74件中 21 - 30件表示
  • イアン・ウーズナム

    イアン・ウーズナムから見たワールドゴルフランキングワールドゴルフランキング

    イアン・ウーズナム(Ian Woosnam, 1958年3月2日 - )は、ウェールズのプロゴルファーである。イングランド領のオスウェストリーに生まれる。1991年のマスターズ・トーナメント優勝者で、男子ゴルフの世界ランキング1位も通算「50週」保持した名選手である。ウーズナムという姓が読みづらいことから“Woosie”(ウージー)と呼ばれている。これまでにヨーロッパツアーで28勝、国際試合で通算8勝を挙げ、マスターズを含めると総計「37勝」を記録している。身長165cm、体重76kgで、プロゴルファーとしても小柄な体格である。イアン・ウーズナム フレッシュアイペディアより)

  • 中嶋常幸

    中嶋常幸から見たワールドゴルフランキングワールドゴルフランキング

    世界4大メジャー大会の成績は、1986年のマスターズ・トーナメント8位、1987年の全米オープン9位、1988年の全米プロゴルフ選手権3位などがある。セント・アンドリューズ(R&Aゴルフクラブの「オールド・コース」)で行われた全英オープンで、中嶋が最終日に17番ホール(パー4)の第2打を有名な「ロード・バンカー」(Road Bunker)に入れてしまい、9打を要して優勝のチャンスを逃したのは1978年のことである。そのため、このバンカーは中嶋の愛称“トミー”をとって「トミーズ・バンカー」とも呼ばれるようになった。同オープンでは1986年に最終日、最終組をグレッグ・ノーマンと廻った8位がある。最初期の世界ゴルフランキングで4位にランクされたこともあった。世界4大メジャーですべてベスト10入りしている日本人唯一のプレイヤーでもある。中嶋常幸 フレッシュアイペディアより)

  • 手嶋多一

    手嶋多一から見たワールドゴルフランキングワールドゴルフランキング

    7歳からゴルフを始める。中学生から高校生時代にかけて「九州ジュニアゴルフ選手権」で4度優勝。福岡県立田川高等学校卒業後アメリカに留学し、東テネシー州立大学を卒業する。1993年にプロゴルファーテスト合格。1999年の「ファンケル沖縄オープン」でツアー初優勝を果たす(当時はゴルフ日本シリーズの後、この大会が年間最終戦だった)。2001年に日本オープン選手権で優勝し、初の日本国内メジャータイトルを獲得。1ヶ月後の「ダンロップ・フェニックス選手権」で、最終日に世界ランキング3位のデビッド・デュバルを追い詰めたが、プレーオフでデュバルに敗れた。2003年の「アイフルカップ」でツアー3勝目を挙げる。2004年に日本ゴルフツアーの選手会長を務めた。手嶋多一 フレッシュアイペディアより)

  • ヘール・アーウィン

    ヘール・アーウィンから見た世界ゴルフランキングワールドゴルフランキング

    PGAツアーにおいて1971年のシーパインヘリテージクラシックから1994年のMCIヘリテージゴルフクラシックまでの20勝をし、約600万ドルの賞金を得た。1994年ヘリテージに49歳で優勝したことで、永久シードを獲得した。また1970年代にはウェントワースにて行われた、ピカデリー世界マッチプレー選手権に2度優勝した。マコーマック世界ゴルフランキングで1975年から1979年まで毎年トップ5に、1991年の数週間は公式世界ゴルフランキングのトップ10に位置した。ヘール・アーウィン フレッシュアイペディアより)

