85件中 21 - 30件表示
  • ジェフ・オギルビー

    ジェフ・オギルビーから見たワールドゴルフランキングワールドゴルフランキング

    ジェフ・オギルビー(Geoff Ogilvy, 1977年6月11日 - )は、オーストラリア・アデレード出身のプロゴルファー。2006年の全米オープンゴルフ優勝者である。世界ランキング自己最高位は4位(2009年3月)。イギリス王室の「アングス・オギルビー」(Sir Angus Ogilvy)の遠縁であることも知られている。身長188cm、体重82kg。ジェフ・オギルビー フレッシュアイペディアより)

  • 男子ゴルフの世界ランキング記録

    男子ゴルフの世界ランキング記録から見たワールドゴルフランキングワールドゴルフランキング

    男子ゴルフの世界ランキング記録は、ゴルフにおける男子世界ランキング1位在位数の記録である。男子ゴルフの世界ランキング記録 フレッシュアイペディアより)

  • 女子ワールドカップ (ゴルフ)

    女子ワールドカップ (ゴルフ)から見たワールドゴルフランキングワールドゴルフランキング

    前年10月第2週初日時点でのロレックスランキング上位8ヶ国籍の最上位選手、アメリカツアー(USLPGA)の上位4カ国籍の最上位選手、欧州ツアー(LET)の上位4カ国籍の最上位選手が属する国・地域がランキング重複を除いた上で出場対象となる。このため本来は16チームが出場対象となるべきところであるが前述の通り英国内4チーム認定、中国・台湾並立などの国・地域対抗の形を取るため実際の出場チーム数は20チーム以上となる。女子ワールドカップ (ゴルフ) フレッシュアイペディアより)

  • ケニー・ペリー

    ケニー・ペリーから見たワールドゴルフランキングワールドゴルフランキング

    ブルックスにプレーオフで敗れた後、ペリーは長い低迷期を迎えた。41歳の誕生日の2日後、2001年8月12日に「ビュイック・オープン」で6年ぶりのツアー4勝目を挙げる。2003年、ペリーは43歳で年間3勝を獲得し、5月末の「バンク・オブ・アメリカ・コロニアル」と「メモリアル・トーナメント」で2週連続優勝を達成した。その勢いに乗り、全米オープンで3位に入賞する。続いて7月中旬の「グレーター・ミルウォーキー・オープン」でシーズン3勝目を挙げ、全英オープンでも8位に入った。こうしてペリーは2003年度のツアー賞金ランキングで6位に入り、世界ランキングも8位に上昇して、43歳にして初の世界トップ10入りを果たした。ケニー・ペリー フレッシュアイペディアより)

  • ヘール・アーウィン

    ヘール・アーウィンから見た世界ゴルフランキングワールドゴルフランキング

    PGAツアーにおいて1971年のシーパインヘリテージクラシックから1994年のMCIヘリテージゴルフクラシックまでの20勝をし、約600万ドルの賞金を得た。1994年ヘリテージに49歳で優勝したことで、永久シードを獲得した。また1970年代にはウェントワースにて行われた、ピカデリー世界マッチプレー選手権に2度優勝した。マコーマック世界ゴルフランキングで1975年から1979年まで毎年トップ5に、1991年の数週間は公式世界ゴルフランキングのトップ10に位置した。ヘール・アーウィン フレッシュアイペディアより)

  • グレグ・ノーマン

    グレグ・ノーマンから見たワールドゴルフランキングワールドゴルフランキング

    1976年にプロ入り。世界各国で合計68勝を挙げている。全盛期にはゴルフ世界ランキング1位を通算「331週」保持しており、これはワールドゴルフランキング制度が発足した1985年以降ではタイガー・ウッズに次ぐ記録である。1986年と1993年の2度、全英オープンで優勝している(第115、122回大会)。特に、1986年は「ノーマンの年」「グレグ・イヤー」と言われるほど、世界を舞台に活躍した。四大メジャー大会すべてで、54ホール終了時点で首位に立ち、最終日に最終組で廻り「ノーマンスラム」「サタデースラム」と呼ばれているが、メジャー優勝は全英オープンのみ。イギリス・ヨーロッパ・オーストラリアでの6戦連続勝利などを経て、全豪オープンでテリー・ゲイルに1打差で勝利して、このシーズンは10勝を挙げた。なお、ノーマンの7連勝を阻んだのはマイク・ハーウッドであり、ハーウッドの地元のキャッスルヒルカントリークラブ(パー72)開催の全豪プロ選手権で最終日にコースレコード64で廻ってノーマンに2打差で勝利したが、これは同時にノーマンの大会3連覇を阻止するものであった。1993年のロイヤルセントジョージズでの全英オープンにはブッチ・ハーモンとスイング改造して臨み、全英オープン最少打数で4日間ラウンドして、2度目で最後のメジャー優勝。グレグ・ノーマン フレッシュアイペディアより)

