96件中 21 - 30件表示
  • ごみ問題

    ごみ問題から見た最終処分場

    ごみ問題(ごみもんだい)とは、日常生活や経済活動、災害などに伴い発生したごみ(ゴミ)、廃棄物(一般廃棄物、産業廃棄物を含む)に関する問題のこと。不法投棄などによる環境汚染や健康被害に加えて、適切な処理をする場合でも、ごみの発生に焼却や最終処分場での埋め立てが追い付かなかったり、ごみの搬入や収集・処理施設の新増設に地元側が反対したりする場合もある。ごみ問題 フレッシュアイペディアより)

  • ごみ問題

    ごみ問題から見た朝霞市

    日本の自治体では、具体的な数字によって有料化による減量の成果を公表している所もあり、東京都武蔵野市、新潟県新潟市などが公表している。無料のままの自治体でも、埼玉県朝霞市、飯能市、入間市、新座市、吉川市が詳細なデータを公表している。ごみ問題 フレッシュアイペディアより)

  • ごみ問題

    ごみ問題から見た滋賀県

    一定枚数まで指定袋を原価で販売し、それを上回ると高い価格で販売する仕組みである。滋賀県守山市、宮崎県都城市、山口県柳井市、静岡県御殿場市、岐阜県関市などが導入している。ごみ問題 フレッシュアイペディアより)

  • ごみ問題

    ごみ問題から見た東京都

    日本の自治体では、具体的な数字によって有料化による減量の成果を公表している所もあり、東京都武蔵野市、新潟県新潟市などが公表している。無料のままの自治体でも、埼玉県朝霞市、飯能市、入間市、新座市、吉川市が詳細なデータを公表している。ごみ問題 フレッシュアイペディアより)

  • ごみ問題

    ごみ問題から見た岐阜県

    一定枚数の指定袋やシールを無料配布し、それを上回る場合は、有料で販売する仕組みである。千葉県野田市、岐阜県高山市などが導入している。ごみ問題 フレッシュアイペディアより)

  • ごみ問題

    ごみ問題から見た埼玉県

    日本の自治体では、具体的な数字によって有料化による減量の成果を公表している所もあり、東京都武蔵野市、新潟県新潟市などが公表している。無料のままの自治体でも、埼玉県朝霞市、飯能市、入間市、新座市、吉川市が詳細なデータを公表している。ごみ問題 フレッシュアイペディアより)

  • ごみ問題

    ごみ問題から見たバイオガス

    生ゴミや汚泥などの廃棄物に関しては、バイオガスとしての利用なども進んでいる。積水化学工業は2017年、ごみを蒸し焼きにして一酸化炭素(CO)と水素ガスに分解し、それらを菌で発酵させてエタノール(燃料や石油化学製品の原料となる)に変える比較的低コストな技術を開発したと発表したごみ問題 フレッシュアイペディアより)

  • ごみ問題

    ごみ問題から見た汚物掃除法

    戦後の日本では経済成長と大量消費時代の到来により急増したごみが、公害の一つとして問題になった。従来の汚物掃除法(1900年)に代えて、ごみを総括的に規制する法律として廃棄物の処理及び清掃に関する法律(廃掃法、1970年)が施行された。その後、ごみと資源消費の量を抑えるため、品目別に各種のリサイクル法が制定されている。ごみ問題 フレッシュアイペディアより)

  • ごみ問題

    ごみ問題から見た吉川市

    日本の自治体では、具体的な数字によって有料化による減量の成果を公表している所もあり、東京都武蔵野市、新潟県新潟市などが公表している。無料のままの自治体でも、埼玉県朝霞市、飯能市、入間市、新座市、吉川市が詳細なデータを公表している。ごみ問題 フレッシュアイペディアより)

  • ごみ問題

    ごみ問題から見た水源地

    最終処分場は、水源地に近い山間部に設定されている場合が多い。このため飲用水や農業用水への汚染を恐れた住民により、既存最終処分場の改善や新設反対の運動が度々起きている。最終処分場の確保は自治体にとっても大きな問題となっている。ごみ問題 フレッシュアイペディアより)

96件中 21 - 30件表示

「ゴミ問題」のニューストピックワード