85件中 51 - 60件表示
  • 日本再興戦略

    日本再興戦略から見たコーポレート・ガバナンスコーポレート・ガバナンス

    女性活躍推進や電力自由化などが生まれ、コーポレート・ガバナンスの強化によって、民間企業に「稼ぐ力」を取り戻させようとう動きは、日本国外の投資家などから高く評価された。日本再興戦略 フレッシュアイペディアより)

  • 上野拓朗

    上野拓朗から見たコーポレート・ガバナンスコーポレート・ガバナンス

    南カリフォルニア大学政治学科卒業(Dean's List)。同大学院修了。経済学修士。イェール大学経営大学院修了。経営学修士。山林業を経て、米国の経営コンサルティング会社に転じ、その後、Ueno & Companyを創業した。1990年代後半、世界初のDVDプロジェクトにおいて、ハリウッドと共にDVDを成功裏に立ち上げた。文筆家としても知られ、経営戦略論、経営組織論、M&A、コーポレート・ガバナンス、メディア論、マーケティング論、国際情勢、日米文化などについて寄稿している。本来は、国際金融及び政治経済学の研究者として出発した。上野拓朗 フレッシュアイペディアより)

  • 日本ボクシングコミッションにおける健保金問題

    日本ボクシングコミッションにおける健保金問題から見たコーポレート・ガバナンスコーポレート・ガバナンス

    被解雇職員4名のうち、元JBC本部事務局長・安河内剛が起こした裁判の第一審判決では、JBCのコーポレート・ガバナンスについて次のように説示した部分がある(引用文中の「本件調査報告書」とは、JBCの組織内弁護士である谷口好幸を事務局長とし、外部の弁護士である堤淳一、俵谷利幸ら有識者5名で構成された調査委員会が、主にY4ら5名の作成による通告書の内容について調査した結果をまとめたものを指している)。日本ボクシングコミッションにおける健保金問題 フレッシュアイペディアより)

  • 池尾和人

    池尾和人から見たコーポレート・ガバナンスコーポレート・ガバナンス

    市場型金融に必要な情報インフラ、ガバナンス、法・規制システムの充実、間接金融中心の旧来の市場への市場型間接金融導入の提言など日本金融システムの現代化(モダニゼーション)の必要性を説いている。池尾和人 フレッシュアイペディアより)

  • 中国投資

    中国投資から見たコーポレート・ガバナンスコーポレート・ガバナンス

    中国投資は2007年9月29日に公式に運用を開始し、外貨準備2000億ドルを運用する。中国では1.4兆ドルの外貨準備を抱えており、中国政府は運用先を探す必要があった。そこで、シンガポールのテマセク・ホールディングスを手本に中国投資有限責任公司が設立された。また子会社に中央匯金投資公司を抱えており、そこを通して中央政府派下のすべての国内中央政府系銀行への投資、回収、ガバナンスも担当している。董事長には中央匯金投資公司の董事長でもある楼継偉が就いた。設立には当時の国務院総理で走出去を掲げていた温家宝の後押しがあったとされる。中国投資 フレッシュアイペディアより)

  • オリンパスメディカルシステムズ

    オリンパスメディカルシステムズから見た企業統治コーポレート・ガバナンス

    オリンパスの医療事業グループはこれまでに複数の欧米の医療機器メーカーを買収して子会社化しており、2011年(平成23年)にオリンパス本体の社長に就任したマイケル・ウッドフォードは、イギリスの医療子会社キーメッド(KeyMed)の出身である。また、2008年(平成20年)に子会社化したイギリスの医療メーカー、ジャイラス(Gyrus)の買収に際しては、詳細不明の投資アドバイザーに対してオリンパスから支払われたコンサルタント料が異常に高額であったものの株主らステークホルダーに対して何ら説明がされていないことが後に明らかになり、企業統治の不健全さ及び有価証券報告書の虚偽記載の観点から大規模な経営スキャンダルに発展した(→ オリンパス)オリンパスメディカルシステムズ フレッシュアイペディアより)

  • 不祥事

    不祥事から見たコーポレート・ガバナンスコーポレート・ガバナンス

    など、意思決定プロセスに影響を与える要素が多く、コーポレート・ガバナンスの浸透によって不正の温床を正すことが全国的に求められている。不祥事 フレッシュアイペディアより)

  • みずほ銀行暴力団融資事件

    みずほ銀行暴力団融資事件から見たコーポレート・ガバナンスコーポレート・ガバナンス

    みずほ銀行は2010年の時点でこのような取引が行われていることを担当部門で把握し、首脳陣に上申するも抜本的な対応は取らずに放置していたことが2012年12月からの金融庁検査より明らかになった。そのため、みずほ銀行におけるコーポレート・ガバナンスの欠如が浮彫に上がり、2011年のシステム障害に続く一大不祥事として批判にさらされることになった。みずほ銀行暴力団融資事件 フレッシュアイペディアより)

  • 関西みらいフィナンシャルグループ

    関西みらいフィナンシャルグループから見たコーポレート・ガバナンスコーポレート・ガバナンス

    一般的に親子上場には「親会社からの独立性」や、「親会社と子会社の少数株主に対する利益相反」などの観点で企業統治上の問題があるとされる。また上場企業の側からも、「親子上場による利益相反などの弊害」が指摘されている他、東京証券取引所も『親会社を有する会社の上場に対する当取引所の考え方について』において、上述した意見の他に、親会社にとって「自身の短期的な単体決算対策のための子会社上場や、上場している親会社が企業グループの中核事業を担う子会社を上場させて新規公開に伴う利得を二重に得ようとする」などの目的を安易に達成しやすく問題があるほか、「本格的な連結経営が求められる昨今の経営環境においては、企業グループ内の会社が親会社以外の株主に対して責任を負うこととなる子会社上場は、一体的な連結経営を行ううえでは必ずしも望ましいこととはいえ」ないとする見解を示した。更に同取引所は改めて2008年5月27日「(新規上場時から親会社を有する場合であっても、企業再編等を通じて上場後に親会社を有することになる場合であっても)少数株主との利益相反のおそれなどの内在する弊害や問題点があること、昨今の経営環境においては上場会社には本格的な連結経営が求められていること」を考慮すれば、「投資者をはじめ多くの市場関係者にとって必ずしも望ましい資本政策とは言い切れない」とのコメントを公表している。更に関西みらいフィナンシャルグループが行う銀行業を監督する立場にある金融庁が取りまとめ公表した『金融審議会 金融分科会 我が国金融・資本市場の国際化に関するスタディグループ報告 ?上場会社等のコーポレート・ガバナンスの強化に向けて?』でも、「親会社と上場子会社の少数株主の間には潜在的な利益相反関係の発生や、親会社による上場子会社の経営の支配等を通じて、上場子会社の株主保護が十分に図られないおそれがあり、必ずしも望ましい上場政策とは言えない」とする意見を認めている。関西みらいフィナンシャルグループ フレッシュアイペディアより)

  • ゼンショー

    ゼンショーから見たコーポレート・ガバナンスコーポレート・ガバナンス

    過重労働を是正できなかった組織上の問題(企業ガバナンスの欠如、自己責任論に基づく、責任の部下への押しつけと問題点の「言いっ放し」「聞きっぱなし」の蔓延、など)ゼンショー フレッシュアイペディアより)

85件中 51 - 60件表示

「コーポレート・ガバナンス」のニューストピックワード