85件中 61 - 70件表示
  • 日本冶金工業

    日本冶金工業から見たコーポレート・ガバナンスコーポレート・ガバナンス

    2010年、原料から製品までを一貫生産する体制の再整備と経営の効率化および適切なガバナンス構築が必要として、(株)YAKIN川崎・(株)YAKIN大江山を吸収合併した。同時に、業務改革とシステム開発の迅速化のためとして、ナスビジネスサービス(株)を吸収合併した。日本冶金工業 フレッシュアイペディアより)

  • 小島大徳

    小島大徳から見たコーポレート・ガバナンスコーポレート・ガバナンス

    小島 大徳(こじま ひろとく、1975年3月27日 - )は、日本の経営学者。岐阜県関市出身。神奈川大学経営学部・神奈川大学大学院経営学研究科准教授。専門は経営学、コーポレート・ガバナンス(企業統治)論。2004年に博士論文『コーポレート・ガバナンス原則に関する研究』にて博士(経営学)を取得。学部と大学院では、鈴木輝二教授(現、Kozminski University, professor of Law)と、平田光弘名誉教授(現、一橋大学名誉教授、星城大学名誉教授、中央学院大学大学院特任教授)に師事する。小島大徳 フレッシュアイペディアより)

  • 小島大徳

    小島大徳から見た企業統治コーポレート・ガバナンス

    小島 大徳(こじま ひろとく、1975年3月27日 - )は、日本の経営学者。岐阜県関市出身。神奈川大学経営学部・神奈川大学大学院経営学研究科准教授。専門は経営学、コーポレート・ガバナンス(企業統治)論。2004年に博士論文『コーポレート・ガバナンス原則に関する研究』にて博士(経営学)を取得。学部と大学院では、鈴木輝二教授(現、Kozminski University, professor of Law)と、平田光弘名誉教授(現、一橋大学名誉教授、星城大学名誉教授、中央学院大学大学院特任教授)に師事する。小島大徳 フレッシュアイペディアより)

  • 中央銀行

    中央銀行から見たコーポレート・ガバナンスコーポレート・ガバナンス

    経済学者の若田部昌澄は「日本では、中央銀行の独立性について大きな誤解がある。民主制の下では、政策担当者は国民に対して政策の説明と結果責任を負っている。中央銀行も例外ではない。この制度設計の欠陥は、国家のガバナンスの観点からすれば深刻である。さもなければ日本銀行はかつての関東軍のようになりかねない」と指摘している。中央銀行 フレッシュアイペディアより)

  • ニューヨーク証券取引所

    ニューヨーク証券取引所から見たコーポレート・ガバナンスコーポレート・ガバナンス

    1998年以降、毎年1社以上の日本企業が上場していたが、2002年のコナミを最後に4年余りなかった。この背景には、2002年7月に制定された米国の上場企業会計改革および投資家保護法(通称SOX法)がある。 エンロンやワールドコムの不正会計事件を受けて制定された同法は、米国企業のみならず米国の証券取引所に上場する外国企業にも厳正なコーポレート・ガバナンスを求めており、この対応に多くの費用と時間を強いられるため、上場が敬遠されていた。ニューヨーク証券取引所 フレッシュアイペディアより)

  • 韓国GM

    韓国GMから見たコーポレート・ガバナンスコーポレート・ガバナンス

    1965年 7月、韓国政府は韓国車の部品の国内製造比率を、1967年までに90%以上とする事を目標にした三ヵ年計画を策定。その計画の一環として、新進自動車を小型車生産の独占企業に指定し、旧セナラ自動車の製造施設の買収を働きかける事となる。同年11月、新進工業がセナラ自動車の製造施設を取得するも、セナラの経営破綻の時点で日産自動車との提携関係が消滅していた為、翌年のトヨタとの提携までの繋ぎとして、新三菱重工業から100台分の"Gold"モデル(三菱・コルト1000の誤読とみられる)のノックダウン生産部品を輸入する。新進によるセナラ買収では韓国政府によるかなり露骨な後押しがあったようで、他の韓国車メーカーからは大いに顰蹙を買ったという。石坂芳男の回想によると、「日韓基本条約締結直後の韓国では外貨が不足していた事もあり、当時経営トップであった弟の社長が病気療養中に、兄の会長が勝手に三菱とのノックダウン契約を決めてしまった。」らしく、これに対してトヨタ自販の神谷正太郎は、元衆議院議員の朴春琴を通じて朴正煕に抗議の書簡を送り、三菱の部品輸入禁止措置を取らせる事で、新進に三菱との契約継続を断念させたという。当時のトヨタはセナラのブルーバードのノックダウン生産によって、小型大衆車の海外進出で日産に先行されていた事に焦燥感を抱いており、韓国企業のガバナンスの杜撰さに辟易しながらも、コロナの海外進出の為に、政財界からも手を回すなりふり構わぬ手段も用いて交渉を進めていったという。韓国GM フレッシュアイペディアより)

