85件中 41 - 50件表示
  • マーク・オメーラ

    マーク・オメーラから見たワールドゴルフランキングワールドゴルフランキング

    マーク・オメーラ(Mark O'Meara, 1957年1月13日 - )は、アメリカ・ノースカロライナ州出身のプロゴルファーである。1998年にマスターズと全英オープンで優勝し、メジャー大会年間2冠を獲得した。世界ランキング自己最高位は2位。アメリカPGAツアーで通算16勝、国際試合で8勝を挙げる。日本ゴルフツアーでも1985年の「フジサンケイクラシック」と1992年の「東海クラシック」で優勝がある。2015年に世界ゴルフ殿堂入りした。マーク・オメーラ フレッシュアイペディアより)

  • セベ・バレステロス

    セベ・バレステロスから見たワールドゴルフランキングワールドゴルフランキング

    全盛期の1980年代には世界ランキング1位を通算「61週」保持するなどの強さを誇り、マスターズ初優勝時にはコメントを求められたジャック・ニクラスが「彼の将来にはたくさんのグリーンジャケットが待っている」と語るなど期待されていた。セベ・バレステロス フレッシュアイペディアより)

  • ビジェイ・シン

    ビジェイ・シンから見たワールドゴルフランキングワールドゴルフランキング

    メジャー大会で3勝を挙げた実力者であり、世界ランキング1位の座にもついた。生涯獲得賞金ランキング歴代3位。ビジェイ・シン フレッシュアイペディアより)

  • ダレン・クラーク

    ダレン・クラークから見たワールドゴルフランキングワールドゴルフランキング

    2011年の全英オープンゴルフ優勝者。世界ゴルフ選手権シリーズで2勝を挙げている選手で2000年の「アクセンチュア・マッチプレー選手権」と2003年の「NEC招待選手権」で優勝した。主にヨーロッパツアーで活躍している。世界ランキング自己最高位は8位。ダレン・クラーク フレッシュアイペディアより)

  • アダム・スコット

    アダム・スコットから見たワールドゴルフランキングワールドゴルフランキング

    アダム・スコット(Adam Scott, 1980年7月16日 - )は、オーストラリア・アデレード出身のプロゴルファーである。同じ年にあたるセルヒオ・ガルシアなどと並び、若手男子プロゴルファーの中で最も顕著な活躍を見せてきた選手のひとりである。2006年10月末にアメリカPGAツアーの年間最終戦「PGAツアー選手権」で初優勝を遂げ、世界ランキングでも3位に躍進した。早くからタイガー・ウッズに強い憧れを抱き、(以前ウッズのコーチを務めていた)ブッチ・ハーモンに師事していることから「ホワイト・タイガー」(White Tiger)と呼ばれることもある。2013年マスターズにて、自身初、長尺パター使用者として初のメジャータイトルを獲得。アダム・スコット フレッシュアイペディアより)

  • スチュワート・シンク

    スチュワート・シンクから見たワールドゴルフランキングワールドゴルフランキング

    スチュワート・シンク(Stewart Cink, 1973年5月21日 - )は、アメリカ・アラバマ州ハンツビル出身の男子プロゴルファー。2009年の全英オープンゴルフ優勝者になった選手である。世界ゴルフ選手権シリーズでも2004年のNECインビテーショナルで優勝経験があり、アメリカを代表するプロゴルファーの1人として活動してきた。これまでにPGAツアーで2009年全英オープンを含む6勝を挙げ、国際試合では1996年と1999年に「メキシカン・オープン」で2勝を挙げている。世界ランキング自己最高位は5位(2008年7月)。身長193cm、体重93kgの大型選手。スチュワート・シンク フレッシュアイペディアより)

  • 全英女子オープン

    全英女子オープンから見たワールドゴルフランキングワールドゴルフランキング

    同選手権開催週のロレックス女子世界ランキング上位(LET10名、LPGA30名)全英女子オープン フレッシュアイペディアより)

  • 手嶋多一

    手嶋多一から見たワールドゴルフランキングワールドゴルフランキング

    実家がゴルフ練習場という環境で育ち、7歳からゴルフを始める。中学生から高校生時代にかけて「九州ジュニアゴルフ選手権」で4度優勝。福岡県立田川高等学校卒業後アメリカに留学し、東テネシー州立大学を卒業する。1993年にプロゴルファーテスト合格。1999年の「ファンケル沖縄オープン」でツアー初優勝を果たす(当時はゴルフ日本シリーズの後、この大会が年間最終戦だった)。2001年に日本オープン選手権で優勝し、初の日本国内メジャータイトルを獲得。1ヶ月後の「ダンロップ・フェニックス選手権」で、最終日に世界ランキング3位のデビッド・デュバルを追い詰めたが、プレーオフでデュバルに敗れた。2003年の「アイフルカップ」でツアー3勝目を挙げる。2004年に日本ゴルフツアーの選手会長を務めた。手嶋多一 フレッシュアイペディアより)

  • コリン・モンゴメリー

    コリン・モンゴメリーから見たワールドゴルフランキングワールドゴルフランキング

    コリン・モンゴメリー OBE(Colin Montgomerie OBE, 1963年6月23日 - )は、スコットランド・グラスゴー出身で、米国ヒューストン・バプティスト大学にゴルフ留学経験のあるプロゴルファーである。フルネームは Colin Stuart Montgomerie OBE (コリン・スチュアート・モンゴメリー OBE)という。1993年から1999年まで「7年連続」でヨーロピアンツアーの賞金王(賞金ランキング1位)の記録を樹立した。2005年に6年ぶり8度目の賞金王に輝いた。世界ランキング自己最高位は2位(1996年10月)。ゴルフの競技仲間たちやテレビ解説者からは“Monty”(モンティ)と呼ばれている。ヨーロピアンツアーで通算31勝、他の国際試合では総計9勝を挙げた。アメリカPGAツアーでは1度も優勝がなかったが2014年チャンピオンズツアーでアメリカ開催のツアー競技初優勝を果たした。コリン・モンゴメリー フレッシュアイペディアより)

  • イアン・ウーズナム

    イアン・ウーズナムから見たワールドゴルフランキングワールドゴルフランキング

    イアン・ウーズナム(Ian Woosnam, 1958年3月2日 - )は、ウェールズのプロゴルファーである。1991年のマスターズ・トーナメント優勝者で、男子ゴルフの世界ランキング1位も通算「50週」保持した名選手である。ウーズナムという姓が読みづらいことから“Woosie”(ウージー)と呼ばれている。これまでにヨーロッパツアーで28勝、国際試合で通算8勝を挙げ、マスターズを含めると総計「37勝」を記録している。身長165cm、体重76kgで、プロゴルファーとしても小柄な体格だが、全盛期はツアー屈指の飛ばし屋であり、ベルンハルト・ランガーをして「あの小さな身体でボールをあんなに飛ばせるのだから、彼のスイングが理想のスイングだ」と言わしめた。また、全盛期に日本のゴルフクラブメーカーと契約し、来日してクラブフィッティングを行っていたことでも知られる。イアン・ウーズナム フレッシュアイペディアより)

85件中 41 - 50件表示

「ゴルフ世界ランキング」のニューストピックワード