31件中 11 - 20件表示
  • ゴミ袋

    ゴミ袋から見たごみ問題ごみ問題

    かつて日本では、ごみ収集所へのごみ出しにも黒色や青色のポリエチレン製の袋を用いたり、スーパーマーケットなどで用いられるレジ袋などを再利用する場合が多かった。しかし、ごみ問題が深刻化するとともに1990年代以降ごみ有料化を実施する自治体が増えていった。ごみ有料化の方法として用いられる方法としては指定袋方式とステッカー方式がある。また、ごみ袋の搬出時に記名を義務づける記名式を採用している自治体もあるがプライバシーの点から導入には賛否がある。ゴミ袋 フレッシュアイペディアより)

  • 岩佐恵美

    岩佐恵美から見たごみ問題ごみ問題

    生協時代には消費者活動課長を務めていたことなどから消費者行政に強く、政界引退後も党市民・住民運動局長としてごみ問題やBSE問題に取り組んでいる。岩佐恵美 フレッシュアイペディアより)

  • 環境衛生週間

    環境衛生週間から見たごみ問題ごみ問題

    環境衛生週間(かんきょうえいせいしゅうかん)とは、日本の環境衛生全般、特にごみ問題を中心とした啓発活動を実施するための週間である。環境衛生週間 フレッシュアイペディアより)

  • 環境運動家

    環境運動家から見たゴミ問題ごみ問題

    環境運動は、地球温暖化・原発問題・ゴミ問題・公害問題・薬害訴訟・動物保護問題など、多岐に亘る。そのため、街の一角といった小さな規模から国全体で取り組む国家規模、地球全体で取り組む世界規模に至るものまで様々である。団体で取り組んでいる場合もあれば、個人で活動している場合もある。環境運動家 フレッシュアイペディアより)

  • 景山民夫

    景山民夫から見たゴミ問題ごみ問題

    若い頃より、ネス湖のネッシーや幽霊などをはじめとする超常現象や、原子力発電やゴミ問題などの環境問題に深い関心を寄せる。実子の死去などから、晩年には宗教法人「幸福の科学」に入信。1991年(平成3年)の講談社フライデー事件では「講談社フライデー全国被害者の会」の会長として同じく信者の小川知子とともに講談社などに損害賠償を請求する提訴を行った。景山民夫 フレッシュアイペディアより)

  • 高橋郁哉

    高橋郁哉から見たゴミ問題ごみ問題

    ゴミ問題(埼玉県川口市)ポスター高橋郁哉 フレッシュアイペディアより)

  • 生ごみ処理機

    生ごみ処理機から見たごみ問題ごみ問題

    普及の背景には、ごみ問題がある。各自治体が収集するごみの総量は年々増加している。それに合わせ処理能力も拡大しているが、依然としてゴミは大きな社会問題でありつづけている。特に生ごみは、水分量が大きいため輸送、焼却にかかるコストが大きい。そのため、一部の自治体では生ゴミ処理機購入に補助金を出すなどの普及活動を行っている。また、近年のエコロジーへの意識の高まりも普及に一役立っている。このような背景を元に、排出源である各家庭での生ごみ処理法として生ごみ処理機が注目、推進されている。生ごみ処理機 フレッシュアイペディアより)

  • 天下堂々

    天下堂々から見たごみ問題ごみ問題

    しかし、「御免」が享保年間・田沼意次時代を舞台とすることによって、日本列島改造論ブームや政治家への賄賂、深刻な公害・ごみ問題の発生、受験戦争といった放映当時の社会に対する痛烈な風刺が込められていたのに対し、天保年間・「天保の改革」を推進した水野忠邦時代を舞台とした「天下堂々」では、第一次オイルショック、トイレットペーパー騒動、狂乱物価といった放映当時の社会に対する風刺は若干見られたものの、ドラマ全体では風刺色が影を潜めていたため、両者ではドラマ全体を漂うトーンが全く異なるものとなっていた。天下堂々 フレッシュアイペディアより)

  • 島村一郎

    島村一郎から見たゴミ問題ごみ問題

    温厚篤実かつ地味な人柄で、「ゴミ問題」・「航空機騒音問題」・「成田新幹線問題」等で国や都と激しく折衝した地元の故・中里喜一元江戸川区長の勢いに困惑することもしばしばであったという。島村一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 廃棄物の処理及び清掃に関する法律

    廃棄物の処理及び清掃に関する法律から見たごみ問題ごみ問題

    1960年代になると、経済の高度成長に伴って、大量消費、大量廃棄によるごみ問題が顕在化した。また、ごみ焼却場自体が公害発生源として、問題となってきた。廃棄物の処理及び清掃に関する法律 フレッシュアイペディアより)

31件中 11 - 20件表示