74件中 41 - 50件表示
  • マスターズ・トーナメント

    マスターズ・トーナメントから見たワールドゴルフランキングワールドゴルフランキング

    17 前年公式世界ランキング50位以内マスターズ・トーナメント フレッシュアイペディアより)

  • 石川遼

    石川遼から見たワールドゴルフランキングワールドゴルフランキング

    この勝利によってワールドゴルフランキングは自己最高の47位となり、17歳11か月20日での史上最年少でのランキングトップ50入りを果たした。また、これが大きな要素となり、アメリカ合衆国代表と非米・非欧州地域代表で争われる団体戦・プレジデンツカップのインターナショナルチームに、キャプテン・グレッグ・ノーマンの推薦によって史上最年少で選出された。石川遼 フレッシュアイペディアより)

  • 世界ゴルフ選手権

    世界ゴルフ選手権から見たワールドゴルフランキングワールドゴルフランキング

    現在以下に示す4つの大会が開催され、世界ランキング上位の選手をはじめ世界各地のツアーで活躍するトッププロゴルファーが参加している。マッチプレー選手権の出場資格は「世界ランキング64位以内」であり(有資格者が欠場した場合は繰り上げ出場がある)、個人戦ストロークプレーの2大会においては、ブリヂストン招待選手権の出場資格は「世界ランキング50位以内」と指定された大会の優勝者、アメリカン・エクスプレス選手権の出場資格は世界ランキング50位以内と指定されたツアーの賞金ランキング上位者である。さらに2011年4月には南アフリカで「トーナメント・オブ・ホープ」の開催が決定された。本大会は2013年から実施される予定.。世界ゴルフ選手権 フレッシュアイペディアより)

  • ロッコ・ミーディエート

    ロッコ・ミーディエートから見たワールドゴルフランキングワールドゴルフランキング

    2008年の全米オープンゴルフで、ロッコ・ミーディエートは予選会から出場した。この全米オープンを迎えるまで、彼は出場17大会のうち「8大会」しか予選を通過できず、全米開幕当時の世界ランキングも「158位」まで落ちていた。カリフォルニア州サンディエゴにある「トーリーパインズ・ゴルフクラブ」(パー71)のコースで、ミーディエートは4日間通算を 1 アンダーパー(-1, 69+71+72+71=283ストローク)で回った。最終第2組で回ったミーディエートは、テレビで最終組の2人、タイガー・ウッズとリー・ウエストウッドのプレーを見ていた。2人ともミーディエートに1打遅れて、イーブンパーで最終18番のグリーンに上がってきた。ウエストウッドはバーディーパットを外すが、ウッズが土壇場でバーディーパットを沈め、1 アンダーパーでミーディエートに追いついた。こうして、全米オープン優勝の行方はミーディエートとウッズのプレーオフに持ち越される。全米オープンのプレーオフは、(他のトーナメントと異なり)もう1ラウンド(18ホール)プレーする方式で行われ、ここでも決着がつかなかった。プレーオフの19ホール目は、7番ホールに場を移す。ここでミーディエートがミスを犯し、このホールをボギーにしたため、パーで終了したウッズが6年ぶり3度目の全米オープン優勝を果たし、ミーディエートは「45歳6ヶ月」の最年長優勝者になるチャンスを逃した。左膝を痛めていた世界ランキング1位との「91ホール」に及んだ激闘で、2位になったミーディエートのプレーも高い評価を受けた。ロッコ・ミーディエート フレッシュアイペディアより)

  • 宮里藍

    宮里藍から見たワールドゴルフランキングワールドゴルフランキング

    2006年度(平成18年度)から、宮里はロサンゼルスを拠点に、米国ツアーを主戦場にした。この年から女子プロゴルフにも「世界ランキング」が導入され、宮里は最初に発表された2006年(平成18年)2月20日付のランキングで6位に入った。主な成績は、メジャー大会の全米女子プロゴルフ選手権3位、全英女子オープンゴルフで9位入賞がある。この年は米国ツアー出場21大会中、19大会で予選を通過し、賞金ランキングでも22位に入った。2007年(平成19年)のクラフト・ナビスコ選手権では15位に入っている。2006年(平成18年)からもその兆候はあったが、2007年度(平成19年度)は連続5回予選落ち(うち、1回は棄権)するなど、これまでにない不振に陥っている。宮里藍 フレッシュアイペディアより)

  • 全英オープン (ゴルフ)

    全英オープン (ゴルフ)から見たワールドゴルフランキングワールドゴルフランキング

    当年5月第4週時点で、世界ランキング上位50位以内の者全英オープン (ゴルフ) フレッシュアイペディアより)

  • フィル・ミケルソン

    フィル・ミケルソンから見たワールドゴルフランキングワールドゴルフランキング

    2004年のマスターズ・トーナメントでメジャー大会初優勝を飾り、以来メジャー大会通算4勝を挙げている。左打ちの選手で、“The Big Lefty”(ビッグ・レフティー)と呼ばれている。世界ランキング自己最高位は2位。日常生活では右利きだが、本人の言葉によれば「幼い頃に父親のスイングを正面から見て覚えた」ため、ゴルフに限っては左打ちとなった。フィル・ミケルソン フレッシュアイペディアより)

  • マーク・オメーラ

    マーク・オメーラから見たワールドゴルフランキングワールドゴルフランキング

    マーク・オメーラ(Mark O'Meara, 1957年1月13日 - )は、アメリカ・ノースカロライナ州出身のプロゴルファーである。1998年にマスターズと全英オープンで優勝し、メジャー大会年間2冠を獲得した。世界ランキング自己最高位は2位。アメリカPGAツアーで通算16勝、国際試合で8勝を挙げる。日本ゴルフツアーでも1985年の「フジサンケイクラシック」と1992年の「東海クラシック」で優勝がある。マーク・オメーラ フレッシュアイペディアより)

  • 不動裕理

    不動裕理から見たワールドゴルフランキングワールドゴルフランキング

    身長156cmと小柄な体格ながら、正確なショットと勝負強さを見せる。日本女子プロゴルフ界の中でもずば抜けた安定感を持つ。往年の日本女子プロゴルフの名選手、清元登子に師事していたが、近年独立した。2000年から2005年の「6年連続」で日本女子ゴルフツアーの賞金女王(賞金ランキング1位)となった。2008年7月13日の明治チョコレートカップ(札幌国際CC島松)において、女子ツアー史上初めて生涯獲得賞金10億円を突破した。世界ランキング最高位は第3位(2006年3月第4週)。好物はグレープフルーツ、高菜。不動裕理 フレッシュアイペディアより)

  • デビッド・トムズ

    デビッド・トムズから見たワールドゴルフランキングワールドゴルフランキング

    デビッド・トムズ(David Toms, 1967年1月4日 - )は、アメリカ・ルイジアナ州モンロー出身の男子プロゴルファー。2001年の全米プロゴルフ選手権優勝者である。これまでにアメリカPGAツアーで13勝を挙げる。世界ランキング自己最高位は5位。デビッド・トムズ フレッシュアイペディアより)

74件中 41 - 50件表示

「ゴルフ世界ランキング」のニューストピックワード