235件中 31 - 40件表示
  • ゴシック・アンド・ロリータ

    ゴシック・アンド・ロリータから見たさかいかな

    またh.NAOTOは、東京ビッグサイトで2006年8月11日から3日間の日程で開催されたコミック・マーケットに「ハングリー&アングリー」を出展した。この出展は商標権と製造・販売ライセンスを玩具メーカーのサンリオに供与することが決まっていた「ハングリー&アングリー」の全国展開を前に、知名度を上げることが目的であった。また12日、13日には声優の酒井香奈子も来店した。酒井はマルイヤング新宿店のイベントスペースに開店した期間限定ショップにもキャラクターグッズに身を包んで登場した。2007年の段階でコミックマーケットへの出展は3回行われている。ゴシック・アンド・ロリータ フレッシュアイペディアより)

  • ゴシック・アンド・ロリータ

    ゴシック・アンド・ロリータから見た相原玲

    2006年10月8日に新木場のスタジオコートで2回目のインディビジュアル・ファッション・エキスポが開かれ「インディビジュアル・マジック」をテーマとしたショーにはPEACE NOW、BLACK PEACE NOW、ALGONQUINS、SEXY DYNAMITE LONDON、Metamorphose、BABY, THE STARS SHINE BRIGHT、ALICE and the PIRATES、KERA SHOP ANGEL/ARENAなどゴスロリ系の10ブランド、G、相原玲、菅原麻里、青木美沙子、Uri、千景などのモデルの参加がアナウンスされた。なお来場者は1500人であった。ゴシック・アンド・ロリータ フレッシュアイペディアより)

  • ゴシック・アンド・ロリータ

    ゴシック・アンド・ロリータから見たMILK (ファッションブランド)

    1980年代頃、トランスギャルとナゴムギャルという2種類のおっかけが存在した。トランスギャルは、トランスレコードのYBO2、Z.O.A、ASYLUM、SODOMなどのおっかけをし、全身を真っ黒の出で立ちに青白いメイクと髑髏のアクセサリーを身に付け、MILK、OZONE COMMUNITY、Y's、COMME des GARCONSなどのブランドを好んだ。またナゴムギャルは、ナゴムレコードの有頂天、たま、人生、筋肉少女帯、ばちかぶり、死ね死ね団などのバンドのおっかけをし、ボーダーのニーソックスにリボン、派手なTシャツにラバーソウルを着た実年齢よりも幼い印象で、Jane Maple、MILK、PINK HOUSEなどのブランドを好んだ。その後イカ天でバンドブームが到来し、歩行者天国でストリートライブが行われるようになってくると、様々なバンドを見るファンによって、ナゴム系とトランス系の双方の要素が混ざっていき生まれた。ゴシック・アンド・ロリータ フレッシュアイペディアより)

  • ゴシック・アンド・ロリータ

    ゴシック・アンド・ロリータから見たボークス

    またメイドとは逆にオタク文化で生まれたものをゴシック・アンド・ロリータ文化で消費するボークスのスーパードルフィーのような例もある。スーパードルフィーは男性向けのガレージキットを制作してきたボークスが女性向けに制作した球体関節人形で、耽美的な繊細な容姿・世界観でファンを魅了し、コレクタブル・ドールの世界を拡大させた。ゴシック・アンド・ロリータはスーパードルフィーの衣装としても人気が高く、所有者の中にはスーパードルフィーとお揃いの着こなしをする者もいる。ゴスロリブランドも人形用の服を販売しており、h.NAOTOのようにボークスと協業したブランドもある。また、スーパードルフィーの人気は1990年代のヴィジュアル系バンドの隆盛や、ゴシック・アンド・ロリータブームの影響も大きいという指摘もある。ゴシック・アンド・ロリータ フレッシュアイペディアより)

  • ゴシック・アンド・ロリータ

    ゴシック・アンド・ロリータから見た商業界

    『ファッション販売2002年11月号』商業界ゴシック・アンド・ロリータ フレッシュアイペディアより)

