85件中 61 - 70件表示
  • 1994年のスポーツ

    1994年のスポーツから見たワールドゴルフランキングワールドゴルフランキング

    プライスが全英オープンと全米プロゴルフ選手権でメジャー2連勝。この年はプライスが世界ランキング1位だった。1994年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • キャデラック選手権

    キャデラック選手権から見たワールドゴルフランキングワールドゴルフランキング

    出場資格は、当年度の「世界ランキング50位以内」の選手と、世界各国ゴルフツアーの賞金ランキング上位者である。アメリカPGAツアーの賞金ランキング30位以内、ヨーロピアンツアーの賞金ランキング20位以内、日本ツアーと南アフリカツアーからは当年度の賞金ランキング3位以内、オーストラリアツアーとアジアンツアーからは前年度の賞金ランキング3位以内の選手が出場資格を得られる。試合は4日間のストロークプレー方式で行われる。キャデラック選手権 フレッシュアイペディアより)

  • ミシェル・ウィー

    ミシェル・ウィーから見たワールドゴルフランキングワールドゴルフランキング

    2006年2月20日付で女子ゴルフにも世界ランキング制度がスタートし、ミシェル・ウィーは最初のランキングで3位に入った。翌週の2月27日には2位となった。この順位は、彼女の獲得ポイントを単純に出場試合数で割り算した平均点であった。しかし、同年8月8日付から世界ランキングの算定方法が変更され、出場試合数の少ない選手でもすべて「35」で割り算する方式を採用。全英女子オープン終了後、新方式に基づく世界ランキングでロレーナ・オチョア(メキシコ)が2位となり、ウィーは7位に後退した。この年も11月のカシオワールドオープンに招聘を受けたが、予選2日間で17オーバーパー(+17, 161ストローク)をたたいて予選落ちした。ミシェル・ウィー フレッシュアイペディアより)

  • フィル・ミケルソン

    フィル・ミケルソンから見たワールドゴルフランキングワールドゴルフランキング

    2004年のマスターズ・トーナメントでメジャー大会初優勝を飾り、以来メジャー大会通算5勝を挙げている。左打ちの選手で、“The Big Lefty”(ビッグ・レフティー)と呼ばれている。世界ランキング自己最高位は2位。日常生活では右利きだが、本人の言葉によれば「幼い頃に父親のスイングを正面から見て覚えた」ため、ゴルフに限っては左打ちとなった。フィル・ミケルソン フレッシュアイペディアより)

  • ポール・ケーシー

    ポール・ケーシーから見たワールドゴルフランキングワールドゴルフランキング

    ポール・ケーシー(Paul Casey、1977年7月21日 - )は、イングランド・チェルトナム出身の男子プロゴルファー。イングランドのプロゴルフ界を代表する選手の1人として活動している。チーム戦でも豊富な経験を持ち、2004年のワールドカップでルーク・ドナルドとコンビを組んだ優勝もある。2009年4月にアメリカPGAツアーの「シェル・ヒューストン・オープン」で初優勝を挙げた。世界ランキング自己最高位は3位。ポール・ケーシー フレッシュアイペディアより)

  • WGCマッチプレー

    WGCマッチプレーから見たワールドゴルフランキングワールドゴルフランキング

    出場資格は「世界ランキング64位以内」の選手。そのため、有資格者に欠場があった場合は繰り上げがあり、その繰り上げ選手も(世界ランキングにより)順番が定められている。「マッチプレーでは何が起こるか分からない」とよく言われるが、トーナメントの展開は毎回波乱に富み、上位シード選手がほとんど早期敗退することも珍しくない。それだけに、上位進出の常連選手たちは“マッチプレー巧者”とみなされる。WGCマッチプレー フレッシュアイペディアより)

  • ブリヂストン招待選手権

    ブリヂストン招待選手権から見たワールドゴルフランキングワールドゴルフランキング

    大会に出場できるのは、当年度の世界ランキング50位以内に入った選手、また世界各地のツアー競技で指定された大会の優勝者、ならびに団体戦のライダーカップとプレジデンツカップの代表選手、および前年ブリヂストンオープン優勝者、当年日本ゴルフツアー選手権優勝者が対象となる。試合は4日間のストロークプレー方式で行われる。ブリヂストン招待選手権 フレッシュアイペディアより)

  • 不動裕理

    不動裕理から見たワールドゴルフランキングワールドゴルフランキング

    身長156cmと小柄な体格ながら、正確なショットと勝負強さを見せる。日本女子プロゴルフ界の中でもずば抜けた安定感を持つ。往年の日本女子プロゴルフの名選手、清元登子に師事していたが、近年独立した。2000年から2005年の「6年連続」で日本女子ゴルフツアーの賞金女王(賞金ランキング1位)となった。2008年7月13日の明治チョコレートカップ(札幌国際CC島松)において、女子ツアー史上初めて生涯獲得賞金10億円を突破した。世界ランキング最高位は第3位(2006年3月第4週)。好物はグレープフルーツ、高菜。2004年にはプロ通算30勝を達成し、史上最年少で永久シードを獲得した。不動裕理 フレッシュアイペディアより)

  • マスターズ・トーナメント

    マスターズ・トーナメントから見たワールドゴルフランキングワールドゴルフランキング

    前年最終週の公式世界ランキング50位以内マスターズ・トーナメント フレッシュアイペディアより)

  • 宮里美香

    宮里美香から見たワールドゴルフランキングワールドゴルフランキング

    2008年12月3-7日にかけて行われたLPGAツアーのクオリファイングトーナメント(シード権獲得のための資格試験)において、宮里はアマチュアながら12位で合格し、2009年のシード権を獲得した。合格者は20人で、アマチュアの合格選手は宮里1人だけである。予選会終了後の12月9日、彼女はプロ転向を宣言した。一緒に合格した選手には、日本の元賞金女王大山志保のほかに、かつての世界ランキング2位だったミシェル・ウィーもいた。宮里美香 フレッシュアイペディアより)

85件中 61 - 70件表示

「ゴルフ世界ランキング」のニューストピックワード