  • ステークホルダー

    ステークホルダーから見たコーポレート・ガバナンスコーポレート・ガバナンス

    ステークホルダーの概念は、1963年に米国SRIインターナショナルの内部のメモで初めて使われた。そこでは、ある組織にとってのステークホルダーを「そのグループからの支援がなければ、当該組織が存続し得ないようなグループ」と定義していた。この理論は後に1980年代になってから、R・エドワード・フリーマン(R. Edward Freeman)によって展開され、主唱されるようになった。以降、ビジネスの実践においても、また、経営戦略、企業統治(コーポレート・ガバナンス)、事業目的、企業の社会的責任の理論化においても、広く受け入れられるようになっている。ステークホルダー フレッシュアイペディアより)

  • 株式会社

    株式会社から見たコーポレート・ガバナンスコーポレート・ガバナンス

    なお、上記のような法学的な説明とはやや異なる意味で、会社の目的は、株主の利益を最大化することにあるという立場(株主主権論)から「会社は株主のものである」という主張がされることがある。これに対しては、「会社はコア従業員(長期的に会社に関わる従業員)のものである」という従業員主権論や、「会社はステークホルダー(株主、従業員、顧客、取引先、地域社会といった利害関係者すべて)のものである」という主張もされている。このような会社は誰のものかという議論は、経営やコーポレート・ガバナンス(企業統治。後述)の重点をどこに置くかについての議論であるといえる。また、ステークホルダー型コーポレート・ガバナンスと関連して、会社は地域の利益や雇用、環境を守る責任があるという企業の社会的責任(CSR) も主張されている。株式会社 フレッシュアイペディアより)

  • メガバンク

    メガバンクから見た企業統治コーポレート・ガバナンス

    企業の株式持ち合いなど日本独自の慣行を取っており、3メガバンクは2015年6月時点で株を合計6兆5000億円(取得原価ベース)も保有していたが、アベノミクスの成長戦略の中の企業統治強化に伴い、金融庁から持ち合い株売却の規制を受けている。メガバンク フレッシュアイペディアより)

  • 会長

    会長から見たコーポレート・ガバナンスコーポレート・ガバナンス

    日本やアメリカ合衆国のような単層型の株式会社の場合には、取締役会の議長(取締役会長)を指す。この場合、取締役会からの委任に基づいて業務執行ラインのトップも兼ねることもあれば(この場合、日本では代表取締役会長兼CEO(最高経営責任者)や取締役兼代表執行役会長のように呼ばれることがあり、米国ではChairman & CEO、イギリスではChairman & MD、フランスではPDGのように呼ばれる。)、他方で、代表権がなかったり業務執行の監督に特化し自らは業務執行を担わないケースもある(この場合には、社長が第一線を退いた後に就任する単なる名誉職と見做されることもある)。従来の日本の大企業では、社長がその企業の業務執行を統括するのに対し、会長は経済団体の役員など対外的な業務に取り組むといった役割分担になっていることも多かった。業務執行の監督のトップである会長が業務執行ラインのトップを兼任することについては、効率的な経営を可能にするとの指摘もある一方で、取締役会による監督に支障が生じるのではないかという指摘もあり、コーポレート・ガバナンスの観点から様々な議論がある。会長 フレッシュアイペディアより)

85件中 61 - 70件表示

「コーポレート・ガバナンス」のニューストピックワード