85件中 51 - 60件表示
  • ニック・ファルド

    ニック・ファルドから見たワールドゴルフランキングワールドゴルフランキング

    サー・ニック・アレクサンダー・ファルド MBE(Nick Faldo, 1957年7月18日 - )は、イングランド・ハートフォードシャー州ウェリン・ガーデン・シティ出身のプロゴルファーである。非常に安定感のある選手で、マスターズと全英オープンにそれぞれ3勝を挙げ、メジャー大会「6勝」を記録した名選手である。世界ランキング1位にも通算「97週」在位した。ヨーロピアンツアーで30勝、アメリカPGAツアーで9勝、国際試合で4勝を挙げる(全英オープンは欧州ツアーとアメリカPGAツアーの両方で優勝回数に数えるため、ファルドの場合は3度の全英優勝が重複記録になる。したがって、生涯通算で40勝を挙げたことになる)。ニック・ファルド フレッシュアイペディアより)

  • 中嶋常幸

    中嶋常幸から見たワールドゴルフランキングワールドゴルフランキング

    33回出場した世界4大メジャー大会の成績は、1986年のマスターズ・トーナメントおよび全英オープン8位、1987年の全米オープン9位、1988年の全米プロゴルフ選手権3位などがあり、世界4大メジャーすべてでトップ10入りしたことがある日本人唯一のプレイヤーである。最初期の世界ゴルフランキングで4位にランクされた。海外で日本人として前人未踏の活躍と度重なる不運・試練を経験した。以下、そのエピソードの抜粋。中嶋常幸 フレッシュアイペディアより)

  • リディア・コ

    リディア・コから見たワールドゴルフランキングワールドゴルフランキング

    2015年2月1日付の女子世界ゴルフランキングでは史上最年少の17歳9カ月で1位を獲得した。リディア・コ フレッシュアイペディアより)

  • 2004年のスポーツ

    2004年のスポーツから見たワールドゴルフランキングワールドゴルフランキング

    9月7日 - ビジェイ・シン(フィジー)が初のゴルフ世界ランキング1位。タイガー・ウッズの世界1位連続保持記録を「264週」で止める。2004年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • リッキー・ファウラー

    リッキー・ファウラーから見たワールドゴルフランキングワールドゴルフランキング

    2010年、2月に行われたウェストマネジメント フェニックスオープンで2位で終わる。6月には、メモリアル・トーナメントで最終日首位でスタートするが、スコアを伸ばせず、2位に終わった。しかし、これがきっかけで世界ゴルフランキングで50位以内にランクインする。9月には、ライダーカップのアメリカ代表にキャプテン推薦でメンバー入りする。21歳9か月でメンバー入りしたファウラーは、アメリカ代表としては最年少で選ばれた。なお、ヨーロッパ代表では、1999年にセルヒオ・ガルシアが19歳で代表に選ばれており、ライダーカップの中で最年少で選ばれた代表となっている。しかし、ファウラーは第2セッションのフォーサム競技でルール違反を犯してしまった。1ダウンを喫した後の4番ホールで、ぬかるみにつかまったボールの救済を受け、ルール上はぬかるんだボールをそのままドロップすることになっているが、ファウラーは誤ってポケットの中にあったボールをドロップして、そのまま打ってしまったため、アメリカチームは罰を受け2ダウンとなってしまった。しかし、1ダウンで迎えた最終ホールでペアであるジム・フューリクが3打目をピンに寄せてファウラーがバーディーパットを決め、引き分けに持ち込んだ。ファウラーのミスに関して、アメリカのキャプテンコーリー・ペイビンは、「ファウラーの経験不足が原因」と言っている。その一方で、最終日のシングルマッチで、エドアルド・モリナリに対して、12番ホールを終わった時点で4ダウンだったが、残りの6ホールで引き分け持ち込んだ。特に、最後の4ホールで連続バーディーを奪うなど、キャプテンのペイビンも「信じられない」と言っている。リッキー・ファウラー フレッシュアイペディアより)