  • アーニー・エルス

    アーニー・エルスから見たワールドゴルフランキングワールドゴルフランキング

    1998年前半の数週間、断続的に世界ランキング1位の位置にいたことがある。しかし、この年の後半は病気に苦しみ、しばらく試合を欠場した時期があった。アーニー・エルス フレッシュアイペディアより)

  • ザック・ジョンソン

    ザック・ジョンソンから見たワールドゴルフランキングワールドゴルフランキング

    地元のドレイク大学を卒業後、1998年にプロ転向。2003年からネーションワイドツアーに参戦し、2勝を収めた。翌2004年からPGAツアーのシード権を獲得し、4月初頭の「ベルサウス・クラシック」でツアー初優勝を飾った。それから3年後、ジョンソンは2007年のマスターズ・トーナメントで、ツアー2勝目、メジャー大会初優勝を飾った。この時のスコアは 1 オーバーパー(+1, 71+73+76+69=289ストローク)で、1954年のサム・スニード、1956年のジャック・バーク・ジュニアに並ぶ歴代最低スコアだった。ジョンソンのマスターズ開幕前の世界ランキング自己最高位は56位であり、自己最高位50位以下の選手がマスターズで優勝するのは史上初だった(大会後にランキング15位に上昇)。アメリカ代表として、2006年のライダーカップ、2007年のプレジデンツカップにも出場した。2015年の全英オープンで、メジャー大会2勝目を飾った。ザック・ジョンソン フレッシュアイペディアより)

  • クリス・ディマルコ

    クリス・ディマルコから見たワールドゴルフランキングワールドゴルフランキング

    クリス・ディマルコ(Chris DiMarco、1968年8月23日 - )は、アメリカ・ニューヨーク州ハンティントン出身のプロゴルファーである。ゴルフメジャー大会でも優勝争いの常連選手のひとりで、2004年全米プロゴルフ選手権、2005年マスターズ、2006年全英オープンで2位入賞が3度ある。世界ランキング自己最高位は6位。これまでにPGAツアーで通算3勝を挙げ、欧州ツアーでも1勝している。独特なクローハンド・グリップのパターでも有名な選手である。クリス・ディマルコ フレッシュアイペディアより)

  • ロッコ・ミーディエート

    ロッコ・ミーディエートから見たワールドゴルフランキングワールドゴルフランキング

    2008年の全米オープンゴルフで、ロッコ・ミーディエートは予選会から出場した。この全米オープンを迎えるまで、彼は出場17大会のうち「8大会」しか予選を通過できず、全米開幕当時の世界ランキングも「158位」まで落ちていた。カリフォルニア州サンディエゴにある「トーリーパインズ・ゴルフクラブ」(パー71)のコースで、ミーディエートは4日間通算を 1 アンダーパー(-1, 69+71+72+71=283ストローク)で回った。最終第2組で回ったミーディエートは、テレビで最終組の2人、タイガー・ウッズとリー・ウエストウッドのプレーを見ていた。2人ともミーディエートに1打遅れて、イーブンパーで最終18番のグリーンに上がってきた。ウエストウッドはバーディーパットを外すが、ウッズが土壇場でバーディーパットを沈め、1 アンダーパーでミーディエートに追いついた。こうして、全米オープン優勝の行方はミーディエートとウッズのプレーオフに持ち越される。全米オープンのプレーオフは、(他のトーナメントと異なり)もう1ラウンド(18ホール)プレーする方式で行われ、ここでも決着がつかなかった。プレーオフの19ホール目は、7番ホールに場を移す。ここでミーディエートがミスを犯し、このホールをボギーにしたため、パーで終了したウッズが6年ぶり3度目の全米オープン優勝を果たし、ミーディエートは「45歳6ヶ月」の最年長優勝者になるチャンスを逃した。左膝を痛めていた世界ランキング1位との「91ホール」に及んだ激闘で、2位になったミーディエートのプレーも高い評価を受けた。ロッコ・ミーディエート フレッシュアイペディアより)

85件中 21 - 30件表示

「ゴルフ世界ランキング」のニューストピックワード