1 2 3 4 5 6 7 8 9 次へ
85件中 81 - 85件表示
  • オリンパス

    オリンパスから見たコーポレート・ガバナンスコーポレート・ガバナンス

    2011年に、過去十数年にわたる巨額の損失隠しが発覚し、日本における企業統治(コーポレート・ガバナンス)の不備についての問題も含めて世界中で大々的に報道された。オリンパス フレッシュアイペディアより)

  • 小松製作所

    小松製作所から見た企業統治コーポレート・ガバナンス

    日本のものつくりを代表する企業の一つでもある。建設機械にとって最も重要なエンジン、トランスミッション、油圧機器、アクスル、コントローラー等の電子制御部品を全て自社開発・生産している。2008年5月には、市販ベースの建設機械で世界初となるハイブリッド油圧ショベル「PC200-8ハイブリッド」を発表した。IR活動や企業統治にも比較的力を入れている。小松製作所 フレッシュアイペディアより)

  • 中華人民共和国

    中華人民共和国から見たコーポレート・ガバナンスコーポレート・ガバナンス

    香港返還の前後(1994年から2002年まで)に、政府は銀行の基本的なルールや規制を作った。銀行業の商業化をさらに進め、1997年から不良債権処理にも取り組み始めた。1998年、政府は四大商業銀行の不良債権比率を32%としていたが、実際は50%近いとみられていた。政府は同年、四大商業銀行に合計2700億元の公的資金を投入した。1999年には四大銀行の不良債権のうち1.4兆元分を不良債権の管理会社に移した。2003年以降は、コーポレート・ガバナンスが見直され、(海底ケーブルの整備にともなう)銀行システムが再構築された。同年末、中国銀行と中国建設銀行に、外貨準備を活用して合計450億ドルを注入し、健全化をうながした。中華人民共和国 フレッシュアイペディアより)

  • 2015年

    2015年から見たコーポレート・ガバナンスコーポレート・ガバナンス

    また2015年は、一部で企業統治元年と位置づけられたが、日本マクドナルドの異物混入問題に始まり、フォルクスワーゲンの排出ガス規制不正問題や東芝の不適切会計、旭化成建材らによるマンションくい打ち工事のデータ改ざんなど、年間を通して国内外で多くの不祥事が相次いだ。また東京五輪オリンピックエンブレムの盗作騒動に端を発した撤回や、新国立競技場の白紙撤回など、民間に留まらない失態と動揺が続き、日本式の意思決定プロセスの不備が大いに論じられた年でもあった。2015年 フレッシュアイペディアより)

  • 企業統治

    企業統治から見たコーポレート・ガバナンスコーポレート・ガバナンス

    企業統治 フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 5 6 7 8 9 次へ
85件中 81 - 85件表示

「コーポレート・ガバナンス」のニューストピックワード