  • ゴシック・アンド・ロリータ

    ゴシック・アンド・ロリータから見た内藤ルネ

    宝塚歌劇に関する特集は、ゴシック&ロリータバイブルでも複数回組まれている。また2005年3月9日付の『繊研新聞』では50代から60代の中高年のゴシック・アンド・ロリータ着用者について触れ、その中で、現代社会研究所所長で青森大学社会学部教授の古田隆彦は、50代から60代の女性の多くは少女時代に宝塚歌劇や、中原淳一、内藤ルネらの少女画に熱中した世代であることを指摘し、少女時代からの宝塚や少女画のファッションへの憧れが、若者たちやモードに後押しされたのではないかと推測している。なお、内藤ルネとロリータブランドHeart Eのコラボレーション商品も存在する。また宝塚は「夢の世界」と言われるが、コスプレとゴシック・アンド・ロリータも同じく「夢の世界」の実現にコミットする文化である。これらは「夢の世界」を形成するにあたって「西洋」のファンタジーを用いている点でも似ているが、水野麗はこの場合の「西洋」を「単に異国情緒・異国趣味といったものではなく、また単純に「先進国」として見習うべき手本といったものでもない。それぞれの文化の根幹にかかわる重要な要素であり、複雑なダイナミズムをもって実現されている、情熱の矛先とでも言うべきものである。」と論じている。ゴシック・アンド・ロリータ フレッシュアイペディアより)

  • ゴシック・アンド・ロリータ

    ゴシック・アンド・ロリータから見た古田隆彦

    宝塚歌劇に関する特集は、ゴシック&ロリータバイブルでも複数回組まれている。また2005年3月9日付の『繊研新聞』では50代から60代の中高年のゴシック・アンド・ロリータ着用者について触れ、その中で、現代社会研究所所長で青森大学社会学部教授の古田隆彦は、50代から60代の女性の多くは少女時代に宝塚歌劇や、中原淳一、内藤ルネらの少女画に熱中した世代であることを指摘し、少女時代からの宝塚や少女画のファッションへの憧れが、若者たちやモードに後押しされたのではないかと推測している。なお、内藤ルネとロリータブランドHeart Eのコラボレーション商品も存在する。また宝塚は「夢の世界」と言われるが、コスプレとゴシック・アンド・ロリータも同じく「夢の世界」の実現にコミットする文化である。これらは「夢の世界」を形成するにあたって「西洋」のファンタジーを用いている点でも似ているが、水野麗はこの場合の「西洋」を「単に異国情緒・異国趣味といったものではなく、また単純に「先進国」として見習うべき手本といったものでもない。それぞれの文化の根幹にかかわる重要な要素であり、複雑なダイナミズムをもって実現されている、情熱の矛先とでも言うべきものである。」と論じている。ゴシック・アンド・ロリータ フレッシュアイペディアより)

  • ゴシック・アンド・ロリータ

    ゴシック・アンド・ロリータから見たエイミー・リー

    また、アメリカにゴシック・アンド・ロリータを広めたことで知られるエヴァネッセンスのボーカル、エイミー・リーは、ゴシック・アンド・ロリータ愛好家である。このほかにも、マリリン・マンソンやシンディ・ローパー、レディー・ガガはゴスロリ関係の服を来日した際に購入しており、アメリカでの人気の高さが窺える。ゴシック・アンド・ロリータ フレッシュアイペディアより)

  • ゴシック・アンド・ロリータ

    ゴシック・アンド・ロリータから見た人生 (バンド)

    1980年代頃、トランスギャルとナゴムギャルという2種類のおっかけが存在した。トランスギャルは、トランスレコードのYBO2、Z.O.A、ASYLUM、SODOMなどのおっかけをし、全身を真っ黒の出で立ちに青白いメイクと髑髏のアクセサリーを身に付け、MILK、OZONE COMMUNITY、Y's、COMME des GARCONSなどのブランドを好んだ。またナゴムギャルは、ナゴムレコードの有頂天、たま、人生、筋肉少女帯、ばちかぶり、死ね死ね団などのバンドのおっかけをし、ボーダーのニーソックスにリボン、派手なTシャツにラバーソウルを着た実年齢よりも幼い印象で、Jane Maple、MILK、PINK HOUSEなどのブランドを好んだ。その後イカ天でバンドブームが到来し、歩行者天国でストリートライブが行われるようになってくると、様々なバンドを見るファンによって、ナゴム系とトランス系の双方の要素が混ざっていき生まれた。ゴシック・アンド・ロリータ フレッシュアイペディアより)

  • ゴシック・アンド・ロリータ

    ゴシック・アンド・ロリータから見たウラジミール・ナボコフ

    ロリータは、ロシア人作家ウラジミール・ナボコフの代表作である小説『ロリータ』に由来する。この「ロリータ」とは作中に登場するドロレス・ヘイズという少女の愛称であるが、この少女は少女期特有の妖しい魅力(ニンフェット)の持ち主で、それゆえ「少女的である」という要素が強調されやすい。ゴシック・アンド・ロリータ フレッシュアイペディアより)

235件中 31 - 40件表示