71件中 61 - 70件表示
  • ゴルフ

    ゴルフから見たマッチプレー

    初期のゴルフでは現在のような整備されたコースはなく、モグラの穴を利用してゴルフを楽しんでいたといわれる。またスコットランド地方でゴルフという競技が確立した頃は、パーという概念は存在していなかった。なぜなら2名のゴルファーが1ホールごとにホール内での打数により勝ち負け(同じ打数の場合、そのホールは引き分け)を決め、18ホールまでにどちらが多くのホールで勝ったかを競うマッチプレー方式で行なわれていたため、それぞれのホールに規定打数を決める必要が無かったからである。ゴルフ フレッシュアイペディアより)

  • ゴルフ

    ゴルフから見た五代十国

    中国の元の時代の書物『丸経』(ワンチン)に記載されている「捶丸」(チュイワン)という競技を起源とする説。捶丸については、中国の学者が五代十国の時代にまで遡るという説を出している。ゴルフ フレッシュアイペディアより)

  • ゴルフ

    ゴルフから見たエージシュート

    アマチュアにおいてもプロゴルファーを目指すのでもない限り、中高年から始めることも可能で、比較的高齢となってもプレーを楽しめる。自分の年齢よりも低い打数で1ラウンドを終了(エージシュート)した者は、「エイジ・シューター」と呼ばれ、ゴルファーの尊敬を集める。ゴルフ フレッシュアイペディアより)

  • ゴルフ

    ゴルフから見た

    バーディーは小鳥、イーグルは(ワシ)、アルバトロスはアホウドリと、鳥の大きさの違いから名付けられた。(なお、オーストリッチはダチョウである。)ゴルフ フレッシュアイペディアより)

  • ゴルフ

    ゴルフから見た主催者推薦選手選考会

    しかしながら、予選ラウンドから参加できるのは何らかのシード権(参加資格)を持った者だけであり、それ以外の者は直前に行われる予備予選(主催者推薦選手選考会)から参加して、勝ち抜かなければ予選ラウンドすら参加できない。決勝ラウンドに進まなければ賞金は出ないので、賞金だけで生活の出来るのはごく一部のプロゴルファーだけである。ゴルフ講師などの副業で生活しているプロゴルファーも多い。ゴルフ フレッシュアイペディアより)

  • ゴルフ

    ゴルフから見た小鳥

    バーディーは小鳥、イーグルは鷲(ワシ)、アルバトロスはアホウドリと、鳥の大きさの違いから名付けられた。(なお、オーストリッチはダチョウである。)ゴルフ フレッシュアイペディアより)

  • ゴルフ

    ゴルフから見たスコットランド語

    ゴルフ(スコットランド語: Gowf, 英語: Golf)は、コース(Course)においてクラブ(Club)といわれる道具で静止したボール(Ball)を打ち、ホール(Hole、カップとも)と呼ばれる穴にいかに少ない打数で入れられるかを競う球技の一種。一人で行う競技であり、対戦はコンペティティブ・ペーシェンスとして行われスコアで比較される。ゴルフ フレッシュアイペディアより)

  • ゴルフ

    ゴルフから見た英語

    ゴルフ(スコットランド語: Gowf, 英語: Golf)は、コース(Course)においてクラブ(Club)といわれる道具で静止したボール(Ball)を打ち、ホール(Hole、カップとも)と呼ばれる穴にいかに少ない打数で入れられるかを競う球技の一種。一人で行う競技であり、対戦はコンペティティブ・ペーシェンスとして行われスコアで比較される。ゴルフ フレッシュアイペディアより)

  • ゴルフ

    ゴルフから見た

    バーディーは小鳥、イーグルは鷲(ワシ)、アルバトロスはアホウドリと、の大きさの違いから名付けられた。(なお、オーストリッチはダチョウである。)ゴルフ フレッシュアイペディアより)

  • ゴルフ

    ゴルフから見たストロークプレー

    マッチプレーは2名で競技する場合はホールごとに勝ち負けが決まるため単純明快だったが、より多くのゴルファーによる試合では優勝者を決めるまでに18ホールの試合を何回も繰り返す必要があり、やがて多人数で競う場合には順位付けがし易い、予め定められたホールをまわった時点の打数(ストローク)の合計を競うストロークプレー方式が広まるようになった。ストロークプレーが主流になると、それまでコースごとにまちまちだった18ホールの合計距離などに対し、画一した規格を決める必要が出てきたため、全てのホールに対し既定打数を決めて、コースごとの合計既定打数による比較がし易いように定めたのが、パーの起源である。ゴルフ フレッシュアイペディアより)

71件中 61 - 70件表示

「ゴルフ」のニューストピックワード