2411件中 51 - 60件表示
  • キャスコ

    キャスコから見たゴルフボールゴルフ

    元々は「鎌田利(かまたとし)商店」として高級ドレス手袋を行う会社として、香川県大川郡白鳥町(現:香川県東かがわ市)に創業した。現在の東かがわ市は手袋の製造が盛んである。その後、徐々にゴルフボールの製造など関連事業を興し、香川県大川郡志度町(現:さぬき市)にゴルフクラブのゴルフ用品の製造工場が落成。本社を志度町に移す。現在ではゴルフボール、ゴルフクラブ、ゴルフ用グローブ(手袋)、バッグ類、ウェア、ゴルフシューズなど、多岐にわたるゴルフ用品の製造及び販売を行っている。キャスコ フレッシュアイペディアより)

  • ゴルフダイジェスト

    ゴルフダイジェストから見たゴルフゴルフ

    『ゴルフダイジェスト』は、ゴルフダイジェスト社が発行する、月刊のゴルフ専門誌(雑誌)である。姉妹誌に『週刊ゴルフダイジェスト』がある。ゴルフダイジェスト フレッシュアイペディアより)

  • ジーン・サラゼン

    ジーン・サラゼンから見たゴルフゴルフ

    ジーン・サラゼン(Gene Sarazen、1902年2月27日 - 1999年5月13日)はアメリカ・ニューヨーク州ハリソン出身のプロゴルファーである。1920年代から1930年代にかけて活躍し、プロゴルファーとして史上初の「キャリア・グランドスラム」を達成した名選手である。またゴルフの技術革新にも大きく貢献し、特に英国リンクスコースのバンカーを攻略するために「サンドウェッジ」を発明したことで知られる。晩年には彼の名前を冠した「ジーン・サラゼン・ジュンクラシック」(株式会社JUN主催)で毎年日本を訪れていたことから、他のゴルフの歴史的選手に比べて日本でも馴染み深い人であった。イタリアからの移民の家庭に生まれたため、本名は「エウゲニオ・サラセニ」(Eugenio Saraceni)という。1935年4月8日の第2回マスターズ最終日15番ホール(パー5)での残り235ヤードの第2打を4番ウッドで打って大逆転優勝に繋がるアルバトロス(ダブルイーグル)をスコアしたスーパーショットが特に有名であり、コースレイアウトが変わった今日も15番ホールグリーンとフェアウェイをつなぐ橋にはサラゼンブリッジと呼ばれている。試合後、このミラクルセカンドショットに対して、サラゼンは「ショットそのものよりも、このショットを打つために費やした膨大な練習量を誇りに思う」とコメント。ジーン・サラゼン フレッシュアイペディアより)

  • 崔京周

    崔京周から見たゴルフゴルフ

    崔 京周(チェ・キョンジュ、, Choi Kyung-ju, 1970年5月19日 - )は、韓国・全羅南道莞島郡出身のプロゴルファーである。アメリカPGAツアーでは“K. J. Choi”という略称でよく知られる。当地の男子プロゴルファーとして、初めてPGAツアーのトップレベルへ躍進した選手になり、これまでにアメリカツアーで7勝、国際試合で6勝を挙げている。世界ランキング自己最高位は5位(2008年3月)。敬虔なクリスチャンである。崔京周 フレッシュアイペディアより)

  • ステファン・ウデ

    ステファン・ウデから見たゴルフゴルフ

    ステファン・ウデ(Stéphane Houdet, 1970年11月20日 - )はフランスの障害者アスリート。障害者ゴルフにおいて国内トップレベルの競技経験をもつ一方、車いすテニスでは、グランドスラムで計20回(シングルス3回・ダブルス17回)優勝した。また、北京パラリンピック男子ダブルスで金メダルを獲得した。ステファン・ウデ フレッシュアイペディアより)