  • ニック・ファルド

    ニック・ファルドから見たワールドゴルフランキングワールドゴルフランキング

    ニック・ファルド(Nick Faldo, 1957年7月18日 - )は、イングランド・ハートフォードシャー州ウェリン・ガーデン・シティ出身のプロゴルファーである。非常に安定感のある選手で、マスターズと全英オープンにそれぞれ3勝を挙げ、メジャー大会「6勝」を記録した名選手である。世界ランキング1位にも通算「97週」在位した。欧州PGAツアーで30勝、アメリカPGAツアーで9勝、国際試合で4勝を挙げる(全英オープンは欧州PGAツアーとアメリカPGAツアーの両方で優勝回数に数えるため、ファルドの場合は3度の全英優勝が重複記録になる。したがって、生涯通算で40勝を挙げたことになる)。ニック・ファルド フレッシュアイペディアより)

  • セベ・バレステロス

    セベ・バレステロスから見たワールドゴルフランキングワールドゴルフランキング

    全盛期の1980年代には世界ランキング1位を通算「61週」保持するなどの強さを誇り、マスターズ初優勝時にはコメントを求められたジャック・ニクラスが「彼の将来にはたくさんのグリーンジャケットが待っている」と語るなど期待されていた。セベ・バレステロス フレッシュアイペディアより)

  • トッド・ハミルトン

    トッド・ハミルトンから見たワールドゴルフランキングワールドゴルフランキング

    2003年末に、アメリカPGAツアーの「クオリファイイング・スクール」(通称 Q-School)に8度目の挑戦で合格し、12年間の修業地となった日本を離れ、ようやく帰国を果たす。2004年3月に「ザ・ホンダ・クラシック」でアメリカツアー初優勝。同年7月、38歳にしてメジャー大会の全英オープンで優勝し、PGAツアーの5年シード権を獲得した。この時は 10 アンダーパー(-10, 274ストローク)で並んだアーニー・エルスとのプレーオフを制し、世界ランキング3位の強豪の同大会2年ぶりの優勝を阻止している。トッド・ハミルトン フレッシュアイペディアより)

  • 宮里美香

    宮里美香から見たワールドゴルフランキングワールドゴルフランキング

    2008年12月3-7日にかけて行われたLPGAツアーのクオリファイングトーナメント(シード権獲得のための資格試験)において、宮里はアマチュアながら12位で合格し、2009年のシード権を獲得した。合格者は20人で、アマチュアの合格選手は宮里1人だけである。予選会終了後の12月9日、彼女はプロ転向を宣言した。一緒に合格した選手には、日本の元賞金女王大山志保のほかに、かつての世界ランキング2位だったミシェル・ウィーもいた。宮里美香 フレッシュアイペディアより)

  • ダレン・クラーク

    ダレン・クラークから見たワールドゴルフランキングワールドゴルフランキング

    2011年の全英オープンゴルフ優勝者。世界ゴルフ選手権シリーズで2勝を挙げている選手で2000年の「アクセンチュア・マッチプレー選手権」と2003年の「NEC招待選手権」で優勝した。主にヨーロッパツアーで活躍している。世界ランキング自己最高位は8位。ダレン・クラーク フレッシュアイペディアより)

  • コリン・モンゴメリー

    コリン・モンゴメリーから見たワールドゴルフランキングワールドゴルフランキング

    コリン・モンゴメリー OBE(Colin Montgomerie OBE, 1963年6月23日 - )は、スコットランド・グラスゴー出身のプロゴルファーである。フルネームは Colin Stuart Montgomerie OBE (コリン・スチュアート・モンゴメリー OBE)という。1993年から1999年まで「7年連続」で欧州PGAツアーの賞金王(賞金ランキング1位)の記録を樹立した。2005年に6年ぶり8度目の欧州PGAツアー賞金王に輝いた。世界ランキング自己最高位は2位(1996年10月)。名前の長さから、ゴルフの競技仲間たちやテレビ解説者にも“Monty”(モンティ)と呼ばれている。欧州PGAツアーで通算31勝、他の国際試合では総計9勝を挙げているが、アメリカPGAツアーでは1度も優勝がない。コリン・モンゴメリー フレッシュアイペディアより)

74件中 21 - 30件表示

「ゴルフ世界ランキング」のニューストピックワード