74件中 61 - 70件表示
  • フレッド・カプルス

    フレッド・カプルスから見たワールドゴルフランキングワールドゴルフランキング

    彼のゴルフ経歴のハイライトとなった1992年、カプルスは3月の試合で2勝を挙げ、「ニッサン・オープン」と「ネッスル招待選手権」で優勝した。ネッスル選手権の優勝で、カプルスは初めて世界ランキング1位になる。4月のマスターズでもカプルスは好調さを持続し、4日間通算 13 アンダーパー(-13, 275ストローク)で回り、2位のレイモンド・フロイドに2打差をつけて初優勝した。こうして、カプルスはゴルフ経歴の自己最高成績となる年間「3勝」を記録したが、4ヶ月後に世界1位のポジションをニック・ファルドに明け渡した。マスターズ優勝の年、彼はアメリカツアーの年間賞金王(賞金ランキング1位)になった。フレッド・カプルス フレッシュアイペディアより)

  • スティーブ・ストリッカー

    スティーブ・ストリッカーから見たワールドゴルフランキングワールドゴルフランキング

    スティーブ・ストリッカー(Steve Stricker, 1967年2月23日 - )は、アメリカ・ウィスコンシン州エジャートン出身の男子プロゴルファー。2001年のアクセンチュア・マッチプレー選手権優勝者で、これを含めてPGAツアー7勝を挙げている。起伏の多いゴルフ経歴を送ってきた選手だが、2009年9月8日付で世界ランキングを自己最高の2位に上げた。彼の夫人がゴルフバッグのキャディーを務め、ストリッカーは義父のコーチを受けている。スティーブ・ストリッカー フレッシュアイペディアより)

  • 崔京周

    崔京周から見たワールドゴルフランキングワールドゴルフランキング

    崔 京周(チェ・キョンジュ、, Choi Kyung-ju, 1970年5月19日 - )は、韓国・全羅南道莞島郡出身のプロゴルファーである。アメリカPGAツアーでは“K. J. Choi”という略称でよく知られる。当地の男子プロゴルファーとして、初めてPGAツアーのトップレベルへ躍進した選手になり、これまでにアメリカツアーで7勝、国際試合で6勝を挙げている。世界ランキング自己最高位は5位(2008年3月)。敬虔なクリスチャンである。崔京周 フレッシュアイペディアより)

  • ベン・カーティス

    ベン・カーティスから見たワールドゴルフランキングワールドゴルフランキング

    2003年の全英オープンゴルフは、カーティスが初めて参加したゴルフメジャー大会だった。会場は「ロイヤル・セントジョージズ・ゴルフクラブ」(パー設定71)で行われ、彼は4日間通算 1 アンダーパー(-1, 72+72+70+69=283ストローク)で回り、前の組でプレーを終了した。ところが、途中までトップに立っていた最終組のトーマス・ビヨン(デンマーク)が、最終ラウンドの16番ホールでダブルボギーをたたき、残り3ホールで3打スコアを落としてしまう。ビヨンはイーブンパー(284ストローク)で終了したため、先にホールアウトしていたカーティスの優勝が決まった。ゴルフメジャー大会「初出場・初優勝」は、1913年の全米オープンゴルフ優勝者フランシス・ウィメット(1893年 - 1967年)以来90年ぶりの快挙として注目を集めた。全英オープン終了後、カーティスの世界ランキングは「396位」から一気に「35位」まで上がった。ベン・カーティス フレッシュアイペディアより)

  • ケニー・ペリー

    ケニー・ペリーから見たワールドゴルフランキングワールドゴルフランキング

    ブルックスにプレーオフで敗れた後、ペリーは長い低迷期を迎えた。41歳の誕生日の2日後、2001年8月12日に「ビュイック・オープン」で6年ぶりのツアー4勝目を挙げる。2003年、ペリーは43歳で年間3勝を獲得し、5月末の「バンク・オブ・アメリカ・コロニアル」と「メモリアル・トーナメント」で2週連続優勝を達成した。その勢いに乗り、全米オープンで3位に入賞する。続いて7月中旬の「グレーター・ミルウォーキー・オープン」でシーズン3勝目を挙げ、全英オープンでも8位に入った。こうしてペリーは2003年度のツアー賞金ランキングで6位に入り、世界ランキングも8位に上昇して、43歳にして初の世界トップ10入りを果たした。ケニー・ペリー フレッシュアイペディアより)

  • スチュワート・シンク

    スチュワート・シンクから見たワールドゴルフランキングワールドゴルフランキング

    スチュワート・シンク(Stewart Cink, 1973年5月21日 - )は、アメリカ・アラバマ州ハンツビル出身の男子プロゴルファー。2009年の全英オープンゴルフ優勝者になった選手である。世界ゴルフ選手権シリーズでも2004年のNEC招待選手権で優勝経験があり、アメリカを代表するプロゴルファーの1人として活動してきた。これまでにPGAツアーで2009年全英オープンを含む6勝を挙げ、国際試合では1996年と1999年に「メキシカン・オープン」で2勝を挙げている。世界ランキング自己最高位は5位(2008年7月)。身長193cm、体重93kgの大型選手。スチュワート・シンク フレッシュアイペディアより)

