353件中 91 - 100件表示
  • エイドリアン・スミス (バスケットボール)

    エイドリアン・スミス (バスケットボール)から見たシンシナティ・ロイヤルズサクラメント・キングス

    スミスはNBAキャリアの大半をシンシナティ・ロイヤルズで過ごしたが、チームメイトにはオスカー・ロバートソンが居たため、最初の数シーズンは彼のバックアップとしてプレイしていたが、少しずつ出場時間を確保していき、5シーズン目の1965-66シーズンにはキャリアハイとなる平均18.4得点を記録。この年のオールスターにチームメイトのロバートソンとジェリー・ルーカスらと共に出場した。エイドリアン・スミス (バスケットボール) フレッシュアイペディアより)

  • ジャック・コールマン

    ジャック・コールマンから見たサクラメント・キングスサクラメント・キングス

    NBAではキャリアの前半をロチェスター・ロイヤルズ、後半をセントルイス・ホークスで過ごし、それぞれのチームで1951年と1958年に優勝を経験している。毎年平均10得点10リバウンド前後を記録する選手として活躍し、計9シーズン633試合の出場で通算6,721得点5,189リバウンド(平均10.6得点9.2リバウンド)の成績を残した。全盛期はロイヤルズ時代末期の1954-55シーズンに迎え、このシーズンは12.8得点10.2リバウンドを記録し、オールスターにも初選出されている。ジャック・コールマン フレッシュアイペディアより)

  • ショーン・ウィリアムス (バスケットボール)

    ショーン・ウィリアムス (バスケットボール)から見たサクラメント・キングスサクラメント・キングス

    2007年のNBAドラフトにエントリーしたウィリアムスは、ニュージャージー・ネッツから1巡目17位指名を受けてNBA入りを果たした。ドラフト指名時はDリーグ送りが確実視され、プレシーズンには試合に遅刻するという失態を演じ、HCの怒りも買ったが、何とか開幕ロスターに生き残った。シーズン序盤はプレイタイムが安定せず、ベンチを暖める日々が続いたが、低迷するチームの打開策として12月18日のサクラメント・キングス戦で先発に抜擢。ネッツのルーキータイ記録となる8本のブロックを決め、以降先発に定着した。ショーン・ウィリアムス (バスケットボール) フレッシュアイペディアより)

  • ロチェスター・ロイヤルズ

    ロチェスター・ロイヤルズから見たサクラメント・キングスサクラメント・キングス

    ロチェスター・ロイヤルズ フレッシュアイペディアより)

  • サクラメント・バレー

    サクラメント・バレーから見たサクラメント・キングスサクラメント・キングス

    サクラメント・キングス - このチームは2001年にアナハイムに移転する可能性があるサクラメント・バレー フレッシュアイペディアより)

  • ドン・コージス

    ドン・コージスから見たサクラメント・キングスサクラメント・キングス

    すでに30代を迎えていたコージスの個人成績はゆるやかに下降線を辿り始めた。ソニックスでは2シーズン過ごし、1972年にカンザスシティ=オマハ・キングスに移籍。キングスで3シーズン過ごした後、1975年に現役から引退した。ドン・コージス フレッシュアイペディアより)

  • アラー・アブデルナビー

    アラー・アブデルナビーから見たサクラメント・キングスサクラメント・キングス

    1994年7月26日にフリーエージェントでサクラメント・キングスに入団、翌1995年3月21日に解雇され、3月24日からフィラデルフィア・セブンティシクサーズと2度の10日間契約を結んだが4月12日に解雇された。その後同年10月6日にゴールデンステート・ウォリアーズと契約したが同月18日に解雇された。アラー・アブデルナビー フレッシュアイペディアより)

  • リッチー・ゲリン

    リッチー・ゲリンから見たサクラメント・キングスサクラメント・キングス

    この間、ゲリンは幾つかのチーム記録を作り、1958年12月12日のセントルイス・ホークス戦では21アシストを記録。これは当時のニックスのチーム記録となると共に、41年後にジョン・ストックトンに破られるまではマディソン・スクエア・ガーデンにおける最多アシスト記録だった。また1959年12月11日のシラキュース・ナショナルズ戦では当時のチーム記録となる57得点を記録した。リッチー・ゲリン フレッシュアイペディアより)

  • ジム・ポラード

    ジム・ポラードから見たサクラメント・キングスサクラメント・キングス

    翌1948年にレイカーズはNBLからBAA(NBAの前身)に籍を移し、ポラードは平均14.8得点の成績を記録し、オールBAA1stチームに選出される。チームもプレーオフを勝ち上がり、ファイナルではワシントン・キャピトルズを破ってBAA加盟1年目にして優勝を果たした。BAAがNBAと名を変えた翌シーズンにはフォワードのヴァーン・ミッケルセンが加わり、レイカーズのフロントラインは益々充実して、レイカーズはファイナルを制し、レイカーズはNBA史上初めて連覇を達成したチームとなった。翌1950-51シーズンにポラードは11.6得点9.0リバウンドを記録し、オールスターに初出場するが、チームはプレーオフでロチェスター・ロイヤルズの前に破れ、三連覇はならなかった。ジム・ポラード フレッシュアイペディアより)

  • ノーム・ヴァン・ライアー

    ノーム・ヴァン・ライアーから見たシンシナティ・ロイヤルズサクラメント・キングス

    ノームは1969年のNBAドラフトにエントリーし、シカゴ・ブルズから指名を受ける。聖フランシス大学というバスケットに関しては無名の大学出身だったため、3巡目全体34位という下位指名だった。後にキャリアの大半を過ごすことになるブルズだが、この時はドラフト直後にノームをトレードに出しており、ノームのNBAキャリアはシンシナティ・ロイヤルズで始まることになった。ノーム・ヴァン・ライアー フレッシュアイペディアより)

353件中 91 - 100件表示

「サクラメント・キングス」のニューストピックワード