」のニューストピックワード