  • ジャスティン・ローズ

    ジャスティン・ローズから見たワールドゴルフランキングワールドゴルフランキング

    ジャスティン・ローズ(Justin Rose, 1980年7月30日 - )は、イギリスのプロゴルファー。南アフリカ・ヨハネスブルグ生まれ。世界ランキング自己最高位は3位(2013年3月)。ローズのゴルフの経歴は同年代のライバル選手たちほど順風満帆でない時期もあったが、その中でローズは着実な成長を続けてきた選手でもあった。ジャスティン・ローズ フレッシュアイペディアより)

  • 申智愛

    申智愛から見たワールドゴルフランキングワールドゴルフランキング

    2010年5月、初めて世界ランキング1位の座に着いた。申智愛 フレッシュアイペディアより)

  • 朴仁妃

    朴仁妃から見たワールドゴルフランキングワールドゴルフランキング

    朴 仁妃(パク・インビ、???、1988年7月12日 - )は、韓国・ソウル出身の女子プロゴルファー。2013年4月15日付の女子ワールドゴルフランキングで首位に立った。朴仁妃 フレッシュアイペディアより)

  • キーガン・ブラッドリー

    キーガン・ブラッドリーから見たワールドゴルフランキングワールドゴルフランキング

    2011年8月、ブリヂストン招待選手権の翌週開催されたメジャー大会全米プロゴルフ選手権で、ブラッドリーは2日目に64をマークし首位につけるなど好調な出足であった。首位と1打差の3位でスタートした最終日、15番でトリプルボギーを叩き、3ホール残して暫定首位のジェイソン・ダフナーに5打差をつけられてしまったが、ブラッドリーは16番17番と連続バーディーを奪い、結局後半3連続ボギーとスコアを落としたダフナーと通算8アンダーで並んで72ホールを終え、勝敗をプレーオフに持ち込んだ。3ホール制の1ホール目(16番)では両者ともバーディーチャンスであったが、ダフナーは外しブラッドリーはパットを沈めた。残りホールもこの1打の優位を守ったフラッドリーがメジャー初優勝を決めた。メジャー初挑戦で優勝したのは2003年のベン・カーティス(全英オープン)以来で、米国内のメジャー大会に限ると1913年のフランシス・ウィメット以来の快挙となる。なおゴルフの4大メジャー大会では2010年マスターズでフィル・ミケルソンが優勝した後、2010年全米オープンでグレアム・マクドウェルが優勝して以降初優勝者が連続しており、ブラッドリーは連続7人目の初優勝者である。またブラッドリーのワールドゴルフランキング順位は、全米プロでの勝利後108位から29位にまで急上昇した。なお中尺パターを使ってメジャー制覇したのはブラッドリーが初めてである。キーガン・ブラッドリー フレッシュアイペディアより)

  • ワールドカップ (ゴルフ)

    ワールドカップ (ゴルフ)から見たワールドゴルフランキングワールドゴルフランキング

    2001年11月15日から18日にかけて、「日本ゴルフ100年祭」の最高潮をなすイベントとして「EMCワールドカップ」が静岡県御殿場市の「太平洋クラブ御殿場コース」に誘致された。1901年に日本で最古のゴルフ場として「六甲コース」が建造されてから100周年の記念行事が多数開催されたが、ワールドカップをそのクライマックスに位置づけたのである。この時はアメリカ代表として(当時)世界ランキング1位のタイガー・ウッズと同3位のデビッド・デュバルが来日した。アメリカ・チームは大会3連覇を逃したが、最終日の18番ホール(パー5, 517ヤード)でウッズが放った“ミラクル・チップイン・イーグル”は強烈な印象を残した。この時は4チームのプレーオフになり、アーニー・エルスとレティーフ・グーセンのコンビによる南アフリカチームが優勝した。なお、日本チームの伊沢利光と丸山茂樹のコンビは11位に終わっている。ワールドカップ (ゴルフ) フレッシュアイペディアより)

85件中 51 - 60件表示

「ゴルフ世界ランキング」のニューストピックワード