71件中 11 - 20件表示
  • ゴルフ

    ゴルフから見た接待

    日本では全般的にプレイ代、会員権などの費用が高額だが、欧米には高級名門ゴルフ場以外にも、パブリック式の比較的低廉な費用でプレイを楽しめるゴルフ場も多い。このため、日本では純粋にスポーツとして楽しむというよりも、主に業務での取引先企業などの接待が絡んだゴルフのプレイも数多く行われる。またいわゆる名門クラブの会員資格は、プレイではなく投機の対象となる事が多い。ゴルフ フレッシュアイペディアより)

  • ゴルフ

    ゴルフから見たカラス

    競技者の意思とは関係なくボールを勝手に動かすカラスや、穴を掘ったりしてコースの形状を変えてしまう動物や物。風と水は局外者ではない。ゴルフ フレッシュアイペディアより)

  • ゴルフ

    ゴルフから見た日本ゴルフ協会

    日本ゴルフ協会によると、鳥に因んだ名称が付けられた理由は不明だが、ボールが鳥のように舞い降りたイメージに由来する、という説もあるという。ゴルフ フレッシュアイペディアより)

  • ゴルフ

    ゴルフから見た六甲山

    日本における最初のゴルフ場は、1901年に神戸市の六甲山に作られた神戸ゴルフ倶楽部である。これは外国人向けのもので、日本人による日本人のためのゴルフ場は、1913年に井上準之助らによって東京・駒沢に作られた東京ゴルフ倶楽部が最初である。ゴルフ フレッシュアイペディアより)

  • ゴルフ

    ゴルフから見た全英オープン (ゴルフ)

    起源にはいろいろな説があるものの、現在のゴルフというスポーツが発展し完成して近代スポーツとなったのがスコットランドであることは間違いない。1457年には時のスコットランド王国国王ジェームズ2世によって、ゴルフにふけって弓道の鍛錬を怠る貴族たちへのゴルフ禁止令が出され、これがスコットランド史上におけるゴルフの初出であるとされる。ゴルフはスコットランドの東海岸から広まっていき、宗教改革時のスコットランド長老教会の否定的な態度にもかかわらず民衆の娯楽として広まっていった。1750年ごろにはエジンバラとセント・アンドルーズにゴルフクラブができ成文化されたルールが定められ、、またイギリス帝国の拡大に伴って世界各地に移住したスコットランド人によってゴルフも各地で行われるようになった。1860年には世界初のゴルフの選手権大会である全英オープンもはじまった。しかし、ここまではゴルフはスコットランド人独自のスポーツに過ぎなかった。ゴルフ フレッシュアイペディアより)

  • ゴルフ

    ゴルフから見た2009年

    「太平洋渡るアホウドリ」『東京新聞』2009年(平成21年)10月28日 *11版S 特報 24面ゴルフ フレッシュアイペディアより)

  • ゴルフ

    ゴルフから見たテーラーホブソン

    表面にある無数のくぼみはディンプルと呼ばれ、気流の圧力抵抗を下げ軌道を安定させる効果がある。テーラーホブソンのエンジニア、ウィリアム・テーラーが1905年に発明した。ゴルフ フレッシュアイペディアより)

  • ゴルフ

    ゴルフから見たスポーツ

    スポーツとして広く親しまれているが、一般人によるプレイはレジャーとして位置付けられる場合が多い。漢字では孔球と表記される。ゴルフ フレッシュアイペディアより)

  • ゴルフ

    ゴルフから見たホールインワン

    ホールインワン(1打でカップに入れること)の達成者はゴルファーの羨望の的となる。日本においてアマチュアゴルファーがホールインワンを達成した場合には、記念としてゴルフ場に記念植樹をしたり祝宴を開いたりする事が慣習になっているために、その出費に備えて、ホールインワン保険に加入する者もいる。一方で、日本のみ、プロの試合でホールインワンを達成すると、達成した選手に特別賞のホールインワン賞(賞金・賞品)が贈呈される。ゴルフ フレッシュアイペディアより)

  • ゴルフ

    ゴルフから見たオランダ

    イギリス発祥の紳士のスポーツとして知られるが、その起源についてはスコットランドを筆頭に、オランダ、中国など世界各地に発祥説があり、定説がない。ゴルフ フレッシュアイペディアより)

71件中 11 - 20件表示

「ゴルフ」のニューストピックワード