  • マーク・オメーラ

    マーク・オメーラから見たゴルフゴルフ

    マーク・オメーラ(Mark O'Meara, 1957年1月13日 - )は、アメリカ・ノースカロライナ州出身のプロゴルファーである。1998年にマスターズと全英オープンで優勝し、メジャー大会年間2冠を獲得した。世界ランキング自己最高位は2位。アメリカPGAツアーで通算16勝、国際試合で8勝を挙げる。日本ゴルフツアーでも1985年の「フジサンケイクラシック」と1992年の「東海クラシック」で優勝がある。2015年に世界ゴルフ殿堂入りした。マーク・オメーラ フレッシュアイペディアより)

  • ジャック・ニクラス

    ジャック・ニクラスから見たゴルフゴルフ

    ジャック・ニクラス(Jack Nicklaus, 1940年1月21日 - )は、アメリカ・オハイオ州コロンバス出身のプロゴルファー。フルネームは Jack William Nicklaus (ジャック・ウィリアム・ニクラス) という。1960年代から1990年代にかけて活躍し、ライバルのアーノルド・パーマーとともに、ゴルフをメジャースポーツにする牽引力となった人物である。圧倒的な強さと、トレードマークの金髪により「ゴールデン・ベア」 (熊) と称され、日本では「帝王」と呼ばれ、史上最高のゴルファーとも称される。ジャック・ニクラス フレッシュアイペディアより)

  • みんなのGOLF 5

    みんなのGOLF 5から見たゴルフゴルフ

    パワー、コントロール、スピン、サイドスピンと全てに於いてトップクラスの性能だが、ラフバンカーが苦手でインパクトゾーンも非常に狭く、プレイヤーを選ぶ非常にピーキーな性能を持つ。使いこなせば間違いなく最強だが、その為にはフェアウェイキープ、グリーンオンが絶対条件である。そのあまりの高性能ゆえ上級キャラ限定やキャラフリー大会では、ほとんどの参加者がサファイアという現象がしばしば起こる。持ち球は高弾道ストレート。有料追加コスチュームは教官(ボンテージ)。なおキャディをクラーク選択時にイーグルを取ると、特別な喜びポーズが出る(ランダム)みんなのGOLF 5 フレッシュアイペディアより)

  • 1992-1993シーズンのNBA

    1992-1993シーズンのNBAから見たゴルフゴルフ

    代表チーム結成に大きな役割を果たしたのが前年に引退したマジック・ジョンソンである。代表チームを統括するUSAバスケットボールは最初にマジックの代表入りを発表し、そのマジックはまずラリー・バードを誘った。次にマジックが声を掛けたのがマイケル・ジョーダンである。当時リーグ最高峰の選手であるジョーダンは、代表チームにとって是非とも欲しい人材だった。ジョーダンはオフを潰してまでの代表入りに当初は難色を示していたが、ゴルフ場の近くにキャンプを張ることを条件に代表入りを受け入れた。その後もUSAバスケットボールの選考やマジックの勧誘により次々とNBAを代表する選手が集まり、1992年のバルセロナ五輪代表はかつてない豪華な陣容となった。彼らは"ドリームチーム"と呼ばれた。1992-1993シーズンのNBA フレッシュアイペディアより)

  • アダム・スコット

    アダム・スコットから見たゴルフゴルフ

    アダム・スコット(Adam Scott, 1980年7月16日 - )は、オーストラリア・アデレード出身のプロゴルファーである。同じ年にあたるセルヒオ・ガルシアなどと並び、若手男子プロゴルファーの中で最も顕著な活躍を見せてきた選手のひとりである。2006年10月末にアメリカPGAツアーの年間最終戦「PGAツアー選手権」で初優勝を遂げ、世界ランキングでも3位に躍進した。早くからタイガー・ウッズに強い憧れを抱き、(以前ウッズのコーチを務めていた)ブッチ・ハーモンに師事していることから「ホワイト・タイガー」(White Tiger)と呼ばれることもある。2013年マスターズにて、自身初、長尺パター使用者として初のメジャータイトルを獲得。アダム・スコット フレッシュアイペディアより)

2411件中 51 - 60件表示

「ゴルフ」のニューストピックワード