1 2 次へ
17件中 11 - 17件表示
  • ワールドゴルフランキング

    ワールドゴルフランキングから見たロレックス

    2006年シーズンから、女子ゴルフにも世界ランキングが導入された。現在はスポンサーつきの名称で「ロレックス女子ゴルフ世界ランキング」(Rolex Women's World Golf Rankings)と呼ばれている。2006年2月20日に第1回の女子ゴルフランキングが発表されたが、半年後の8月8日付でシステムに一部変更が加えられ、出場試合数の少ない選手でも「35」で割り算する平均点方式になった。女子も過去2年間に獲得したポイントが対象となる。2010年6月21日付けでのランキングで、宮里藍選手が日本人初の世界ランク1位となった。ワールドゴルフランキング フレッシュアイペディアより)

  • ワールドゴルフランキング

    ワールドゴルフランキングから見たグランドスラム (ゴルフ)

    最初に世界ランキング1位になった選手は、ベルンハルト・ランガー(当時西ドイツ)であった。最初は各地の賞金ランキングの“お飾り”のような位置づけで、ほとんど効力を持っていなかった。しかし、1999年からメジャー大会や世界ゴルフ選手権などの出場資格を決定するに際して、「世界ゴルフランキング50位以内」が加えられるようになった。これ以後、ゴルフ世界ランキングは大きな位置づけを持つようになる。ワールドゴルフランキング フレッシュアイペディアより)

  • ワールドゴルフランキング

    ワールドゴルフランキングから見たイギリス

    連続世界1位保持の最長記録は、タイガー・ウッズの「281週」(2005年6月12日~2010年10月30日)である。タイガー・ウッズが初めて世界ランキング1位になったのは、1997年6月16日(当年の全米オープンの大会終了後)であった。ウッズとノーマンの両選手が抜きん出ているが、その下にニック・ファルド(イギリス)の「97週」、セベ・バレステロス(スペイン)の「61週」と続く。ワールドゴルフランキング フレッシュアイペディアより)

  • ワールドゴルフランキング

    ワールドゴルフランキングから見た西ドイツ

    最初に世界ランキング1位になった選手は、ベルンハルト・ランガー(当時西ドイツ)であった。最初は各地の賞金ランキングの“お飾り”のような位置づけで、ほとんど効力を持っていなかった。しかし、1999年からメジャー大会や世界ゴルフ選手権などの出場資格を決定するに際して、「世界ゴルフランキング50位以内」が加えられるようになった。これ以後、ゴルフ世界ランキングは大きな位置づけを持つようになる。ワールドゴルフランキング フレッシュアイペディアより)

  • ワールドゴルフランキング

    ワールドゴルフランキングから見たスペイン

    連続世界1位保持の最長記録は、タイガー・ウッズの「281週」(2005年6月12日~2010年10月30日)である。タイガー・ウッズが初めて世界ランキング1位になったのは、1997年6月16日(当年の全米オープンの大会終了後)であった。ウッズとノーマンの両選手が抜きん出ているが、その下にニック・ファルド(イギリス)の「97週」、セベ・バレステロス(スペイン)の「61週」と続く。ワールドゴルフランキング フレッシュアイペディアより)

  • ワールドゴルフランキング

    ワールドゴルフランキングから見たオーストラリア

    これまで世界ランキング1位を保持した生涯最長記録は、グレグ・ノーマン(オーストラリア)の「331週」であった。これをタイガー・ウッズが塗り替えた。(2012年1月8日現在で通算623週)。ワールドゴルフランキング フレッシュアイペディアより)

  • ワールドゴルフランキング

    ワールドゴルフランキングから見た全米オープン (ゴルフ)

    連続世界1位保持の最長記録は、タイガー・ウッズの「281週」(2005年6月12日~2010年10月30日)である。タイガー・ウッズが初めて世界ランキング1位になったのは、1997年6月16日(当年の全米オープンの大会終了後)であった。ウッズとノーマンの両選手が抜きん出ているが、その下にニック・ファルド(イギリス)の「97週」、セベ・バレステロス(スペイン)の「61週」と続く。ワールドゴルフランキング フレッシュアイペディアより)

1 2 次へ
17件中 11 - 17件表示

「ゴルフ世界ランキング」のニューストピックワード