27件中 11 - 20件表示
  • ペンローズ過程

    ペンローズ過程から見たごみ問題ごみ問題

    ペンローズ過程(ペンローズかてい、英語:Penrose process、ペンローズ機構・ペンローズ・メカニズム(Penrose mechanism)とも)は、ロジャー・ペンローズにより提唱された、自転するブラックホールからエネルギーを取り出す過程。キップ・ソーンは、この過程をごみ問題とエネルギー問題を一挙に解決する手法と提案したが、現段階では思考実験でしかない。ペンローズ過程 フレッシュアイペディアより)

  • ごみ

    ごみから見たごみ問題ごみ問題

    だが、その量があまりに増えたこと、また、燃やすと有害なダイオキシンが大気中に放出されてしまうゴミ、埋め立てても環境に悪影響を及ぼすようなゴミなどが出現したことが状況を悪化させている。 →ごみ問題ごみ フレッシュアイペディアより)

  • シュレッダー

    シュレッダーから見たごみ問題ごみ問題

    近年では、自動車などに由来するシュレッダーダスト(主に再利用不可能なプラスチック)の処分方法や不法投棄などが問題化している。シュレッダー フレッシュアイペディアより)

  • 廃棄物の処理及び清掃に関する法律

    廃棄物の処理及び清掃に関する法律から見たごみ問題ごみ問題

    1960年代になると、経済の高度成長に伴って、大量消費、大量廃棄によるごみ問題が顕在化した。また、ごみ焼却場自体が公害発生源として、問題となってきた。1970年の公害国会において、清掃法を全面的に改める形で、廃棄物の処理及び清掃に関する法律が成立した。1976年には改正され、「措置命令規定の創設」、「再委託の禁止」、「処理記録の保存」、「敷地内埋立禁止」などが定められた。廃棄物の処理及び清掃に関する法律 フレッシュアイペディアより)

  • 生ごみ処理機

    生ごみ処理機から見たごみ問題ごみ問題

    普及の背景には、ごみ問題がある。各自治体が収集するごみの総量は年々増加している。それに合わせ処理能力も拡大しているが、依然としてゴミは大きな社会問題でありつづけている。特に生ごみは、水分量が大きいため輸送、焼却にかかるコストが大きい。そのため、一部の自治体では生ゴミ処理機購入に補助金を出すなどの普及活動を行っている。また、近年のエコロジーへの意識の高まりも普及に一役立っている。このような背景を元に、排出源である各家庭での生ごみ処理法として生ごみ処理機が注目、推進されている。生ごみ処理機 フレッシュアイペディアより)

  • 環境衛生週間

    環境衛生週間から見たごみ問題ごみ問題

    環境衛生週間(かんきょうえいせいしゅうかん)とは、日本の環境衛生全般、特にごみ問題を中心とした啓発活動を実施するための週間である。環境衛生週間 フレッシュアイペディアより)

  • 電器店

    電器店から見たごみ問題ごみ問題

    これらは日本国内で1980年代以降、家電製品が「修理に出すより買い替えた方が安く付く」や「製品の陳腐化(旧態化)が激しく、壊れる頃が買い替え時」といった風潮から大量の家電製品が大量生産・大量消費されていたことがごみ問題を招いた所に負う部分が大きい。同法施行直前に駆け込み需要が見られたものの、施行後は一般家電の売上げ微減傾向も見られる。電器店 フレッシュアイペディアより)

  • 景山民夫

    景山民夫から見たゴミ問題ごみ問題

    若い頃から、ネス湖のネッシーや幽霊などをはじめとする超常現象や、原子力発電やゴミ問題などの環境問題に深い関心を寄せる。実子の死去などから、晩年には宗教法人「幸福の科学」に入信。1991年(平成3年)の講談社フライデー事件では「講談社フライデー全国被害者の会」の会長として同じく信者の小川知子とともに講談社などに損害賠償を請求する提訴を行った。景山民夫 フレッシュアイペディアより)

  • 武田邦彦

    武田邦彦から見たごみ問題ごみ問題

    ペットボトルは分別せずに全て焼却がよい。武田邦彦 フレッシュアイペディアより)

  • 小金井ごみ問題

    小金井ごみ問題から見たゴミ問題ごみ問題

    小金井ごみ問題(こがねいごみもんだい)は、東京都小金井市における廃棄物(ごみ)の処理・処分に関する紛争(ゴミ問題)のこと。2011年にはこの問題により市長が2度変わる事態となった。小金井ごみ問題 フレッシュアイペディアより)

27件中 11 - 20件表示

「ゴミ問題」のニューストピックワード