前へ 1 2 3
27件中 1 - 10件表示
  • 東京ゴミ戦争

    東京ゴミ戦争から見たゴミ問題ごみ問題

    東京ゴミ戦争(とうきょうゴミせんそう)とは、東京都における廃棄物(ごみ)の処理・処分に関する紛争(ゴミ問題)のこと。特に1950年代後半から1970年代にかけて、江東区と杉並区の間で起きたごみの処理・処分に関する紛争を指すことが多い。当時の美濃部東京都知事が「ごみ戦争宣言」を行ったことで「ゴミ戦争」の名がクローズアップされ、これ以後、類似の事案についてごみ戦争と言われるようになった。東京ゴミ戦争 フレッシュアイペディアより)

  • ゴミ問題

    ゴミ問題から見たごみ問題ごみ問題

    ゴミ問題 フレッシュアイペディアより)

  • 小金井ごみ問題

    小金井ごみ問題から見たゴミ問題ごみ問題

    小金井ごみ問題(こがねいごみもんだい)とは、東京都小金井市における廃棄物(ごみ)の処理・処分に関する紛争(ゴミ問題)。1980年代から端を発し、2012年現在も問題解決がなされていない。周辺自治体にまで影響を与え、2011年に市長が2度変わる事態は周辺自治体から影響を与えられたとも言われている。小金井ごみ問題 フレッシュアイペディアより)

  • ゴミ袋

    ゴミ袋から見たごみ問題ごみ問題

    かつて日本では、ごみ収集所へのごみ出しにも黒色や青色のポリエチレン製の袋を用いたり、スーパーマーケットなどで用いられるレジ袋などを再利用する場合が多かった。しかし、ごみ問題が深刻化するとともに1990年代以降ごみ有料化を実施する自治体が増えていった。ごみ有料化の方法として用いられる方法としては指定袋方式とステッカー方式がある。また、ごみ袋の搬出時に記名を義務づける記名式を採用している自治体もあるがプライバシーの点から導入には賛否がある。ゴミ袋 フレッシュアイペディアより)

  • 紙皿

    紙皿から見たごみ問題ごみ問題

    こと使い捨て食器・容器としては安価であるため、発泡スチロール(ポリスチレンペーパー:PSP)製の使い捨て食器と並んで広く利用されており、特にPSP製食器が環境中に放置されたり焼却処分される場合では環境負荷の高さが懸念されるのに対し、紙皿では「燃えるごみ」(生ごみ)一般と同じ扱いで廃棄できる点で有利とみなされる。逆に耐水性ではPSP製使い捨て食器に軍配が上がる。ただし双方とも環境中に放置されれば程度問題を含むが環境の美観を損ねごみ問題を生むのは同じである。紙製品一般ではリサイクル手法がその各々に発達しているのに対して、紙皿では廃棄に際して食品の残りかすや付着した調味料などを取り除いてまでしてリサイクルする業態が確立されておらず、主に焼却炉で焼却処分される。紙皿 フレッシュアイペディアより)

  • 岩佐恵美

    岩佐恵美から見たごみ問題ごみ問題

    生協時代には消費者活動課長を務めていたことなどから消費者行政に強く、政界引退後も党市民・住民運動局長としてごみ問題やBSE問題に取り組んでいる。岩佐恵美 フレッシュアイペディアより)

  • デジタル家庭電化製品

    デジタル家庭電化製品から見たごみ問題ごみ問題

    また貴重な資源を使う点で、リサイクルにも様々な問題があり、これらに利用された希少資源の回収も課題となっている。これらデジタル家庭電化製品の多くでは高度化とダウンサイジングのために高密度な部品実装を行う傾向も見られるが、これが修理面で「故障したら内部基板を丸ごと交換」といった傾向を生んでおり、近年の循環型社会の形成の面でネックとなる傾向も見られ、「壊れたら修理すると高くつくため、買い換える」という状況を生み、ごみ問題の一端ともなっている。デジタル家庭電化製品 フレッシュアイペディアより)

  • 島村一郎

    島村一郎から見たゴミ問題ごみ問題

    温厚篤実かつ地味な人柄で、「ゴミ問題」・「航空機騒音問題」・「成田新幹線問題」等で国や都と激しく折衝した地元の故・中里喜一元江戸川区長の勢いに困惑することもしばしばであったという。島村一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 環境運動家

    環境運動家から見たゴミ問題ごみ問題

    環境運動は、地球温暖化・原発問題・ゴミ問題・公害問題・薬害訴訟・動物保護問題など、多岐に亘る。そのため、街の一角といった小さな規模から国全体で取り組む国家規模、地球全体で取り組む世界規模に至るものまで様々である。団体で取り組んでいる場合もあれば、個人で活動している場合もある。環境運動家 フレッシュアイペディアより)

  • 賞味期限

    賞味期限から見たごみ問題ごみ問題

    以下に示すのは、賞味期限が経過してなお所定の状態で保存し続けた場合の状態変化である。前述の通り賞味期限は製品としての風味が保証される期限で、これの経過後に直ちに喫食に適さない状態になる訳ではなく、例えば賞味期限経過直後(賞味期限+1日など)で直ちに以下のような状態になる訳ではない。衛生さえ問題なければ食べられないこともない場合もある。この状態変化は、賞味期限内でも保管状況によって程度の差こそあれ常に進行している状態変化で、賞味期限を大きく過ぎると以下のような問題が顕著化するが、保存状態が悪いと賞味期限内でも発生しうる状態でもある。なお農林水産省と厚生労働省はごみ問題にも関連して、賞味期限経過直後の食品は直ちに捨てるのではなく、出来る限り劣化しないうちに食べてしまうことを勧めている。賞味期限 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3
27件中 1 - 10件表示

「ゴミ問題」のニューストピックワード