43件中 31 - 40件表示
  • オリンパス事件

    オリンパス事件から見たコーポレート・ガバナンスコーポレート・ガバナンス

    2011年(平成23年)4月に欧州法人社長から本社のCOO(社長兼最高執行責任者)に就任していたマイケル・ウッドフォードは、『月刊FACTA』の記事によってこの事実を知り、独自に会計事務所プライスウォーターハウスクーパース(PwC)に調査を依頼した。PwCの報告書では、AXAMの所有者が不明であること、AXAMからのジャイラス優先株買取りには事前の取締役会決議や法律家の審査がなく、当時の社長菊川剛副社長森久志常勤監査役山田秀雄ら一部幹部の稟議のみで決定されたことなど、コーポレート・ガバナンス上の多くの不審点が報告された。オリンパス事件 フレッシュアイペディアより)

  • 秘書

    秘書から見たコーポレート・ガバナンスコーポレート・ガバナンス

    総務の専門職である。勅許書記士 は、専門職の中でも独特な幅広い技能を基盤とする高位の専門職である。会社法等の法人関係法令、財務、企業統治、会社の書記役 の職務や経営を熟知しており、事業経営、企業統治や法令遵守に関する中立的な助言を行う。法人の内部においては、法人の登記の管理や、社員総会又は株主総会や理事会又は取締役会の運営、決議及び合意文書や議事録の管理、法人の文書や書類の管理など、法人の総務の運営に携わる。普通の会議の運営も受け持つ為、旅費の調整などその職務の範囲は広い。イギリスの株式会社などでは、法務部が弁護士、財務部が会計士、総務が書記士によって運営される。秘書 フレッシュアイペディアより)

  • 北海道旅客鉄道

    北海道旅客鉄道から見たコーポレート・ガバナンスコーポレート・ガバナンス

    2011年9月、当時の代表取締役社長であった中島尚俊が行方不明になり(後に遺体となって発見)、後任人事が難航した。結局前任者の小池明夫が就任するが、その間約2か月間にわたり社長不在という異常事態となるなど、企業統治全般において不安を残す状況が続いている。抜本的な経営改善に繋がる要素として、2035年度に札幌駅までの全線開業が予定されている北海道新幹線の早期開業が待たれている。北海道旅客鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 会長

    会長から見たコーポレート・ガバナンスコーポレート・ガバナンス

    日本や米国のような単層型の株式会社の場合には、取締役会の議長(取締役会長)を指す。この場合、取締役会からの委任に基づいて業務執行ラインのトップも兼ねることもあれば(この場合、近時の日本では代表取締役会長兼CEO(最高経営責任者)や取締役兼代表執行役会長のように呼ばれることがあり、米国ではChairman & CEO、イギリスではChairman & MD、フランスではPDGのように呼ばれる。)、他方で、業務執行の監督に特化し自らは業務執行を担わないケースもある(この場合には、社長が第一線を退いた後に就任する単なる名誉職とみなされることもある。)。従来の日本の大企業では、社長がその企業の業務執行を統括するのに対し、会長は経済団体の役員など対外的な業務に取り組むといった役割分担になっていることも多かった。業務執行の監督のトップである会長が業務執行ラインのトップを兼任することについては、効率的な経営を可能にするとの指摘もある一方で、取締役会による監督に支障が生じるのではないかという指摘もあり、コーポレート・ガバナンスの観点からさまざまな議論がある。会長 フレッシュアイペディアより)

  • 日本冶金工業

    日本冶金工業から見たコーポレート・ガバナンスコーポレート・ガバナンス

    2010年、原料から製品までを一貫生産する体制の再整備と経営の効率化および適切なガバナンス構築が必要として、(株)YAKIN川崎・(株)YAKIN大江山を吸収合併した。同時に、業務改革とシステム開発の迅速化のためとして、ナスビジネスサービス(株)を吸収合併した。日本冶金工業 フレッシュアイペディアより)

  • セイコーホールディングス

    セイコーホールディングスから見たコーポレート・ガバナンスコーポレート・ガバナンス

    一連の騒動について、マスコミは「オーナー一族による会社の私物化が、上場企業としての企業統治(ガバナンス)をマヒさせた」(産経新聞)などと報じた。セイコーホールディングス フレッシュアイペディアより)

  • ニューヨーク証券取引所

    ニューヨーク証券取引所から見たコーポレート・ガバナンスコーポレート・ガバナンス

    1998年以降、毎年1社以上の日本企業が上場していたが、2002年のコナミを最後に4年余りなかった。この背景には、2002年7月に制定された米国の上場企業会計改革および投資家保護法(通称SOX法)がある。 エンロンやワールドコムの不正会計事件を受けて制定された同法は、米国企業のみならず米国の証券取引所に上場する外国企業にも厳正なコーポレート・ガバナンスを求めており、この対応に多くの費用と時間を強いられるため、上場が敬遠されていた。ニューヨーク証券取引所 フレッシュアイペディアより)

  • 中道リース

    中道リースから見たコーポレート・ガバナンスコーポレート・ガバナンス

    北海道を基盤とする機械商社・中道機械(本社・札幌市)の商品取り扱いを主体に1972年に設立された総合リース会社。その後、他社の建設機械などの取り扱いを拡大するとともに、輸送機械や医療機器の分野でのリース事業も伸ばしてきた。1994年以降は、特に、関東・東北エリアに販路を広げるとともに、リース債権の流動化・小口販売化にも進出した。顧客信頼に応えられる金融サービスを提供するため、 2002年に本社部門が品質マネジメントシステムの国際規格ISO 9001を金融サービス全体で取得し、北海道リース業界では初の登録取得企業となる。2005年には、売上高350億円となり、従来からの地域・顧客密着型の経営基盤強化と併せ、経営の透明性・公正な企業活動を図るためコーポレート・ガバナンスの機能充実を当面の経営戦略に据えている。中道リース フレッシュアイペディアより)

  • 小松製作所

    小松製作所から見た企業統治コーポレート・ガバナンス

    日本のものつくりを代表する企業の一つでもある。建設機械にとって最も重要なエンジン、トランスミッション、油圧機器、アクスル、コントローラー等の電子制御部品を全て自社開発・生産できる。2008年5月には、市販ベースの建設機械で世界初となるハイブリッド油圧ショベル「PC200-8ハイブリッド」を発表した。IR活動や企業統治にも比較的力を入れている。小松製作所 フレッシュアイペディアより)

  • ステークホルダー

    ステークホルダーから見たコーポレート・ガバナンスコーポレート・ガバナンス

    ステークホルダーの概念は、1963年に米国SRIインターナショナルの内部のメモで初めて使われた。そこでは、ある組織にとってのステークホルダーを「そのグループからの支援がなければ、当該組織が存続し得ないようなグループ」と定義していた。この理論は後に1980年代になってから、R・エドワード・フリーマン(R. Edward Freeman)によって展開され、主唱されるようになった。以降、ビジネスの実践においても、また、経営戦略、企業統治(コーポレート・ガバナンス)、事業目的、企業の社会的責任の理論化においても、広く受け入れられるようになっている。ステークホルダー フレッシュアイペディアより)

43件中 31 - 40件表示

「コーポレート・ガバナンス」のニューストピックワード