235件中 81 - 90件表示
  • ゴシック・アンド・ロリータ

    ゴシック・アンド・ロリータから見たゆかた

    2003年6月6日付けの繊研新聞では、各ブランドが初めて作ったゴスロリゆかたのファッションショーが取り上げられた。記事によると新宿マルイワンで行われたショーにはMA、BABY, THE STARS SHINE BRIGHT、metamorphose temps de fille、SEXY DYNAMITE LONDON、BLACK PEACE NOW、MIHO MATSUDAなど11ブランドが参加した。また、そのデザインは「黒地にバラや血糊のプリント、そろいのヘッドドレスやスタッズを打ったレザーの帯、チュールレースとのコーディネートなど」とあり、形もベーシックなゆかたにプリントだけゴシック・パンクというものや、ドレスのようなデザインのものが見られた。また2007年にもATELIER-PIERROTやh.NAOTO、despair、Deorartなどもゆかたを制作している。ゴシック・アンド・ロリータ フレッシュアイペディアより)

  • ゴシック・アンド・ロリータ

    ゴシック・アンド・ロリータから見た弘文堂

    小原直花『婦国論 消費の国の女たち』弘文堂、2008年4月15日発行(ISBN 9784335450372)ゴシック・アンド・ロリータ フレッシュアイペディアより)

  • ゴシック・アンド・ロリータ

    ゴシック・アンド・ロリータから見たピンクハウス

    ピンクハウスは1971年に金子功をデザイナーとしてニコルから誕生し、1983年のオリーブ少女ブームで大ブレイクしたブランドであるが、そのデザインは極端にロマンチックなものであった。このロマンチックなデザインや独特の印象から、ロリータ・ファッションと同列視する者がいるが、両者には決定的な違いがある。金子のデザインした服は、肩から下までストンと落ちるような直線的なラインで足をほとんど見せないものが多いのに対し、ロリータ・ファッションは、スカートを膨らませウエストをしっかり絞って強調しており、一部にロングスカートのものもあるものの足は見えるのが一般的である。ゴシック・アンド・ロリータ フレッシュアイペディアより)

  • ゴシック・アンド・ロリータ

    ゴシック・アンド・ロリータから見たアトリエサード

    ゴシック・アンド・ロリータには色々なこだわりや切り口があるため、一言ではいえないともいわれているが、アトリエサードの出版するクロスカルチャーマガジン『トーキングヘッズ叢書』No.33では「ゴシック・ロリータの種類」として分類されている。以下の類型に、当てはまる者が嗜好するものと、主に好むブランドを転記する。ゴシック・アンド・ロリータ フレッシュアイペディアより)

  • ゴシック・アンド・ロリータ

    ゴシック・アンド・ロリータから見たコスパ

    この他にもゴシック・アンド・ロリータとオタク文化の関りにメイドの存在があげられる。1997年以降、日本のアニメーションやゲーム世界のキャラクターに必須となったメイドであるが、メイド的な服装のキャラクターは『不思議の国のアリス』におけるジョン・テニエルの挿絵にも見られ、真新しいものではない。そのメイド服が隷属者としてのメイドの枠から離れて日本で流行したのはMALICE MIZERのmanaの影響下であったといわれている。manaがアルバム『merveilles』の頃に用いていたステージ衣装はメイド服を髣髴とさせるデザインであったが、このメイドというコンセプトは、ゴシック・アンド・ロリータ愛好家に受け入れられ、多くのゴシック・アンド・ロリータブランドでメイド服の生産が行われた。さらに、オタク文化でもこのメイドというコンセプトに注目する企業が現れ、コスパが全国初のメイドカフェ「キュア・メイド・カフェ」を開店する。メイドの例はゴシック・アンド・ロリータ文化から生まれたものをオタク文化で消費したものであるといえる。ゴシック・アンド・ロリータ フレッシュアイペディアより)

  • ゴシック・アンド・ロリータ

    ゴシック・アンド・ロリータから見たPINK HOUSE

    1980年代頃、トランスギャルとナゴムギャルという2種類のおっかけが存在した。トランスギャルは、トランスレコードのYBO2、Z.O.A、ASYLUM、SODOMなどのおっかけをし、全身を真っ黒の出で立ちに青白いメイクと髑髏のアクセサリーを身に付け、MILK、OZONE COMMUNITY、Y's、COMME des GARCONSなどのブランドを好んだ。またナゴムギャルは、ナゴムレコードのたま、人生、筋肉少女帯、ばちかぶり、死ね死ね団などのバンドのおっかけをし、ボーダーのニーソックスにリボン、派手なTシャツにラバーソウルを着た実年齢よりも幼い印象で、Jane Maple、MILK、PINK HOUSEなどのブランドを好んだ。その後イカ天でバンドブームが到来し、歩行者天国でストリートライブが行われるようになってくると、様々なバンドを見るファンによって、ナゴム系とトランス系の双方の要素が混ざっていき生まれた。ゴシック・アンド・ロリータ フレッシュアイペディアより)

  • ゴシック・アンド・ロリータ

    ゴシック・アンド・ロリータから見た繊研新聞

    編集長の鈴木真理子によると2000年春、ゴスロリ服とヴィジュアル系バンドの動きを面白く思い、ヴィジュアル系バンドとそのファンのためのファッション雑誌を作ることを会社に提案したが会社は承認しなかった。しかし夏の終わり頃、提案に反対していた上司が繊研新聞の記事を読んで、今ゴシック&ロリータの服だけが売れているということを知り、鈴木に「ゴシック&ロリータのバイブル」を作るように求めてきた。そこで創刊が決まり、同時に誌名も決まった。『KERA』の別冊として創刊された『ゴシック&ロリータバイブル』は、ムック誌でありながら4度の重版を重ねた。さらに2003年に『ゴシック&ロリータバイブル VOL.10』、『ゴシック&ロリータバイブル VOL.20』が発行され、2007年には創刊号が『ゴシック&ロリータバイブル Premium 1st』として復刊された。ゴシック・アンド・ロリータ フレッシュアイペディアより)

  • ゴシック・アンド・ロリータ

    ゴシック・アンド・ロリータから見た東洋経済新報社

    野村総合研究所オタク市場予測チーム『オタク市場の研究』東洋経済新報社、2005年10月27日発行、(ISBN 9784492555415)ゴシック・アンド・ロリータ フレッシュアイペディアより)

  • ゴシック・アンド・ロリータ

    ゴシック・アンド・ロリータから見た玄光社

    『イラストレーション 2009年5月号No.177』玄光社、2009年5月1日発行ゴシック・アンド・ロリータ フレッシュアイペディアより)

  • ゴシック・アンド・ロリータ

    ゴシック・アンド・ロリータから見たプレジデント社

    三浦展、スタンダード通信社『日本溶解論-この国の若者たち』プレジデント社、2008年3月17日発行(ISBN 9784833418669)ゴシック・アンド・ロリータ フレッシュアイペディアより)

235件中 81 - 90件表示

「ゴシック・アンド・ロリータ」のニューストピックワード