85件中 31 - 40件表示
  • ジーブ・ミルカ・シン

    ジーブ・ミルカ・シンから見たワールドゴルフランキングワールドゴルフランキング

    2009年3月、シンは世界ゴルフ選手権シリーズ第2戦のCA選手権で単独4位に入り、世界ランキング自己最高位を29位に上げた。ジーブ・ミルカ・シン フレッシュアイペディアより)

  • 盛田正明

    盛田正明から見たワールドゴルフランキングワールドゴルフランキング

    常務時代にインターナショナル・マネジメント・グループ(IMG)創業者のマーク・マコーマックと知り合う。マコーマックと正明が共に取り組み、ソニーとIMGで作り上げたシステムが『ワールドゴルフランキング』(発足当初の名称は『ソニー・ワールドゴルフランキング』)であったという。マーク・マコーマックとの関係が深まったことにより、当時のアメリカ合衆国テニス界の第一人者だったジミー・コナーズ、モニカ・セレシュを始めとしてアメリカテニス界関係者との親交が深まるようになる。盛田正明 フレッシュアイペディアより)

  • スティーブ・ストリッカー

    スティーブ・ストリッカーから見たワールドゴルフランキングワールドゴルフランキング

    スティーブ・ストリッカー(Steve Stricker, 1967年2月23日 - )は、アメリカ・ウィスコンシン州エジャートン出身の男子プロゴルファー。2001年のアクセンチュア・マッチプレー選手権優勝者で、これを含めてPGAツアー12勝を挙げている。起伏の多いゴルフ経歴を送ってきた選手だが、2009年9月8日付で世界ランキングを自己最高の2位に上げた。彼の夫人がゴルフバッグのキャディーを務め、ストリッカーは義父のコーチを受けている。スティーブ・ストリッカー フレッシュアイペディアより)

  • ジム・フューリク

    ジム・フューリクから見たワールドゴルフランキングワールドゴルフランキング

    ジム・フューリク(Jim Furyk, 1970年5月12日 - )は、アメリカ・ペンシルベニア州出身のプロゴルファー。2003年の全米オープンゴルフ優勝者である。世界ランキング自己最高位は2位。(本記事は新聞の一般表記に基づき「フューリク」で記述するが、「フューリック」と表記されることも多い。)ジム・フューリク フレッシュアイペディアより)

  • ワールドチャレンジ (ゴルフ)

    ワールドチャレンジ (ゴルフ)から見たワールドゴルフランキングワールドゴルフランキング

    大会は招待された16名とホストのウッズが出場する。内訳は前年度優勝者と世界ランク上位のうち11名、そして主催者推薦の4名である。2008年大会では同年のメジャー選手権優勝者と2名の特別招待者の18名が参加された。ワールドチャレンジ (ゴルフ) フレッシュアイペディアより)

  • フレッド・カプルス

    フレッド・カプルスから見たワールドゴルフランキングワールドゴルフランキング

    32歳にして、彼のゴルフ経歴のハイライトとなった1992年、カプルスは3月の試合で2勝を挙げ、「ニッサン・オープン」と「ネッスル招待選手権」で優勝した。ネッスル選手権の優勝で、カプルスは初めて世界ランキング1位になる。4月の第56回マスターズでもカプルスは好調さを持続し、4日間通算 13 アンダーパー(-13, 275ストローク)で回り、2位のレイモンド・フロイドに2打差をつけて初優勝した(ツアー通算9勝目)。こうして、カプルスはゴルフ経歴の自己最高成績となる年間「3勝」を記録したが、4ヶ月後に世界1位のポジションをニック・ファルドに明け渡した。マスターズ優勝の年、彼はアメリカツアーの年間賞金王(賞金ランキング1位)になった。フレッド・カプルス フレッシュアイペディアより)

  • カリー・ウェブ

    カリー・ウェブから見たワールドゴルフランキングワールドゴルフランキング

    それからしばらく低迷期が訪れ、ライバルのアニカ・ソレンスタムや新鋭のポーラ・クリーマー、ミシェル・ウィーなどの陰に隠れた時期もあり、2005年の賞金ランキングが27位まで落ちてしまう。2006年からLPGAツアーでも女子ゴルフ世界ランキングが始まったが、創設当初のウェブの世界ランキングは「12位」と低い位置にあったことが、ここ3年ほどの不調を物語っていた。しかし2006年のクラフト・ナビスコ選手権で、最終日に65(7アンダーパー)を出し、初日からトップに立っていたメキシコのロレーナ・オチョアとのプレーオフを制して、同選手権で6年ぶり2度目の優勝を飾った。メジャー大会でも2002年の全英女子オープン以来、4年ぶりの復活優勝となった。この年は最終的にツアー5勝で賞金ランキング2位と復活を印象づけた。カリー・ウェブ フレッシュアイペディアより)

  • 金孝周

    金孝周から見たワールドゴルフランキングワールドゴルフランキング

    2012年6月10日、サントリーレディスオープンで優勝。16歳332日での初優勝は、当時の「日本国内女子ツアー最年少優勝記録」の更新。これにより、6月11日付の女子ゴルフ世界ランキングで(141位から)83位まで浮上した。2012年10月プロ転向。2014年にはエビアン選手権でメジャー初優勝を果たした。金孝周 フレッシュアイペディアより)

  • ベン・カーティス

    ベン・カーティスから見たワールドゴルフランキングワールドゴルフランキング

    2003年の全英オープンゴルフは、カーティスが初めて参加したゴルフメジャー大会だった。会場は「ロイヤル・セントジョージズ・ゴルフクラブ」(パー設定71)で行われ、彼は4日間通算 1 アンダーパー(-1, 72+72+70+69=283ストローク)で回り、前の組でプレーを終了した。ところが、途中までトップに立っていた最終組のトーマス・ビヨン(デンマーク)が、最終ラウンドの16番ホールでダブルボギーをたたき、残り3ホールで3打スコアを落としてしまう。ビヨンはイーブンパー(284ストローク)で終了したため、先にホールアウトしていたカーティスの優勝が決まった。ゴルフメジャー大会「初出場・初優勝」は、1913年の全米オープンゴルフ優勝者フランシス・ウィメット(1893年 - 1967年)以来90年ぶりの快挙として注目を集めた。全英オープン終了後、カーティスの世界ランキングは「396位」から一気に「35位」まで上がった。ベン・カーティス フレッシュアイペディアより)

  • 崔京周

    崔京周から見たワールドゴルフランキングワールドゴルフランキング

    崔 京周(チェ・キョンジュ、, Choi Kyung-ju, 1970年5月19日 - )は、韓国・全羅南道莞島郡出身のプロゴルファーである。アメリカPGAツアーでは“K. J. Choi”という略称でよく知られる。当地の男子プロゴルファーとして、初めてPGAツアーのトップレベルへ躍進した選手になり、これまでにアメリカツアーで7勝、国際試合で6勝を挙げている。世界ランキング自己最高位は5位(2008年3月)。敬虔なクリスチャンである。崔京周 フレッシュアイペディアより)

85件中 31 - 40件表示

「ゴルフ世界ランキング」のニューストピックワード