235件中 71 - 80件表示
  • ゴシック・アンド・ロリータ

    ゴシック・アンド・ロリータから見た東京ガールズコレクション

    2008年9月23日にJCBホールで開催されたINDIVIDUAL FASHION EXPO IVのファッション・ショーには、ALGONQUINS、Angelic Pretty、Metamorphose、BABY, THE STARS SHINE BRIGHT、SEXY DYNAMITE LONDON、Sixh.、HANGRY & ANGRY、ALICE and the PIRATES、artherapie、Ozz croce、Emily Temple cute、BLACK PEACE NOW、PEACE NOW、KERA SHOP ARENA(Qutie Frash、HIDEROCK Design、LISTEN FLAVOR、HYPER CORE、SUPER LOVERS)、KERA SHOP ANGEL(ATELIER BOZ、Princess Doll、Victorian maiden)などが参加した。参加ブランドはゴスロリ系とロック系あわせて約20ブランドである。また、ゲストライブには分島花音、Plastic Tree、jealkbが参加した。なおインディヴィジュアル・ファッションとは、人とは違う「独自性」を強く反映させたファッション・スタイルであるが来場者は約3000人近くおり、 東京ガールズコレクションや神戸コレクションなどの他のファッションイベントと比べ日本人以外の来場者がかなり多くいた。ゴシック・アンド・ロリータ フレッシュアイペディアより)

  • ゴシック・アンド・ロリータ

    ゴシック・アンド・ロリータから見たライブハウス

    また、ナゴムレコードに所属していた筋肉少女帯の大槻ケンヂは、「「ゴシック&ロリータ」という言葉は、モアティエのMana様が作ったと言われているんです。しかしその存在というか、いわゆるゴシックでロリータな格好の女の子は、僕の記憶では既に80年代にいましたね。」と述べている。また大槻は「目黒の鹿鳴館ってライブハウスでヘヴィメタがよくライブしてて、ヘヴィメタルってヨーロピアンな流れもあるから、そこで女の子たちがヨーロピアンな服装をするんだけども、まあちょっと感性が違ったりして、今にして思えばゴシック&ロリータな服に偶然なってる場合が多々ありましたかねえ。」と述べている。しかし、当時はゴシック・アンド・ロリータという言葉はなかったため、大槻らはそれらを「鹿鳴館ギャル」と呼んでいた。ゴシック・アンド・ロリータ フレッシュアイペディアより)

  • ゴシック・アンド・ロリータ

    ゴシック・アンド・ロリータから見たファッションブランド

    ゴシック・アンド・ロリータに関連するイベントとしては小規模な私的なものから、ファッションブランドが主催するもの、ファッションビルが主催するもの、行政機関が主催するものなど主催者、規模さまざまなものが日本国内外に存在する。ゴシック・アンド・ロリータ フレッシュアイペディアより)

  • ゴシック・アンド・ロリータ

    ゴシック・アンド・ロリータから見た廃墟

    「色ならば黒。時間なら夜か夕暮れ。場所は文字通りゴシック建築の中か、それに準ずるような荒涼感と薄暗さをもつ廃墟や古い建築物のあるところ。現代より過去。ヨーロッパの中世(風)。古めかしい装い。温かみより冷たさ。怪物・異形・異端・悪・苦痛・死の表現。損なわれたものや損なわれた身体。身体の改変・変容。物語として描かれる場合には暴力と惨劇。怪奇と恐怖。猟奇的なもの。頽廃的なもの。あるいは一転して無垢なものへの憧憬。その表現としての人形。少女趣味。様式美の尊重。両性具有・天使・悪魔など、西洋由来の神秘的イメージ。驚異。崇高さへの傾倒。終末観。装飾的・儀式的・呪術的なしぐさや振る舞い。夢と幻想への耽溺。別世界への夢想。アンチキリスト。アンチ・ヒューマン。」)ゴシック・アンド・ロリータ フレッシュアイペディアより)

  • ゴシック・アンド・ロリータ

    ゴシック・アンド・ロリータから見たコミック・マーケット

    またh.NAOTOは、東京ビッグサイトで2006年8月11日から3日間の日程で開催されたコミック・マーケットに「ハングリー&アングリー」を出展した。この出展は商標権と製造・販売ライセンスを玩具メーカーのサンリオに供与することが決まっていた「ハングリー&アングリー」の全国展開を前に、知名度を上げることが目的であった。また12日、13日には声優の酒井香奈子も来店した。酒井はマルイヤング新宿店のイベントスペースに開店した期間限定ショップにもキャラクターグッズに身を包んで登場した。2007年の段階でコミックマーケットへの出展は3回行われている。ゴシック・アンド・ロリータ フレッシュアイペディアより)

