1 2 3 次へ
29件中 21 - 29件表示
  • 北島康介

    北島康介から見たゴールドウインゴールドウイン

    「SPEEDO」水着宣伝(2004年 - 2007年5月)※2007年5月までミズノのライセンス商品(現在はゴールドウイン)。北島康介 フレッシュアイペディアより)

  • 北島康介

    北島康介から見たゴールドウィンゴールドウイン

    北島は「SPEEDO」の水着を好んでいたが、所属していた東京スイミングセンターが「arena」ブランドの日本国内でのライセンシー(実施権者)であるデサントと親しかったため、個人の広告活動の解禁まで「arena」製の水着を使用していた。アテネ五輪の年から「SPEEDO」の水着を使用したが、そのライセンシーだったミズノが独自水着の販売に踏み切ると、ミズノとの契約を続けた。2008年、三井物産とゴールドウィンが日本ライセンシーとなった「SPEEDO」が新型水着「レーザー・レーサー」を発表し、中村礼子(アシックスと契約)は新型水着を試したが、北島はミズノ製の水着を着用し続けた。大会後の記者会見で、「新型水着を試したいという気持ちはあるが、ミズノがそれに負けない水着を開発してくれると思う」と述べ、ミズノとの契約を優先すると表明した。北島康介 フレッシュアイペディアより)

  • G

    Gから見たゴールドウインゴールドウイン

    ゴールドウイン (Goldwin) の略号及びロゴマーク。G フレッシュアイペディアより)

  • スズキ・エスクード

    スズキ・エスクードから見たゴールドウィンゴールドウイン

    1989年にはスポーツ用品のブランドを冠した特別仕様車が登場、5月に夏期限定車「ヘリーハンセンリミテッド」、10月に冬季限定車として「ゴールドウィンリミテッド」が設定される。スズキ・エスクード フレッシュアイペディアより)

  • 水着

    水着から見たゴールドウインゴールドウイン

    なおSPEEDOはミズノとのライセンシー契約が終了後、三井物産が日本での新たなパートナーとなり、ゴールドウインの受託製造・販売で展開されている。水着 フレッシュアイペディアより)

  • ミズノ

    ミズノから見たゴールドウインゴールドウイン

    1965年(昭和40年)に、水着では国際的な知名度を有する英国のメーカー、SPEEDO社とライセンス契約を結び、日本における同社ブランド製品の製造・販売のみならず、SPEEDOブランドグループ全体における最先端技術の開発の役割も担ってきた。しかし、2006年(平成18年)、4月1日に創業100周年を迎えたのを機に、『全商品のブランドを“MIZUNO”に統一する』方針を決定。これに基づき、まだ期間が残っていたライセンス契約を2007年(平成19年)5月31日付で打ち切り、以後は自社ブランドの水着を製造・販売することとなった。なお、ライセンス契約については、三井物産に事実上譲渡(三井物産が改めてSPEEDO社と契約)し、契約切れ後直ちに商品展開。三井物産は商品製造をゴールドウインに委託して日本国内での展開を行っている。ミズノ フレッシュアイペディアより)

  • 三井物産

    三井物産から見たゴールドウインゴールドウイン

    レーザー・レーサー - 2007年(平成19年)6月、ミズノが英国のスポーツ水着ブランドSPEEDOのライセンシー契約を返上後、これを三井物産が取得。ゴールドウインに製造・販売を委託している。高速水着として名を馳せたこの商品は三井物産のライセンシー取得後に発売された。三井物産 フレッシュアイペディアより)

  • 北海道旭川西高等学校

    北海道旭川西高等学校から見たゴールドウインゴールドウイン

    ゴールドウイン製造のジャージ、Tシャツを着用。ジャージの色は3年おきに同じ色になる(赤→紺色→青紫の順)。北海道旭川西高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 訃報 2012年 9月

    訃報 2012年 9月から見たゴールドウインゴールドウイン

    9月1日 - 西田東作、日本の企業家、ゴールドウイン創業者、同社相談役(* 1925年)訃報 2012年 9月 フレッシュアイペディアより)

1 2 3 次へ
29件中 21 - 29件表示

「ゴールドウイン」のニューストピックワード