96件中 41 - 50件表示
  • ごみ問題

    ごみ問題から見た野田市

    一定枚数の指定袋やシールを無料配布し、それを上回る場合は、有料で販売する仕組みである。千葉県野田市、岐阜県高山市などが導入している。ごみ問題 フレッシュアイペディアより)

  • ごみ問題

    ごみ問題から見た退職

    小金井ごみ問題 - 東京都小金井市におけるごみ処理について、二枚橋清掃工場の閉鎖に伴い「新たな地方公共団体と共同処理」と決定後も、小金井市民は蛇の目跡地への建設に反対し役場もごみ処理方法を決定する事なく、ごみ処理が不可能となった。そのため、ごみ緊急事態宣言をしタウンミーティングを行うものの進展がなく、新たに選ばれた小金井市長もごみ処理について不適切な発言をして協力を申し出ている近隣各市や市民の反発を招いた事から着任直後に退職した。このように都知事を巻き込むなど日本全国のマスコミをにぎわす事態となり、その後に近隣だけではなく離れた地方自治体などが自前のごみ処理容量残り枠を工面して援助を申し出ているものの、小金井市役所市民ともごみ処理について新たな行動を起こすに至っておらず、小金井市におけるごみ処理については、20年以上も問題が続いて解決の見通しが立っていない。ごみ問題 フレッシュアイペディアより)

  • ごみ問題

    ごみ問題から見た公害

    戦後の日本では経済成長と大量消費時代の到来により急増したごみが、公害の一つとして問題になった。従来の汚物掃除法(1900年)に代えて、ごみを総括的に規制する法律として廃棄物の処理及び清掃に関する法律(廃掃法、1970年)が施行された。その後、ごみと資源消費の量を抑えるため、品目別に各種のリサイクル法が制定されている。ごみ問題 フレッシュアイペディアより)

  • ごみ問題

    ごみ問題から見た飯能市

    日本の自治体では、具体的な数字によって有料化による減量の成果を公表している所もあり、東京都武蔵野市、新潟県新潟市などが公表している。無料のままの自治体でも、埼玉県朝霞市、飯能市、入間市、新座市、吉川市が詳細なデータを公表している。ごみ問題 フレッシュアイペディアより)

  • ごみ問題

    ごみ問題から見た関市

    一定枚数まで指定袋を原価で販売し、それを上回ると高い価格で販売する仕組みである。滋賀県守山市、宮崎県都城市、山口県柳井市、静岡県御殿場市、岐阜県関市などが導入している。ごみ問題 フレッシュアイペディアより)

  • ごみ問題

    ごみ問題から見た発酵

    生ゴミや汚泥などの廃棄物に関しては、バイオガスとしての利用なども進んでいる。積水化学工業は2017年、ごみを蒸し焼きにして一酸化炭素(CO)と水素ガスに分解し、それらを菌で発酵させてエタノール(燃料や石油化学製品の原料となる)に変える比較的低コストな技術を開発したと発表したごみ問題 フレッシュアイペディアより)

  • ごみ問題

    ごみ問題から見たパヤタス・ダンプサイト

    フィリピンでは2000年代にはマニラ首都圏で1日約6000tのごみが排出されていた。ごみが不法投棄されたり、街からの収集が進まず放置されたりすることもある。2000年7月には200人以上の犠牲者を出したともいわれるパヤタス・ダンプサイト(処分場)ごみ崩落事件が発生している。2001年には固形廃棄物管理法が制定された。ごみ問題 フレッシュアイペディアより)

  • ごみ問題

    ごみ問題から見た環境基準

    最終処分場へ運び込まれる廃棄物には、重金属やダイオキシン類などの有害物質を含むものもある。このような有害性の高い廃棄物については特別管理産業廃棄物に区分され、周辺への安全性の確保から、特別な構造基準により設置がされている。しかしながら、構造基準制定前の緩い構造基準で造られた処分場や、既設のミニ処分場・自社処分場(設置構造基準がない)から、有害物質が一般環境中に拡散する問題が各地で発生している。また環境基準には設定されていない物質(樹脂の可塑剤(内分泌攪乱化学物質)など)についても既設処分場から一般環境中へ拡散する問題が発生している。ごみ問題 フレッシュアイペディアより)

  • ごみ問題

    ごみ問題から見た飲料

    産廃などの大量投棄への対策だけでなく、煙草の吸い殻や飲料空き容器のポイ捨てを防ぐため、啓発活動や路上喫煙禁止条例の制定を行っている自治体も多い。ごみ問題 フレッシュアイペディアより)

  • ごみ問題

    ごみ問題から見たタウンミーティング

    小金井ごみ問題 - 東京都小金井市におけるごみ処理について、二枚橋清掃工場の閉鎖に伴い「新たな地方公共団体と共同処理」と決定後も、小金井市民は蛇の目跡地への建設に反対し役場もごみ処理方法を決定する事なく、ごみ処理が不可能となった。そのため、ごみ緊急事態宣言をしタウンミーティングを行うものの進展がなく、新たに選ばれた小金井市長もごみ処理について不適切な発言をして協力を申し出ている近隣各市や市民の反発を招いた事から着任直後に退職した。このように都知事を巻き込むなど日本全国のマスコミをにぎわす事態となり、その後に近隣だけではなく離れた地方自治体などが自前のごみ処理容量残り枠を工面して援助を申し出ているものの、小金井市役所市民ともごみ処理について新たな行動を起こすに至っておらず、小金井市におけるごみ処理については、20年以上も問題が続いて解決の見通しが立っていない。ごみ問題 フレッシュアイペディアより)

96件中 41 - 50件表示

「ゴミ問題」のニューストピックワード