  • ゴシック・アンド・ロリータ

    ゴシック・アンド・ロリータから見たNANA

    ゴシック・アンド・ロリータの流行によって、アニメや漫画にもゴシック・アンド・ロリータ的な装いのキャラクターが登場するようになると、現実離れしたゴシック・アンド・ロリータ服は、漫画の登場人物になってみたい、登場人物のような服装をしたいというコスプレイヤーにも受け入れられるようになった。さらに、コスプレが禁止されている会場においても、あくまでファッションであるという理由でゴシック、ロリータ、ゴシック・アンド・ロリータは許可されている場合もある。しかし、ゴシック・アンド・ロリータ愛好者の中にはコスプレとしてゴシック・アンド・ロリータを着ることに対して嫌悪感を示すものもいる。なお、コスプレ雑誌『電撃レイヤーズ』は「コスロリ」という言葉を提唱している。コスロリとは「コスプレゴスロリ」や「コスプレロリータ」を意味する語であるが、愛好者のなかにはこれらコスロリを好まないものもいる。その一方で、それらコスロリも、ゴシック・アンド・ロリータを着用しない人々から見れば、定期的に着用するユーザーとみることもできる、という指摘もある。また、同人誌即売会に小物類や衣装を出展することもあり、前述のh.NAOTOのようにアパレルメーカーが同人誌即売会に出店するケースもある。そのため、ファン層の何割かは、漫画やアニメと密接に関係した部分の影響を受けており共存している、との指摘もある。またヨーロッパにおけるゴシック・アンド・ロリータの定着に『NANA』や『DEATH NOTE』が与えた影響は大きいとも言われており、『DEATH NOTE』の弥海砂や『NANA』のような格好がしたいという部分がきっかけになっているのは間違いないという指摘もある。ゴシック・アンド・ロリータ フレッシュアイペディアより)

  • ゴシック・アンド・ロリータ

    ゴシック・アンド・ロリータから見たキティちゃん

    嶽本野ばらはロリータの共通して偏愛する要素について「アリス、王冠、天使、テディベア、キティちゃん……。澁澤龍彦、森茉莉、恋月姫、楠本まき……。バッハ、パンク、アンティークオルゴール……。」を挙げている。また嶽本は、ロリータは各自が自分流のロリータの定義を持っており、自らの美意識のみを拠り所とし、自分のルールにしか従わないのがロリータとして生きていくための条件であると主張しており、その定義について、フリルが満載の洋服を着ている、ヘッドドレスをつけているなどの表層的な部分を定番どおりになぞらえても真のロリータにはなりえず、ロリータの解釈と実践は各人によって異なり、ロリータな精神さえ持っていればロリータである、と述べている。ゴシック・アンド・ロリータ フレッシュアイペディアより)

  • ゴシック・アンド・ロリータ

    ゴシック・アンド・ロリータから見た神戸コレクション

    2008年9月23日にJCBホールで開催されたINDIVIDUAL FASHION EXPO IVのファッション・ショーには、ALGONQUINS、Angelic Pretty、Metamorphose、BABY, THE STARS SHINE BRIGHT、SEXY DYNAMITE LONDON、Sixh.、HANGRY & ANGRY、ALICE and the PIRATES、artherapie、Ozz croce、Emily Temple cute、BLACK PEACE NOW、PEACE NOW、KERA SHOP ARENA(Qutie Frash、HIDEROCK Design、LISTEN FLAVOR、HYPER CORE、SUPER LOVERS)、KERA SHOP ANGEL(ATELIER BOZ、Princess Doll、Victorian maiden)などが参加した。参加ブランドはゴスロリ系とロック系あわせて約20ブランドである。また、ゲストライブには分島花音、Plastic Tree、jealkbが参加した。なおインディヴィジュアル・ファッションとは、人とは違う「独自性」を強く反映させたファッション・スタイルであるが来場者は約3000人近くおり、 東京ガールズコレクションや神戸コレクションなどの他のファッションイベントと比べ日本人以外の来場者がかなり多くいた。ゴシック・アンド・ロリータ フレッシュアイペディアより)

  • ゴシック・アンド・ロリータ

    ゴシック・アンド・ロリータから見たパリ

    2005年頃よりミラノやパリなど各地のファッションコレクションにおいてゴシックロリータの影響が見られる。CHANELやYves Saint Laurentがその例である。ゴシック・アンド・ロリータ フレッシュアイペディアより)

  • ゴシック・アンド・ロリータ

    ゴシック・アンド・ロリータから見た百貨店

    日本では百貨店との同質化を避けたファッションビルがゴシック・アンド・ロリータの希少性の高さ、客単価の高さ、固定ファンの存在、ファッション傾向の追い風を受けて導入し始めた。ゴスロリ系ブランドを集積した主な商業施設としてラフォーレ原宿やマルイワン新宿が挙げられる。その後、新宿地区再編に取り組んだマルイは、マルイシティー1やマルイシティー2など改装を進め、新宿マルイワンをオープンさせ、旧マルイヤング新宿にあったゴスロリ系ブランドを集めた。ゴシック・アンド・ロリータ フレッシュアイペディアより)

235件中 71 - 80件表示