353件中 11 - 20件表示
  • 1957-1958シーズンのNBA

    1957-1958シーズンのNBAから見たサクラメント・キングスサクラメント・キングス

    ドラフトではホット・ロッド・ハンドリ?がロチェスター・ロイヤルズから全体1位指名を受けている。またサム・ジョーンズがボストン・セルティックス入りした。1957-1958シーズンのNBA フレッシュアイペディアより)

  • ジマー・フレデッテ

    ジマー・フレデッテから見たサクラメント・キングスサクラメント・キングス

    2011年6月23日、2011年のNBAドラフトで、1巡目10位でミルウォーキー・バックスに指名された後 (バックスは当初クレイ・トンプソンを指名する予定だったと言われている) 、サクラメント・キングス、シャーロット・ボブキャッツとの3チームによる、ジョン・サーモンズ、ベイノ・ウードリック、ショーン・リビングストン、コーリー・マゲッティ、スティーブン・ジャクソンを含むトレードに絡んで交渉権がサクラメント・キングスに移り、サクラメントでプロキャリアをスタートさせることになった。ジマー・フレデッテ フレッシュアイペディアより)

  • 2016-2017シーズンのNBA

    2016-2017シーズンのNBAから見たサクラメント・キングスサクラメント・キングス

    2016年4月14日、サクラメント・キングスは ジョージ・カールを解雇。2016-2017シーズンのNBA フレッシュアイペディアより)

  • 1980-1981シーズンのNBA

    1980-1981シーズンのNBAから見たサクラメント・キングスサクラメント・キングス

    カンザスシティ・キングス所属でプロ2年目のオーティス・バードソングが、年100万ドルの巨額契約を結び、NBA史上初の100万ドルプレイヤーとなった。1980-1981シーズンのNBA フレッシュアイペディアより)

  • 1996-1997シーズンのNBA

    1996-1997シーズンのNBAから見たサクラメント・キングスサクラメント・キングス

    前季10シーズンぶりにプレーオフ出場を果たしたサクラメント・キングスは、躍進の原動力となったブライアン・グラントがシーズンの大半を欠場し、ドアマットな日々に逆戻りした。1996-1997シーズンのNBA フレッシュアイペディアより)

  • マット・バーンズ

    マット・バーンズから見たサクラメント・キングスサクラメント・キングス

    ジャムで過ごした03-04シーズン中の1月、バーンズはロサンゼルス・クリッパーズとの10日間契約を結ぶことに成功した。そして1月19日のサクラメント・キングス戦で初めてNBAのコートを踏んだ。契約は延長され、バーンズはシーズン終了までをクリッパーズで過ごし、4.5得点4リバウンドの成績を残した。このオフにはサクラメント・キングスとの契約に成功し、04-05シーズンの開幕をNBA選手として迎えた。層の厚いキングスではあまり多くの出場機会を得られず、シーズン中の2月にはスター選手クリス・ウェバーのトレードに組み込まれる形で、フィラデルフィア・セブンティシクサーズに移籍した。移籍後すぐに故障者リスト入りしてしまい、結局シクサーズでは1分もプレイすることなくシーズンを終えた。オフにFAとなったバーンズはニューヨーク・ニックスと契約。しかし開幕僅か6試合で解雇された。12月には再びシクサーズに戻ることができ、この05-06シーズンは終了までシクサーズで過ごした。シクサーズでも多くの出場機会を得られることはできず、出場時間の1試合平均は僅か10.8分だった。シーズン終了後、バーンズはゴールデンステート・ウォーリアーズと契約した。マット・バーンズ フレッシュアイペディアより)

  • クレイ・トンプソン

    クレイ・トンプソンから見たサクラメント・キングスサクラメント・キングス

    2014-15シーズン開幕前にはミネソタ・ティンバーウルブズのケビン・ラブを含んだ複数トレードの交渉がされたが、スティーブ・カーHCとアドバイザーのジェリー・ウェストが猛反対したため交渉は決裂し、開幕後に4年7000万ドルの延長契約を結んだ。2015年1月23日のサクラメント・キングス戦では、第3クォーターに37点を記録し、それまで単一クォーターの内で多く点を取ったカーメロ・アンソニーの33点を抜きNBA最多得点を樹立。スコアラーとして大きく成長し、個人成績としては平均21.7得点2.9アシスト3.2リバウンド3P成功率43.9%を記録した。このシーズンは、チームメイトのステフィン・カリーと共にチームを牽引し、2014-15シーズンはNBA最高勝率となる67勝15敗へとチームを導くと共に、自身初となるオールNBAチーム3rdチームに選出された。その勢いはプレーオフに入っても止まることを知らず、随所で効果的なビッグショットを沈め、ウォリアーズの1975年以来のNBAチャンピオンに大きく貢献した。また父マイカル・トンプソンもロサンゼルス・レイカーズ時代にNBAチャンピオンになっている。これはNBA史上4組目の親子チャンピオンである。クレイ・トンプソン フレッシュアイペディアより)

  • 1948-1949シーズンのBAA

    1948-1949シーズンのBAAから見たサクラメント・キングスサクラメント・キングス

    BAAのライバルリーグ、NBL(National Basketball League)からミネアポリス・レイカーズ(後のロサンゼルス・レイカーズ)、フォートウェイン・ピストンズ(後のデトロイト・ピストンズ)、インディアナポリス・ジェッツ、ロチェスター・ロイヤルズ(後のサクラメント・キングス)の4チームが加入し、チーム数は12に増加した。特にNBLの前季チャンピオンチームであるミネアポリス・レイカーズの加入は大きかった。当時のレイカーズにはBAA最初のスーパースターであるジョージ・マイカンが所属していたのである。1948-1949シーズンのBAA フレッシュアイペディアより)

  • ジェリー・ルーカス

    ジェリー・ルーカスから見たサクラメント・キングスサクラメント・キングス

    1960年のローマオリンピックではバスケットボールアメリカ代表チームの一員として参戦し、金メダルを獲得した。1960年代後半はプロバスケットリーグNBAのシンシナティ・ロイヤルズのセンターとして活躍し、1970年代前半にはニューヨーク・ニックスで1973年の優勝に貢献した。ジェリー・ルーカス フレッシュアイペディアより)

  • ジェローム・ジェームス

    ジェローム・ジェームスから見たサクラメント・キングスサクラメント・キングス

    フロリダA&M大学に3年間在籍した後、1998年のNBAドラフト2巡目全体36位でサクラメント・キングスに指名を受けNBA入り。キングスでは、ほとんど出場機会を得ることができず、3年目となる2000-01シーズン前に解雇された。ロッカーを整理する際、黒いゴミ袋を渡されたジェームスは、自分がゴミと同じ扱いを受けたと感じた。その後、ユーゴスラビア、フランス、イタリアといったヨーロッパのチームを渡り歩いた。ジェローム・ジェームス フレッシュアイペディアより)

353件中 11 - 20件表示

「サクラメント・キングス」のニューストピックワード