58件中 31 - 40件表示
  • ゴルフ

    ゴルフから見たクオリファイングトーナメント

    シード権は、「前年の獲得賞金ランキング上位者」、「前年の各トーナメント優勝者」、「クオリファイングトーナメント(QT)上位者」などに与えられる。ゴルフ フレッシュアイペディアより)

  • ゴルフ

    ゴルフから見たボール

    ゴルフ(スコットランド語: Gowf, 英語: Golf)は、コース(Course)においてクラブ(Club)といわれる道具で静止したボール(Ball)を打ち、ホール(Hole、カップとも)と呼ばれる穴にいかに少ない打数で入れられるかを競う球技の一種。漢字では孔球と表記する。ゴルフ フレッシュアイペディアより)

  • ゴルフ

    ゴルフから見たエイジ・シュート

    アマチュアにおいてもプロゴルファーを目指すのでもない限り、中高年から始めることも可能で、比較的高齢となってもプレーを楽しめる。自分の年齢よりも低い打数で1ラウンドを終了(エイジ・シュート)した者は、「エイジ・シューター」と呼ばれ、ゴルファーの尊敬を集める。ゴルフ フレッシュアイペディアより)

  • ゴルフ

    ゴルフから見たゴルフ場利用税

    日本においてはプレイヤーはプレイごとゴルフ場利用税が課される。ただし国体の試合や18才未満は免除される。ゴルフ フレッシュアイペディアより)

  • ゴルフ

    ゴルフから見たマッチプレー

    初期のゴルフでは現在のような整備されたコースはなく、モグラの穴を利用してゴルフを楽しんでいたといわれる。またスコットランド地方でゴルフという競技が確立した頃は、パーという概念は存在していなかった。何故なら2名のゴルファーが1ホールごとにホール内での打数により勝ち負け(同じ打数の場合、そのホールは引き分け)を決め、18ホールまでにどちらが多くのホールで勝ったかを競うマッチプレー方式で行なわれていたため、それぞれのホールに規定打数を決める必要が無かったからである。ゴルフ フレッシュアイペディアより)

  • ゴルフ

    ゴルフから見た五代十国

    中国の元の時代の書物『丸経』(ワンチン)に記載されている「捶丸」(チュイワン)という競技を起源とする説。捶丸については、中国の学者が五代十国の時代にまで遡るという説を出している。ゴルフ フレッシュアイペディアより)

  • ゴルフ

    ゴルフから見たスパイクシューズ

    ゴルフシューズ(スパイクシューズゴルフ フレッシュアイペディアより)

  • ゴルフ

    ゴルフから見たセント・アンドルーズ

    起源にはいろいろな説があるものの、現在のゴルフというスポーツが発展し完成して近代スポーツとなったのがスコットランドであることは間違いない。1457年には時のスコットランド王国国王ジェームズ2世によってゴルフ禁止令が出され、これがスコットランド史上におけるゴルフの初出であるとされる。ゴルフはスコットランドの東海岸から広まっていき、宗教改革時のスコットランド長老教会の否定的な態度にもかかわらず民衆の娯楽として広まっていった。1750年ごろにはエジンバラとセント・アンドルーズにゴルフクラブができ、またイギリス帝国の拡大に伴って世界各地に移住したスコットランド人によってゴルフも各地で行われるようになった。1860年には世界初のゴルフの選手権大会である全英オープンもはじまった。しかし、ここまではゴルフはスコットランドのスポーツに過ぎなかった。ゴルフ フレッシュアイペディアより)

  • ゴルフ

    ゴルフから見た主催者推薦選手選考会

    しかしながら、予選ラウンドから参加できるのは何らかのシード権(参加資格)を持った者だけであり、それ以外の者は直前に行われる予備予選(主催者推薦選手選考会)から参加して、勝ち抜かなければ予選ラウンドすら参加できない。決勝ラウンドに進まなければ賞金は出ないので、賞金だけで生活の出来るのはごく一部のプロゴルファーだけである。ゴルフ講師などの副業で生活しているプロゴルファーも多い。ゴルフ フレッシュアイペディアより)

  • ゴルフ

    ゴルフから見たサンダル

    ゴルフは基本的に芝の上で行うが、長さのある芝は滑りやすいため、足底に(金属または樹脂製の)スパイクや滑り止めのついたゴルフシューズの着用は必須である。近年、金属スパイクを禁止しているコースがほとんどである。グリーン上ではスパイクで芝を傷つけずに歩くことがマナーとして求められる。また最近では足底に樹脂スパイクのついたサンダルなどもある。ゴルフ フレッシュアイペディアより)

58件中 31 - 40件表示

「ゴルフ」のニューストピックワード