74件中 51 - 60件表示
  • ジム・フューリク

    ジム・フューリクから見たワールドゴルフランキングワールドゴルフランキング

    ジム・フューリク(Jim Furyk, 1970年5月12日 - )は、アメリカ・ペンシルベニア州出身のプロゴルファー。2003年の全米オープンゴルフ優勝者である。世界ランキング自己最高位は2位。(本記事は新聞の一般表記に基づき「フューリク」で記述するが、「フューリック」と表記されることも多い。)ジム・フューリク フレッシュアイペディアより)

  • タイガー・ウッズ

    タイガー・ウッズから見たワールドゴルフランキングワールドゴルフランキング

    1997年 4月13日、史上最年少の21歳3ヶ月でマスターズ・トーナメント初優勝。6月に初の世界ランキング1位になる。9月からアサヒ飲料の缶コーヒー「ワンダ」のTVCMに出演し始める。(ワンダCMは2001年まで)タイガー・ウッズ フレッシュアイペディアより)

  • ビジェイ・シン

    ビジェイ・シンから見たワールドゴルフランキングワールドゴルフランキング

    ビジェイ・シン(Vijay Singh, 1963年2月22日 - )は、フィジー・ラウトカ出身のインド系プロゴルファーである。メジャー大会に3勝を挙げた実力者であり、世界ランキング1位の座にもついた。ビジェイ・シン フレッシュアイペディアより)

  • 全米オープン (ゴルフ)

    全米オープン (ゴルフ)から見たワールドゴルフランキングワールドゴルフランキング

    同大会2週間前と開催週の世界ランキング上位60名全米オープン (ゴルフ) フレッシュアイペディアより)

  • カリー・ウェブ

    カリー・ウェブから見たワールドゴルフランキングワールドゴルフランキング

    それからしばらく低迷期が訪れ、ライバルのアニカ・ソレンスタムや新鋭のポーラ・クリーマー、ミシェル・ウィーなどの陰に隠れた時期もあり、2005年の賞金ランキングが27位まで落ちてしまう。2006年からLPGAツアーでも女子ゴルフ世界ランキングが始まったが、創設当初のウェブの世界ランキングは「12位」と低い位置にあったことが、ここ3年ほどの不調を物語っていた。しかし2006年のクラフト・ナビスコ選手権で、最終日に65(7アンダーパー)を出し、初日からトップに立っていたメキシコのロレーナ・オチョアとのプレーオフを制して、同選手権で6年ぶり2度目の優勝を飾った。メジャー大会でも2002年の全英女子オープン以来、4年ぶりの復活優勝となった。この年は最終的にツアー5勝で賞金ランキング2位と復活を印象づけた。カリー・ウェブ フレッシュアイペディアより)

  • グレグ・ノーマン

    グレグ・ノーマンから見たワールドゴルフランキングワールドゴルフランキング

    1976年にプロ入り。世界各国で合計68勝を挙げている。全盛期にはゴルフ世界ランキング1位を通算「331週」保持しており、これはワールドゴルフランキング制度が発足した1985年以降ではタイガー・ウッズに次ぐ記録である。1986年と1993年の2度、全英オープンで優勝している。アメリカPGAツアーでは通算18勝を挙げており、2度の全英優勝を含めた合計勝利数が20勝となったためPGAツアーの永久シード選手となっている1。グレグ・ノーマン フレッシュアイペディアより)

  • マイク・ウェア

    マイク・ウェアから見たワールドゴルフランキングワールドゴルフランキング

    マイク・ウェア(Mike Weir, 1970年5月12日 - )は、カナダのプロゴルファーである。2003年のマスターズ・トーナメント優勝者で、カナダ人のプロゴルファーとして初のメジャー大会優勝者となった。左打ち。世界ランキング自己最高位は3位。(ゴルフ、アイスホッケー等は左だが、筆記は右である。)マイク・ウェア フレッシュアイペディアより)

  • 尾崎将司

    尾崎将司から見たワールドゴルフランキングワールドゴルフランキング

    「ジャンボ尾崎」の別名でもよく知られる。公式ゴルフランキングでも“Masashi Jumbo Ozaki”と表記された1。世界ランキングの自己最高位は8位。日本ゴルフツアー通算94勝、賞金王12回、メジャー大会20勝(日本プロ6勝、日本マッチプレー1勝、フィランソロフィー1勝、日本オープン5勝、日本シリーズ7勝)は歴代1位である。また、通算優勝回数は113回で世界プロツアー最多記録である。2010年には世界ゴルフ殿堂入りも果たした。尾崎将司 フレッシュアイペディアより)

  • クリス・ディマルコ

    クリス・ディマルコから見たワールドゴルフランキングワールドゴルフランキング

    クリス・ディマルコ(Chris DiMarco、1968年8月23日 - )は、アメリカ・ニューヨーク州ハンティントン出身のプロゴルファーである。ゴルフメジャー大会でも優勝争いの常連選手のひとりで、2004年全米プロゴルフ選手権、2005年マスターズ、2006年全英オープンで2位入賞が3度ある。世界ランキング自己最高位は6位。これまでにPGAツアーで通算3勝を挙げ、欧州ツアーでも1勝している。独特なクローハンド・グリップのパターでも有名な選手である。クリス・ディマルコ フレッシュアイペディアより)

  • ザック・ジョンソン

    ザック・ジョンソンから見たワールドゴルフランキングワールドゴルフランキング

    地元のドレイク大学を卒業後、1998年にプロ転向。2003年からネーションワイドツアーに参戦し、2勝を収めた。翌2004年からPGAツアーのシード権を獲得し、4月初頭の「ベルサウス・クラシック」でツアー初優勝を飾った。それから3年後、ジョンソンは2007年のマスターズ・トーナメントで、ツアー2勝目、メジャー大会初優勝を飾った。この時のスコアは 1 オーバーパー(+1, 71+73+76+69=289ストローク)で、1954年のサム・スニード、1956年のジャック・バーク・ジュニアに並ぶ歴代最低スコアだった。ジョンソンのマスターズ開幕前の世界ランキング自己最高位は56位であり、自己最高位50位以下の選手がマスターズで優勝するのは史上初だった(大会後にランキング15位に上昇)。アメリカ代表として、2006年のライダーカップ、2007年のプレジデンツカップにも出場した。ザック・ジョンソン フレッシュアイペディアより)

74件中 51 - 60件表示

「ゴルフ世界ランキング」のニューストピックワード