  • リッキー・ファウラー

    リッキー・ファウラーから見たワールドゴルフランキングワールドゴルフランキング

    2010年、2月に行われたで2位で終わる。6月には、メモリアル・トーナメントで最終日首位でスタートするが、スコアを伸ばせず、2位に終わった。しかし、これがきっかけで世界ゴルフランキングで50位以内にランクインする。9月には、ライダーカップのアメリカ代表にキャプテン推薦でメンバー入りする。21歳9か月でメンバー入りしたファウラーは、アメリカ代表としては最年少で選ばれた。なお、ヨーロッパ代表では、1999年にセルヒオ・ガルシアが19歳で代表に選ばれており、ライダーカップの中で最年少で選ばれた代表となっている。しかし、ファウラーは第2セッションのフォーサム競技でルール違反を犯してしまった。1ダウンを喫した後の4番ホールで、ぬかるみにつかまったボールの救済を受け、ルール上はぬかるんだボールをそのままドロップすることになっているが、ファウラーは誤ってポケットの中にあったボールをドロップして、そのまま打ってしまったため、アメリカチームは罰を受け2ダウンとなってしまった。しかし、1ダウンで迎えた最終ホールでペアであるジム・フューリクが3打目をピンに寄せてファウラーがバーディーパットを決め、引き分けに持ち込んだ。ファウラーのミスに関して、アメリカのキャプテンは、「ファウラーの経験不足が原因」と言っている。その一方で、最終日のシングルマッチで、エドアルド・モリナリに対して、12番ホールを終わった時点で4ダウンだったが、残りの6ホールで引き分け持ち込んだ。特に、最後の4ホールで連続バーディーを奪うなど、キャプテンのペイビンも「信じられない」と言っている。リッキー・ファウラー フレッシュアイペディアより)

  • キーガン・ブラッドリー

    キーガン・ブラッドリーから見たワールドゴルフランキングワールドゴルフランキング

    2011年8月、ブリヂストン招待選手権の翌週開催されたメジャー大会全米プロゴルフ選手権で、ブラッドリーは2日目に64をマークし首位につけるなど好調な出足であった。首位と1打差の3位でスタートした最終日、15番でトリプルボギーを叩き、3ホール残して暫定首位のジェイソン・ダフナーに5打差をつけられてしまったが、ブラッドリーは16番17番と連続バーディーを奪い、結局後半3連続ボギーとスコアを落としたダフナーと通算8アンダーで並んで72ホールを終え、勝敗をプレーオフに持ち込んだ。3ホール制の1ホール目(16番)では両者ともバーディーチャンスであったが、ダフナーは外しブラッドリーはパットを沈めた。残りホールもこの1打の優位を守ったフラッドリーがメジャー初優勝を決めた。メジャー初挑戦で優勝したのは2003年のベン・カーティス(全英オープン)以来で、米国内のメジャー大会に限ると1913年のフランシス・ウィメット以来の快挙となる。なおゴルフの4大メジャー大会では2010年マスターズでフィル・ミケルソンが優勝した後、2010年全米オープンでグレアム・マクドウェルが優勝して以降初優勝者が連続しており、ブラッドリーは連続7人目の初優勝者である。またブラッドリーのワールドゴルフランキング順位は、全米プロでの勝利後108位から29位にまで急上昇した。なお中尺パターを使ってメジャー制覇したのはブラッドリーが初めてである。キーガン・ブラッドリー フレッシュアイペディアより)

  • ジェフ・オギルビー

    ジェフ・オギルビーから見たワールドゴルフランキングワールドゴルフランキング

    ジェフ・オギルビー(Geoff Ogilvy, 1977年6月11日 - )は、オーストラリア・アデレード出身のプロゴルファー。2006年の全米オープンゴルフ優勝者である。世界ランキング自己最高位は4位(2009年3月)。イギリス王室の「アングス・オギルビー」(Sir Angus Ogilvy)の遠縁であることも知られている。身長188cm、体重82kg。ジェフ・オギルビー フレッシュアイペディアより)

  • アダム・スコット

    アダム・スコットから見たワールドゴルフランキングワールドゴルフランキング

    アダム・スコット(Adam Scott, 1980年7月16日 - )は、オーストラリア・アデレード出身のプロゴルファーである。同じ年にあたるセルヒオ・ガルシアなどと並び、若手男子プロゴルファーの中で最も顕著な活躍を見せてきた選手のひとりである。2006年10月末にアメリカPGAツアーの年間最終戦「PGAツアー選手権」で初優勝を遂げ、世界ランキングでも自己最高の3位に躍進した。これまでに欧州PGAツアーで6勝、アメリカで6勝を挙げ、国際試合でも2勝している。早くからタイガー・ウッズに強い憧れを抱き、(以前ウッズのコーチを務めていた)ブッチ・ハーモンに師事していることから「ホワイト・タイガー」(White Tiger)と呼ばれることもある。アダム・スコット フレッシュアイペディアより)

74件中 61 - 70件表示

「ゴルフ世界ランキング」のニューストピックワード